« 「やっぱりベンゲルがいい」とか言わないよな | トップページ | 「1人で出来た」って既に遅い? »

2006/03/18

甲府vs川崎(TV観戦)

2006 J1 第3節 結果(J's GOAL)

甲府のフォーメーションは林健太郎を中盤の底に置いた4-3-3。
林を文字通りの「ボランチ」で起用しているという時点で半可通の自分としては嬉しくなる。
ただ今回の相手、川崎は2試合合計13点というサッカーのスコアとは思えない得点を引っ提げての小瀬登場。
攻撃サッカーをウリにして、中盤にあんまり守備要員のいない甲府はひょっとしたら大量失点を喰らってしまうのでは、という悪夢を予見した甲府サポは結構多いものと思われる。ビジュは出場停止だし。

ただ、川崎だけでなく今のところリーグ戦全体で大量得点試合が多い。
大量失点を喰らったチームは、まだ守備組織がはっきりと選手間に浸透していないので想定外の事態が起こるとガタガタと崩れてしまう、ってところがあるのかも知れない。

さて前半は甲府のもの。
甲府は相手選手に詰め寄られてプレーするスペースが狭くなってもパス出しに挑む事を怖がらないので非常に楽しい。
3トップの両ウイングが強固な川崎3バックに挑んでいくと見せかけて、オーバーラップしてきたサイドバックにパス、サイドバックはバレーめがけてクロス、こぼれ球を拾うべくその他選手がわらわらとペナルティエリアに侵入していく、というのが基本的な攻め方。

この両サイドを差配するのが林で、こういっちゃ何だが約束の地を見つけたかのようなハマりぶり。
というか、チームの作りが、高いバックライン、上下動を厭わないサイドバック、相手を攪乱し続けるウイング、運動量豊かな倉貫と石原、そう簡単には倒れないセンターフォワード、と、球離れのいい林のためにパスコース作りを絶やさないよう動き回っている印象。

しかしこの攻め方、どこかで見たようなと思っていたが、これを書いていて
「あ、ズデネク・ゼーマンだ」
と思いついた。
フォーメーションもそうだが、ウイングが切れ込んでいってその外をサイドバックがオーバーラップしていく動き方に決めごとがありそうな点なんかよく似てる。
選手個々に運動量が要求されるサッカーなのでビッグチームでは採用しにくいのと、ゼーマン自身がユーベのドーピング疑惑を採り上げた発言をしてしまうためにイタリアサッカー界では浮いた存在のせいか、そんなに目に出来ないんだが、まさか甲府から発信されるとは。
ところで林の代わりに鶴見を置いた場合、チェルシーになります、、、って例え方が単純すぎるか。
もっとも、林に当たる選手がゼーマンサッカーにいたかどうかちょっと自信がない。
(3/19追記・1週遅れでサカマガを読んでいたら「大木監督はゼーマン・サッカーがお好み」と書いてあった)

さすがに相手ゴールに飛び込んでいくようなダイナミズムには欠ける林だが、視野の広い選手だけあってポジショニングは的確。
相手ゴール付近でのセットプレーで、競り合いのこぼれ球を長谷川のミドルシュートに繋げたり、ロングフィード1発で相手3バック脇のスペースに潜り込んでいたウイングに渡してのけたり、自分がボールを持っていなくても、ボール保持者に対してまだ相手に寄られてない味方を指し示すなど、完全にピッチ上の監督として振る舞っていた。
東京Vではリベロをしていた時期もあったが、バックラインに置いておくには勿体ない選手だったんだなあ、やっぱり。
とはいうものの、守備面でも相手カウンターの芽を摘む、あるいは遅らせる、などして貢献。特に終盤、身体を投げ出してジュニーニョのシュートをブレさせた場面には、甲府サポでもないのに涙が出そうになった。

そんな感じで流れの中で次々とチャンスを作り出す甲府に対し、川崎はシュート数こそ互角だったものの、攻撃は主にリスタートから。またはロングボール。
左マルコン、右森の両サイドがスピードのあるドリブルで上がって攻撃に絡み、これはこれで結構チャンスを生むが、甲府はそれで空いた裏のスペースをウイングとサイドバックのコンビネーションできっちり崩していく。
「攻撃的なウイングバックは諸刃の刃」
というサッカーの常識を教科書どおりに見せられた感じ。
特にマルコンは守備局面時の振る舞い方がよく判っていなかったそうで、ピッチリポーターに依れば監督から色々言われていたそうな。
また、甲府のキーマン・林は、ボールを持った場合に止めるかワンタッチでパスするかの判断が的確なため、マークについてもボールを奪うのが難しく、更に他の選手はとにかく動き回るので、川崎の中盤が奪いどころを絞れない。
サイド攻防戦の援軍として中村や谷口が両サイドに引っ張られ、中盤ががら空きになってしまったのも川崎には災いした。
途中、我那覇が下がってきて林に対してマンマークっぽい動きをしようとしていたが、そうなると川崎の前線に預けどころが無くなってしまうので、ジュニーニョやマルコンの個人技に頼るしかなく、その辺は甲府も分かっていて、特にジュニーニョはボールを持って前を向くことを許されなかった。

結局、25分くらいから川崎は繋いでいく事を諦めたのか、奪ったらすぐクリア、それもタッチラインを越すようなクリア、を繰り返すようになり、試合自体はやや退屈な展開へ。
そのまま後半。
後半は川崎の守備の出足がやや改善され、奪ったらマルコンか森か中村がドリブルドリブルドリブル、、、基本的にこれ。ロングフィードしても甲府守備陣の奮闘で我那覇はボールを受けられず、ジュニーニョは相変わらず前を向けないので、他に手もないのか。
逆に言うと、この2人(途中から黒津)とマルクスが絡めば一気にチャンスになる。

それで何度か危ないシーンが訪れたが、いずれも単発。それも相手が集中しきっていない試合開始直後と、試合終了直前だった。ということは、チーム自体は昨年とそんなに変わっていないんだな。
そして後半40分。それまでボールが来れば川崎の誇るマッチョDFたちへガチンコ勝負を挑んでいたバレーが、珍しく勝負を避けてミドルシュート。
コントロールされたボールはそれほど強いものではなかったが、川崎DF陣にしてみると
「あ、打つの?」
って感じで虚を突かれ、棒立ちになった彼等の間を抜けて甲府が最高の時間帯に先制。
その後、疲れの見えた相手の隙をついて川崎がむしゃらに攻め込むも、先ほど挙げた林の奮闘に象徴される甲府の踏ん張りもあって得点出来ず。
先制点のちょっと前に潰し役として鶴見が投入されていたことも味方した。
そしてそのまま終了。
新潟にしろ京都にしろ、開始直後にラッシュをかけ、後は守る川崎の展開にハメられたということだったのか。さっきも書いたが両チームとも完成途上だったから、一度崩れると修正が効かなかったんだろう。
今回の甲府は自分のすべき事をどの選手も分かっていた感じで、川崎にペースを明け渡す事が一度もなかった。
清水、千葉と好試合を繰り広げたのは勢いだけじゃなかったんだなあ。いや、勢いだけだったら清水戦の敗戦でズルズルいっていたか。

そしてこの4時間後、大阪ダービーで6得点したG大阪攻撃陣も沈黙(J's GOAL)。
いや、沈黙はしていなかったか。
相手FWにダイレクトでシュートをさせなかった大分の奮闘を誉めるべきか。
試合自体は、大分が松橋登場まで「守って守ってセットプレーで得点」という運び方をしたのでつまらなかったけど。

« 「やっぱりベンゲルがいい」とか言わないよな | トップページ | 「1人で出来た」って既に遅い? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9149932

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府vs川崎(TV観戦):

« 「やっぱりベンゲルがいい」とか言わないよな | トップページ | 「1人で出来た」って既に遅い? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト