« えっ!? 首位? | トップページ | 広島vs鹿島(TV観戦) »

2006/03/04

G大阪vs浦和(TV観戦)

2006 J1 第1節 結果(J's GOAL)

全体的な印象としては、浦和の猛攻をG大阪が凌ぎきった感じの試合。
とりあえず新戦力に注目しつつ観戦。

まずG大阪。
マグノ・アウベスは動きがまだ周りと噛み合っていない。
先代の2人と比べると、アラウージョのように自分で持ち込むことはせず、チャンスボールと判断すれば無駄走りでも最後まで追っかける大黒と比べると諦めが早い。その上、フェルナンジーニョのドリブルからごっつぁんゴールを狙うにはお互いの呼吸が合わない。
ボールを欲しがってどんどん下がって来てしまうのは、なんだかんだ言ってとりあえず預けてもらえる王様だった大分時代の名残だろう。お陰で肝心なときにゴール前にいなかったりする。
また、王様らしく守備を全くしないので、トップ下の二川がわざわざ前線に出てDFを追っかけたり、GKへプレッシャーをかける場面が頻発。
後半も20分を過ぎた辺りかららしいプレーが散発的に出たけれど、回数は2回くらいだったか。
もちろん、浦和は大分に敗戦して優勝を逃したという痛い思い出から、彼の怖さを十分に分かっていてゴール前で自由にさせる事がなかった、という事もあったろうが。

また、今日は4バックを採用し、加地を右サイドバック、家長を左サイドバックに置いたが、新戦力の加地ではなく家長がブレーキ。
守備面では山田とポンテに振り回され、攻撃面では低い位置からおらおらと相手を蹴散らしていくようなフィジカルがなく、誰かがキープしてくれないと上がっていけない。
反対サイドの加地はボールを持てば独力でなんとか上がっていくだけに、余計に違いが目立ってしまった。
その加地は良かった。三都主に絡みつかれてクロスこそなかなか上げられなかったものの奪われる事はほとんど無く、周りも
「あいつは1人でなんとか出来るから」
と任せておけるせいか、同国人のマグノとはやりづらそうだったフェルナンジーニョとのコンビプレーも何度か見られた。
もっとも、クロスを上げても受けてくれる人は今のところいないようだ。
またマグロン呼んでくるか。
明神は、、、あんまり印象に残らなかったなあ(笑)。
後半登場した播戸は、流れを変えるほどの動きは出来なかった。

んで、浦和。
同じFWでも周りを困惑させていたマグノとは対照的だったのがワシントン。
開始2分で山田のクロスをゴールに叩き込んでリズムを掴んだのか、その後も運動量豊富に動き回る。
これがチーム全体に好影響を与え、浦和攻撃陣は攻守にわたって連動。特に中盤の叩き合いでは完全に圧倒。G大阪は「縦への1本」でチャンスを作るしかなくなってしまう。

もう1人の新戦力・小野は完全にフリーマン。敵味方両方のゴール前へまんべんなく進出。
まあ、勝手に動き回るならマグノも似たようなもんだったが、やっぱり小野だと選手としての序列が高い、という暗黙の了解があるせいか、周りが合わせようとしてくれる。
もっとも、前半はそんな小野の自由自在な動きに周りがついて行けなかったのか孤立するシーンが目立った。
後半は小野が下がれば長谷部が上がる、小野が上がればその逆と、長谷部が気を使って動いていたようで、小野と周囲が噛み合い始め、何度かチャンスも生まれた。得点には繋がらなかったが。

結局、ここ一番でマークしきれない三都主のもろさが(つったって守備的選手じゃないからしようがないが)加地の得点に繋がってしまったが、G大阪の攻撃は個人個人が散発的に繰り出していただけだったから、早いところマグノと周囲の連携を高めないと守備を固めた下位との対戦で取りこぼす試合が増えるかも。
もっとも守備は最後まで崩れなかったから、勝てる試合をドローって感じの取りこぼし方になりそうだな。

浦和は、、、、小野かなあ、やっぱり。後半の噛み合い方がそのまま今後の試合に適用されれば。

« えっ!? 首位? | トップページ | 広島vs鹿島(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8941750

この記事へのトラックバック一覧です: G大阪vs浦和(TV観戦):

« えっ!? 首位? | トップページ | 広島vs鹿島(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト