« 3121 | トップページ | いつか見た光景、これからも見る光景(多分) »

2006/03/25

横浜FMvs浦和(TV観戦)

2006 J1 第5節 結果(J's GOAL)

ブッフバルト監督(浦和)記者会見コメント(J's GOAL)

岡田武史監督(横浜FM)記者会見コメント(J's GOAL)

横浜FM vs 浦和:試合終了後の各選手コメント(J's GOAL)

前半はとにかく両チームともプレスが速く、パスが2本以上繋がらない展開。
攻守の切り替えが速くて面白かったが、ちょっと無念だったのはテレビ画面上では小野が目立たなかった事か。
ピッチ全体を見回せば、効果的な動きやボール配球をしていたのかも知れないが、ドリブルという武器でたまに画面を横断していく長谷部に比べると映るシーンが極端に少なかった。
対する横浜のゲームメイカー・奥が、相変わらずの神出鬼没ぶりでそれなりに目立っていたのに比べてしまうと、なんか寂しい。

各種報道で「守備的になった」と言われる浦和。
今回も全体的に繋ぐ横浜と放り込む浦和、と言われるのかも知れないが、横浜にしても久保目掛けて放り込むこともあるわけで。
違いがあるとすると、ブッフバルト監督のコメントにもあるように空中戦で久保が闘莉王にことごとく負けてしまったのに対し、ワシントンは中澤、松田を向こうに回して善戦していた事だろう。

代表のゲームを見ていても思ったが、怪我から復帰して以後の久保に潰れ役を任せるのは厳しいようだ。
後半、大島、清水が投入されて3トップ気味になった時、画面に表示されたフォーメーション図では久保がトップとなっていたが、実際には大島がトップで久保は右に流れてクロスを上げる事が多かった。
もっとも、久保は元々「ポストはオプション、武器はスピード」ってプレーをしていた気がする。横浜に来た時に初めてポストに専念させられて、無理がたたって怪我しちゃったのかなあ。

また、横浜右サイドに据えられた吉田がまだチームに溶け込みきっていない感じ。
ボールを持ってちょっと考えてしまうシーンが散見され、その隙に浦和中盤守備の餌食になってしまう。
また三都主を抑えるという仕事にも余り向いていないらしく、というか守備的選手じゃないから当たり前だが、後半登場した田中隼でも手を焼いていた絶好調の対三都主が相手では厳しかった。

だから代表レギュラーで目立っていたのは意外にも三都主、という結果になる。
中澤はワシントンに振り回されてたし。

浦和は試合運びで見る限り「流れで得点するならカウンター、あとはセットプレー」と割り切っている感じで、中盤中央から斬り込んでいくとしたら長谷部のドリブルくらい。
この考え方がハマったのが終了間際のコーナーキック。
ポンテが素早く低いボールをゴールマウス前に打ち込んで山田が決めたものだが、これは多分練習どおり。横浜側は虚を突かれた感じでマークがズレズレ。山田が落ち着き払って右足のアウトサイドでコントロールショットを決めていた。

直後に横浜は松田が上がってロングシュート。これはギリで外れCKに繋がるも、浦和の守備陣が簡単にクリア。
この場面に限らず、セットプレーでは横浜もいいキックが出ていたのにどれも簡単にクリアされ、こぼれ球も拾えていなかった。
試合後のコメントで松田が「気合いが足りない」と怒っているが、こんなところが気合いの差っていうことか。

後半直後、横浜が圧力を強めようとした矢先に、GK榎本がゴールキックをワシントンへ直接渡してしまうという大ポカ。これは榎本自身がゴールを防いだものの、これ以降、横浜の守備がおかしくなる。
榎本の今度は成功したゴールキックをカウンターに繋げたものの、浦和のカウンター返しが見事にハマッて追加点。
戻った松田、中澤がワシントンの抜け出しに対応しきれなかったが、この場面だけでなく、榎本の大ポカでどことなく横浜の守備に元気がなくなってしまった。

元々、横浜の攻撃は左のブラジリアントライアングルは山田&鈴木啓&堀之内のトリオで寸断されているうえ、右の吉田がイマイチ(松田が上がっていっても無駄になる事多数)、真ん中から抜けていっても、強力な3バックが待ち受けている訳で、攻めてはいるものの本当に怖いシーンには繋がらない。
こうして浦和が完全にペースを掴む。

横浜ベンチも指をくわえて見ていた訳ではなく、攻撃的選手を次々と投入し、さらに吉田を諦めて田中隼をクロス職人として入れたりするが、浦和の強力守備陣を崩すほどの「違い」は生み出せず、田中隼も絶好調の三都主や流れてくる長谷部に手を焼く+クロスを上げても収める選手が実はいないという状況のため流れを引き寄せられない。
結局、ターゲットとして大島が投入されるまで、横浜の攻撃が浦和守備陣に冷や汗をかかせる事はなかった。

対する浦和は追加点を決めてもリアリティに徹し続け、小野を引っ込めて内舘を入れるという守備固め。
さらに山田に替えて平川を入れる、という「主力選手の温存」という余裕まで見せた。
終わってみれば、終了間際に大島のヘッドが決まったものの、直後に長谷部が追加点を決めてしまうという浦和の圧勝。

岡田監督は試合前に
「攻撃は個人のアイデア中心で」
と言っていたらしいが、その個人のシンキングスピードが浦和守備陣のスピードに付いていけなかった感じ。
対する浦和は個人個人への役割がかなり単純化されているようで、手持ちのドリブラーや強力ストライカーを活かすならこっちの方が効果的なんだろうな。
これが「リアリティ」って奴か。

« 3121 | トップページ | いつか見た光景、これからも見る光景(多分) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9256071

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FMvs浦和(TV観戦):

« 3121 | トップページ | いつか見た光景、これからも見る光景(多分) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト