« 質の悪い不確定要素登場 | トップページ | ダーウィンの悪夢 »

2006/03/06

活かされきっていないUSBポート

USB端子搭載のカーオーディオレシーバー4機種を新発売!(ケンウッド)

ビクターに続いてケンウッドがUSBポートを備えたカーオーディオを発表。
iPod対応に関しては、そのビクターにケーブルをOEM供給しているだけあって、全然上。
2DINモデルでは日本語2段表示が可能になっているそうだが、これがiPodの曲名表示にも活かされているかどうかはプレスリリースには書かれていない。

自前でUSBフラッシュメモリプレーヤーを持つビクターとの違いは、USBポートを使ったDRMファイルの再生が出来ない点。ビクターも自前のプレーヤー以外対応はしていないが。
だからCDからリッピングしてコピーしたファイルしか再生できないわけだが、それってレコード会社から睨まれたりしないのか?
つ〜か、自前でレーベルを持たないオーディオ会社ならではの対応といったところか。

ビクターのなんとかって機能がなけりゃあオーディオとして認めない、って人以外ならこっちの方がいいと思う。まあ、iPod使用者的視点としては。

3/19訂正・誤解を招きそうな部分を訂正。ケンウッドも自前のポータブルプレイヤーは持ってるな。

« 質の悪い不確定要素登場 | トップページ | ダーウィンの悪夢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8959115

この記事へのトラックバック一覧です: 活かされきっていないUSBポート:

« 質の悪い不確定要素登場 | トップページ | ダーウィンの悪夢 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト