« そして単なる販社へ | トップページ | 1曲のためにiPodを買う? »

2006/03/21

草津vs徳島

2006 J2 第4節 結果(J's GOAL)

植木繁晴監督(草津)記者会見コメント(J's GOAL)

草津 vs 徳島:田中真二監督(徳島)記者会見コメント(J's GOAL)

草津 vs 徳島:試合終了後の各選手コメント(J's GOAL)

こちらが何十行も費やして書く事を、植木監督が短いコメントで見事に説明してしまった。
従って、これから書く事はその補足みたいなものです。

田中監督がコメントで
「相手の裏を狙うように」
と言っていたが、3-5-2フォーメーションの場合、ゴールエリア両サイドに出来るスペースをどうするのかは各チームとも悩みの種。
草津の場合、両サイドの山崎、佐田は攻撃力を買っての起用という感じもするので余計にスペースが空きやすい。

守備ユニットとしては3バックの両サイドに対人に強いストッパーを置いて、余った1人(鳥居塚)がカバーリングというのは千葉とかでもやっている一般的なものだが、1人余ったCBは、すぐに相手に突っかかる必要のある両サイドのCBよりも時間的な余裕が理屈の上ではあるので、視野を広く持ち周囲の仲間にコーチングする必要がある。
今回、鳥居塚に替わって起用されたJ初出場の田中にコーチングまで期待するのはお門違い。
植木監督が
「鳥居塚の代わりがいない」
と嘆くのは、そういう部分も含めてだろう。
勿論コーチングだけでなく、チームを締める、鼓舞するなんて役割もあると思うが。

ちなみに田中のプレー自体は、前半失点後にクリアが弱くて相手へのナイスパスになってしまうといったミスはあったが、後半は前掛かりになる味方のしんがり役を良く務めていたと思う。

さて試合自体は全般的に押し込む草津をカウンターで仕留めた徳島、といったところか。

「サイドの裏を狙え」
とは、別にドリブルでえぐりまくれとか、サイドめがけて放り込め、だけでなく相手を引きつけて逆サイドのスペースを空けさせて、大きくサイドチェンジしろ、という事も含まれる。
徳島最初の得点はこのサイドチェンジから。右サイドでサイドチェンジの起点になったFW小林自ら決めた。彼はこの場面だけでなく、試合を通じて位置取りが良く、ボールを持つとサイドにいても真ん中にいてもほとんどチャンスに繋げていた。
得点して動きが良くなった、ってのもあったろうな。

この後から草津が攻撃開始。
ただ柏戦の負傷から復帰したチカが本調子でないのか、ディエゴ相手に削り合いをした前節と比べると寄せが遅い。
チカだけじゃなく、草津の選手は全体的に動きが鈍かった。高木が
「失点後にみんな黙り込んでしまった」
というのはそういう事か。
島田、中井のパスは十分に怖いんだが、ゴール前でのプレーが怖くならない。
マッチデーレポートで
「いて欲しいところに人がいない」
と高田が語っていたが、あと2秒ペナルティエリア内で我慢してればなあ、とか、あと3秒早く走り込んでいればなあ、という攻めが続く。

対する徳島は得点で勢いづいたのか、押し込まれても出足は良く、繋いでくる草津のパスを奪っては中央回避でサイドからラインの裏へと運んでしまう。
そして大きくサイドチェンジで、得点機へ。
ビッグセーブの数だったら草津GK高木の方が多かったろう。
あまりにサイドを破られるので、スローインとかで時間が空くと、尾本と佐田が話し合っていた。

んが、その直後の22分。
皮肉にもサイドチェンジではなく、真ん中からゴールへ向けた浮き球のパスを正面にいたチカがよけてしまい、徳島の追加点に繋がってしまう。
チカは前半終了直後にも似たような頭越えパスを喰らっていた。
ただ、これは後方との連携ミスとも言えるかな。

その後も草津側の動きは今ひとつ。
最後に吉本が抜け出してやっとシュートを放つが、DFに寄せられて体勢が十分でなくサイドネット。
結局、PA内に侵入してもなかなかシュートを撃たせて貰えないという状況を、草津が打開出来ないままににハーフタイム。

後半、開始直後に徳島がラッシュをかけるが、その後は前掛かりの草津の裏を付く形が更に顕著に。
植木監督はコメントで
「サイドやボランチの動きを修正した」
と語っているが、ついでに雷も落としたんだろう。草津の動きは全体的に速さを増していた。
特に16分にファールからもらったフリーキックをきっかけに、ストッパーの斎藤が闘莉王かストヤノフなみの上下動を繰り返すという総攻撃状態。ポスト役からゴール前への配球まで務める斎藤なんて初めて見た。

当然斎藤からだけじゃなく、中井、島田、山崎からは「触れば」系のクロスが結構上がっていたが、肝心の触る選手が後一歩足りない。
ベンチもとうとう業を煮やしたのか残り20分くらいで、太田、佐藤を投入して高さで勝負。
しかし、この時間帯になれば、完全に徳島はゴール前に人数をかけて守り倒す。こぼれたボールは素早く展開。草津は前掛かり過ぎて中盤に人がおらずこぼれ球を拾えないので、そのまま徳島攻撃陣はゴール前へというシーンが頻発。
たった1人でよく頑張ったなあ、田中。後ろの高木が頼もしいビッグセーブを繰り返していた事もあったろうが。
徳島は別に時間稼ぎをした訳ではなかったが、このカウンター、それに伴うコーナーキックが一番の時間稼ぎになっていた。チカ、オウンゴールしかけるし。

結局スコアは動かないまま終了。

島田はリフティングで相手を抜いてパスを配球、なんてファンタジスタ系ならではのプレーを見せたりするなど、藤本が来る前には大宮のチャンスメーカーだったことがよく分かるボールさばきを見せてくれたし、中井はゴールやや右寄りからの正確な中距離パスを飛ばしてくれる。
ただ、全体的に意思疎通がまだちょっと足りてない感じ。
先にも書いたが、彼等が配球するチャンスボールに対して一歩足りない、一歩速い、って場面が結構見られる。逆に言うとこの連携が繋がればかなり期待が持てる内容ではあった。
個人的には同じサイドの佐田と尾本がプレー中でも修正点を話し合ったり、斎藤がとにかく前へ前へと闘志を見せてくれたりした点にも希望を感じる。
去年は萎縮したまま黙り込んで終わっちゃう試合が多かったからな。他チーム相手にもこのノリでいってくれればいいんだが。

« そして単なる販社へ | トップページ | 1曲のためにiPodを買う? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9196805

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs徳島:

« そして単なる販社へ | トップページ | 1曲のためにiPodを買う? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト