« ホンダにそんな名のクルマがあった | トップページ | 芸風は変わらず »

2006/03/01

日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ(TV観戦)

試合終了 日本、終了間際に中田英のゴールで追いつく(スポナビ)

相馬直樹が朝日新聞で連載コラムを開始していて、第1回となる今日は
「サイドバックは本業の守備でどんなに頑張っても目立たない。最後には『今日は1回しか上がらなかったね』と言われる」
という上がる方の身になってみろ的な心情を吐露していたが、もちろんサイドバックが守備で目立つ事もある。今日の三都主のように。
後半途中辺りから抜かれてクロスを飛ばされる、寄せが甘くてクロスを飛ばされる、相手を引き倒してイエローカードをゲットした挙げ句にこれで与えたフリーキックで得点されてしまうなど大車輪の目立ちっぷり。

しかし皮肉にも三都主の活躍は日本の中盤守備というか組織守備が機能しているかどうかのバロメーターになっているのも確かで、解説の北澤が「ディレイ出来てますよ」としきりに誉めていた前半は選手同士の距離も付かず離れずで綺麗にスペースが埋まった状態。三都主もパスの引き出し役になるなどそれなりの活躍。
が、高くて強くて速くて上手いその上狡猾なバルバレスに手を焼いていた中澤がとうとうPKを与えてしまって、全体的に守備がとっ散らかり始めると、三都主の暗黒面が顔を出す。
まさか、その辺の判断基準として最後までピッチに置いてた訳じゃないよな。

というわけで、三都主バロメーターでも好調だった前半は緊迫感に満ちた大変に面白い試合。

仮想クロアチアとされていたボスニア・ヘルツェゴビナだが、朝の通勤途中に聴いていたFMでは、東欧のサッカー事情に詳しいジャーナリスト(名前失念)が
「非常にテクニカルなチーム。どっちかというと仮想ブラジルと言っていいかも」
と言っていた。
ブラジル代表にあんな屈強なのが揃っているかどうかはともかく止める、蹴るという足下のテクニックがしっかりした、要するにボールの収まりがいい選手が揃った好チームで、セルビア・モンテネグロやスペインと互角に戦った訳が分かる。
流石「元・東欧のブラジル」の一角。
ゴール前でも細かいパス回しで相手を振り回すなど、「ガタイがごつくてパワープレイ得意」というイメージを完全に裏切ってくれた。
ただ、基本的な戦い方は、バルバレスが相手バックラインに文字通り楔を打ち込んで、ここへFWやサイドハーフから正確なクロスが飛んでいき、そこへ阿吽の呼吸でセンターハーフが飛び込んで来る、という組織だったもの。

解説の奥寺が
「上手いパス回しといい、秩序だった動きといい、日本はこれをやるべきなんですよねえ」
なんて嘆息していたが、ジーコ・ジャパンでは組織云々は禁句。まあ、マスコミ的には。
しかしこういうしっかり組織されたチームを相手にすると、日本の攻撃は個人技中心という事実がいつにも増して目立つ。
やっぱり中村、中田、小笠原は結構別格。パス1発で相手をびびらせることができるんだから。ただ、受ける側のFWが久保&高原という初コンビで呼吸が今ひとつ。
久保はああ見えて意外に王様FWなのか。ガタイを活かして相手を潰して走り回る巻とはやり易そうだったしな。ただ、高原よりもマークがきつかったのは「タカに点を獲られる事はないだろうから、もう1人を徹底マーク」なんていう判断からか。

最後には得点したDFスパヒッチがロスタイムで散々時間稼ぎをした挙げ句に、
「あれ? まだ終わんないの?」
と逆に集中力を切らしてしまったボスニアが、中村、中田英をどフリーにするという自滅に近い格好で同点にされて終了。
確かにいいチームだったが、この辺の詰めが甘くてW杯出場を逃したのかもね。

日本は後半完全に押されまくっていたが、相も変わらず崩されるのは左サイド。
ああなると、もう誰でもいいからジーコに直訴して三都主と替わってやれ、と言いたくなるな。

さて、これまで仮想なんたらと色々言われてきた、「J2じゃないんだぞ、このスケジュールは」親善試合三番勝負。
1番の仮想オーストラリア、アメリカは強すぎて逆に参考にならなかった。
2番の仮想クロアチア、フィンランドは弱すぎて参考にならなかった。
そして3番の仮想クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナは上手すぎて参考にならなかった。
果たしてエクアドル本当に「仮想ブラジル」なんだろうか。

« ホンダにそんな名のクルマがあった | トップページ | 芸風は変わらず »

コメント

本当にアレクが大活躍したいい試合でした。
あれを見て、どれほどアレクにムカついたことか。

もう本当に村井でも相馬でも奈良橋でもアツでも誰でもいいから替われと。
替われないのは、ジーコが同胞に固執しているからか、はたまた4バックに固執しているからか。

Jが開幕したら、誰かアレクを削ってW杯出場不可能にしてくれないかな。
個人的には戸田あたりで削ってくれる事希望。

村井にサイドバックは無理でしょうねえ。

4バックをやりたいのなら、普通に金沢とか呼んでくれば済むと思うんですけどね。
最近のジーコはインタビューでも抽象論しか話さないので、W杯が終わるまで真意は分からないままでしょうけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8886522

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ(TV観戦):

» サッカー 対ボスニア戦 [くすりぶくろのなかみ]
2-2のドロー。 内容的には負けと言って良いでしょう。 負けてませんが敗因は、 DFの崩壊、特にサイドから崩されいた。 よく攻めの機転となる人がいますが、 日本 [続きを読む]

« ホンダにそんな名のクルマがあった | トップページ | 芸風は変わらず »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト