« カーオーディオというよりリモコンの紹介 | トップページ | 草津vs徳島 »

2006/03/20

そして単なる販社へ

高級過ぎ? レクサス苦戦 巻き返しへ(産経新聞 ENAK)

アリストの主な顧客
VIP系、オラオラ系、改造空気銃乱射系
ソアラの主な顧客
いない
アルテッツァの主な顧客
走り屋系

今のところのレクサスのイメージ戦略を見ると、メーカー自身は上記顧客と関わりたく無さそうに見える。
そもそも高級車に対して「エラそう」度を求める客にあんまり訴えかけるような感じではない。
目指す顧客はいわゆるBOBOSって言われている人たちなんだろうが、「合理的」らしい彼等はサービス云々、プレミアム云々、ブランド云々でクルマを選ぶ事は無いだろう。
「ブランド」を気にしない人たち向けの会社が「ブランドの確立に腐心する」ってのも矛盾した話だな。

旧来の顧客をすっぱり切り落として再出発を図った先輩としてはスカイラインがいるが、国内で大苦戦してアメリカで売れるというそっくりな状況を呈している。

元々あんまり売れてないクルマをFMC&MCして販社を変えただけとも言えるレクサスは、LS(セルシオ)の登場までは雌伏の時を過ごさざるを得ないことは最初から分かっているものだと思っていたが、そんなこともなかったのか。
思ったより走っているのを見かける気がするんだが。

これまでの「トヨタ式」営業を持ち込んでテコ入れを図るとすると、以前思ったように「クルマが高いだけ」で他のディーラーと大差ない店になっちゃうんだろうか。
まあ、セルシオを買いたがる客の感性に合わせるのならそのほうがいい、という気もする。

しかし一番のウリである「プレミアムなサービス」が足を引っ張ってるって言うんだから、商売ってのは難しいもんだなあ。

« カーオーディオというよりリモコンの紹介 | トップページ | 草津vs徳島 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9169205

この記事へのトラックバック一覧です: そして単なる販社へ:

» サービスではなく物を求める人たち [くるまこのみの雑記]
レクサス販売苦戦するも、予定通り 販売台数で見ると苦戦だそうだが‥。 日本の商習 [続きを読む]

« カーオーディオというよりリモコンの紹介 | トップページ | 草津vs徳島 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト