« 20年も経つのか。 | トップページ | ダービーマッチの重みが増した証明 »

2006/03/14

ハードを買うならあとはお好きに

「ウィンドウズが走るマック」プロジェクトの現状は(HOTWIRED)

Apple: 'Don't expect Mactels to run Vista'(silicon.com・英語)

「Intel MacではWindows Vistaは動かない」--アップル関係者がIDFで(CNET Japan・silicon.comの記事の翻訳版)

Intel Developer Forumの会場でsilicon.comの記者がAppleの上級ソフトウェア・アーキテクト、キャメロン・エステファハニに
「MactelでVistaは動くのか?」
と聞いたら
「無理だろう」
という答えが返ってきてしまった、という記事。

IDFのコンファレンスでAppleの関係者が質問を受ける立場に立つなんて、違和感は感ばりばりだが、別におかしくはない。Intel Outsideだった長年のマカーとしての習性からそう感じてしまうだけか。
IDF基調講演のデモ機としてiMacが登場した(PC Watch)なんて話もあるしな。

さて、日本語で読めるHOTWIREDの記事はsilicon.comに載った記事の概要紹介みたいなもので、エステファハニの肝心な発言が省かれている。

その発言はというと、上記の質問に関する具体的な説明。短いけど。

そもそもMactel上でVistaが動くかもという期待の源泉は、Vista用の新ファームウェア「EFI」がMactelでも採用されているから。
しかしエステファハニによれば同じEFIでもMac用とWin用が全く同じという訳ではないそうで、Vistaでは必要とする古いソフトウェアやハードウェアとの下位互換用いわゆる「レガシー」コードが、MactelのEFIには無かったりするようだ。OSX環境下での使用しか考慮していないので、必要ないものは省いちゃったらしい。

要するにMactelにVistaをインストールしようとしても、またはインストールは上手くいっても起動しようとすると、Vista環境下では存在する事が前提のコードがOSX用のEFIには存在しないこともあるので止まっちゃう、という事。

Appleとしてはユーザーが自分のMacにVistaを入れるべく奮闘するのを止める気はないが、その努力を手助けする気もない、ただDOS/V機でOSXを使用する事は禁止する、というのが公式な態度。

エステファハニの説明を裏返せば、Vista仕様に準じたDOS/V機のEFIだとOSXにとっては必要なものもそうでないものも全部揃っているので、動かせる可能性が高いことになる。
DOS/V機にOSXを入れようとする物好きがAppleの屋台骨を揺るがすほど大量にいるとも思えないが、ソフトウェアよりも大きいハードウェアからの上がりを損なうような事態を招きたくないんだろうな。

ただこの話題のEFI。Vistaに最初から全面採用される訳でもないらしいうえ64bit版専用かも、というから話はややこしい。
まあ、素直にVirtual PC for Mactelの登場を待つのが吉かと。PowerPC版と比較して反応速度が劇的に向上している可能性も無い訳じゃないし。

3/19修正・CNET Japanにsilicon.comの記事を翻訳したものが掲載されたので、リンクを追加。

« 20年も経つのか。 | トップページ | ダービーマッチの重みが増した証明 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9080658

この記事へのトラックバック一覧です: ハードを買うならあとはお好きに:

« 20年も経つのか。 | トップページ | ダービーマッチの重みが増した証明 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト