« 病は気から? | トップページ | 春のかたみ »

2006/03/12

C大阪vsG大阪(TV観戦)

2006 J1 第2節 結果(J's GOAL)

C大阪 vs G大阪:西野朗監督(G大阪)記者会見コメント(J's GOAL)

C大阪 vs G大阪:小林伸二監督(C大阪)記者会見コメント(J's GOAL)

C大阪 vs G大阪:試合終了後の各選手コメント(J's GOAL)

全体的にG大阪が試合をコントロール。
小林監督の言うとおり、見た目は前半20分過ぎくらいから徐々にC大阪がペースを握ったが、前半2分に先制してその後も様々な形で攻め込んでいたG大阪がペースダウンしたのに乗じただけもの。
今のところG大阪が4バックにした場合「穴」になりがちな家長サイドを河村が崩して得点したが、G大阪のゴールがマジでヤバかったのはこの時と後半32分くらいの徳重のドリブル突破から古橋がPA内でシュートしたシーンくらいだったと思う。

さて、ちょっと書いたとおりにG大阪は4バック。
新戦力はマグノ・アウベス、加地、明神が先発メンバー。
ジーコ・ジャパンにとって宮本がまたもベンチだった事が悩ましいところ。
西野監督に依れば
「宮本は3バックの真ん中が向いている」
ということで、自分的にもそんな気がする。
そんな監督経験という点では自らを上回る人の言葉に逆らって、宮本を合わないはずの4バックの真ん中に起用して世界に挑むとは流石神。何らかの深い考えが、あるいは虎穴に入らずんば虎児を得ずという諺を実践して入るんだろう。
「たまたま上手くいったから使ってる」
という訳では決してない、と思う、多分、きっと、そうだといいな。

そんな加地と明神が予想以上にチームに溶け込んでいて驚いた。
他チームより公式戦を余計に消化しているのは伊達ではない。
マグノは相変わらず好き勝手に動いていたが、開幕戦の時と違って周りも「やらせとけ」モードが板に付いてきた。というか「やらせとけ」はマグノだけでなく、フェルナンジーニョや遠藤、二川といった攻撃的人材がみんなポジション無しで動き回っていたので、攻撃に関しては個人のアイデアを中心に据える、ということで共通認識が出来たんだと思う。汗かきと花形に明確な線引きをした訳か。
実際にはFWにも関わらず敵DFにはあんまり絡みつこうとしないマグノの代わりに二川が突っかかっていくなど多少の補完関係はあったけど。
加地と明神という守備的人材が短時間でフィットしたのは仕事が明確だったから、という事もあるんだろうな。

しかしマグノって敵DFには絡みつかないのに、下がってきて敵MFに絡みつくんだから面白いな。ゴール前に突然現れるのはそんな動きが関係してる訳か。
ただ、これは味方との相互信頼関係がないとゴールにも繋がらない動きでもある訳で、前半は相変わらず微妙に噛み合っていなかった。
そんな状況に本人も迷いを感じているのか、前半の14分くらいだったか、PA内にボールを持って侵入するも、一瞬動きが止まってDFに弾かれてしまうシーンがあった。

んで、C大阪の新戦力は河村とピンゴがスタメン。
さすがに周囲との噛み合い具合はまだまだ。ただ相手のG大阪は例外的に試合を多く消化している訳だから、このくらいの噛み合い具合がむしろ普通なんだろう。この2人を中心にチームが構築されている訳じゃないしね。
2人がフィットしきれない状況が残念な点と言えば、家長サイドを1度しか攻略出来なかったことか。ボランチ・河村と右サイド・ピンゴが内外入れ替わって、相手のマークをずらしていくことが狙いだったようだが、2人だけでなく周囲との連携のまずさもあってなかなか上手くいかない。やっぱりG大阪相手に周囲を見回してからパス出ししては遅すぎる。
逆に言うと他チームは西澤のゴールに結実した家長サイド攻略に、G大阪が4バックを採用したときのアキレス腱を見いだしたかも知れない。新井場戻すか?(笑)

さて、残り10分を切ったところでそんなゴールでC大阪が同点に追いついてハーフタイム。
この時点では、C大阪が勝つのは難しいけれどドローには持ち込めるんじゃないか、と思っていた。
ところが前半終わりに見るからに痛そうな足の着き方をしていた加地がどうやらやっぱり動けなかったようで後半10分過ぎに宮本と交代。勿論、これでG大阪は3バックへ。
だからサイドバックの家長は必然的にウイングバックへ。これで家長は水を得た魚のように動き出す。
後半開始直後から意識的にペースアップを開始したチームと相まってC大阪を圧倒。
つまりやっぱり三都主はサイドバックで起用しない方がいい、と言う事か、、、。

「前半途中からウチのペース」
と思っていたC大阪にしてみれば、この反撃は強烈だったと思う。
そして15分。シジクレイのロングパスが二川に渡り、これを上がってきた家長へ繋ぐと家長がPA内で低くクロス。飛び込んできたフェルナンジーニョが決めて、G大阪追加点。
ただC大阪が崩れたのはここではない。
それは、相変わらず敵DFにプレスをかけていた二川の動きが実ったシーン以降の話。
プレスに慌てた柳本がバックパスをミスってしまい、GK吉田が抑えかけるもフェルナンジーニョにかっさらわれてハットトリックを許してしまう。

直後にC大阪は柿本を投入。
相手に2点目を許した時点で投入準備は始まっていたが、森島を引っ込めたのはちょっと意外だった。西澤とのツインタワー体制でパワープレイを狙うのならこぼれ球の拾い屋は多い方がいいと思ったから。
更にC大阪はゼ・カルロスを引っ込めて徳重、河村を引っ込めて宮原、と投入。
しかし、ワンボランチ体制で形振り構わず総攻撃ということは分かっていたんだろうが、繋ぐのか放り込むのかという意思統一がはっきりしていなかったのか、前掛かりになって間延びした中盤で半端に繋いで奪われてピンチを招く、という状況に陥ってしまう。
優れたストライカーにがら空きのスペースを与えれば、多少の連携のズレも何とかされてしまうもの。
そんな訳でマグノがハットトリックを決めてしまった。
白眉は2点目。フェルナンジーニョの後ろに目が付いてんのかパスに反応したもので、お互いに0.5点ずつあげたいくらい。
絶好の連携練習にされてしまったなあ。

結局、最後には橋本や二川といった主力を引っ込めさせる余裕を見せたG大阪の完勝。
加地の負傷は日本代表的には大いに憂慮すべき事態だが、後半の戦い方を見る限り、G大阪的にはしばらく問題無さそうだ。
マグノが本当にフィットしたのかどうかは、そう簡単には守備が崩れないようなチームとの対戦を待つ必要があるとは思うけど。横浜FMあたりかな、浦和戦を消化しておいて良かったなあ。

C大阪は連敗。前節の名古屋戦でも守備陣のミスが目立っていたらしいが、まあ、これからでしょう。幸い代表に取られる選手もいないし。
だって去年の今頃、C大阪が優勝争いをするなんて予想していた人なんていなかったでしょ。熱狂的サポーター以外。
もし客観的に見て予想していた人がいたなら、その人は今の仕事はすぐ辞めてデイトレーダーにでもなった方がいい。多分巨額の富を稼いで40前には隠居生活を送れるでしょう。

« 病は気から? | トップページ | 春のかたみ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9057562

この記事へのトラックバック一覧です: C大阪vsG大阪(TV観戦):

« 病は気から? | トップページ | 春のかたみ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト