« 準備完了(だと思いたい) | トップページ | 5ヶ月後の予定は決まった »

2006/03/29

手段より過程を楽しめるMac

新Mac miniは誰にとって最適なマシンか?(ITmedia)

Apple新製品発表会レポート——ジョブズ氏が「Apple流ホームエンターテイメント」をデモ (ITmedia)

Mac mini開発担当者に聞く 「リビングルームへの進出は付加的要素——Mac miniはあくまでもデスクトップPC」(ITmedia)

率直に言ってOS XとXPがデュアルブートできたからといって、そんなに便利なもんでもないだろう。

「これでMacを仕事で使える」
なんて記事も目にしたが、一連の情報漏洩騒ぎを考えれば、そもそも私用PCを仕事に使う事への制限が強化される、または全く許可されない状況が訪れる事は目に見えている。
手間暇かけてデュアルブート化したら
「XPが動くようになっちゃったんだ。じゃあ社内に持ち込んじゃダメ、そのMacを使って仕事をするのもダメ」
なんて管理部門に言われそうだ。

では、仕事に関係ない私用では?
OSを切り替えるのに一々再起動する面倒を考えれば、そのうちどっちかのOSしか使わなくなる思う。

オフコンからクライアントサーバへの端境期に、双方のOSをブート出来る端末とかあったりしたが、あれは環境移行中であっても業務の稼働を停止させないための苦肉の策みたいなもので、だから必要とされたし、実際に使われた。

なんて考えればMacのデュアルブート化ってのは、結果よりも過程にワクワクするギークの趣味として行うのが正しい態度。
んで値段的にもスペースを喰わない点でもその目的にぴったりなMac、それがMac miniなのではないかな、と思う次第。

リビングルーム用PCとしては、OS Xには対応していないマルチメディアサービス(Gyaoとか)用にXPを立ち上げて、、、やっぱりXPだけしか使わなくなりそうだ。iTunesはWin版があるしな、、、リモコンが使えなくなるな、、、なんて事を悩むのが楽しいって点がまたギーク向け。

« 準備完了(だと思いたい) | トップページ | 5ヶ月後の予定は決まった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9305381

この記事へのトラックバック一覧です: 手段より過程を楽しめるMac:

« 準備完了(だと思いたい) | トップページ | 5ヶ月後の予定は決まった »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト