« 音楽開放の日はiPodの墓碑銘に載るのか | トップページ | 横浜FMvs浦和(TV観戦) »

2006/03/24

3121

(Amazon.co.jp)

帯に「殿下、ユニバーサル・レコーズへ電撃移籍」云々と書かれていたので、あれ?モータウンは?(ORICON STYLE)と思ったら、なんか色々あって要するに同じレーベルらしい。

殿下がワーナーと喧嘩別れし、「創作その他の自由を求めて」設立したNPGレコーズのアルバムは一応チェックしていたが、ここんとこ自分のローテーションに乗るアルバムは1つもなかった。
全般的に「ナンバーワンじゃなくてもオンリーワン」にこだわりすぎてる感じで、往年の必殺フレーズを引っ張り出してきたり、アレンジに凝りすぎてノリが壊れていたりして、通して聞くのはキツかった。

NPGレコーズでは「実験的なのはダウンロードで、商業ベースを意識していたものをCDで」という形だったらしいが、日本の場合両方CDで出ているので違いが分かりにくかったという事もある。

んで、制約のない場でやりたい放題やったことで落ち着いたのか(ライナーに依れば実生活でも色々整理が付いたり、喜ばしい事があったらしい)今回のアルバム「3121」はNPGレコーズ初の「商品」に仕上がっている。

変に「オンリーワン」にこだわらずに、自分のルーツ・ミュージックへ立ち返った感じで、そこここに往年のR&Bやファンクを感じさせるフレーズが見え隠れ。
前々からジミヘンやJBからの影響は指摘されていたところだが、ファルセットのバラードなんかアレンジ含めて完全にカーティスになってるし、ここんところつるんでいるファンクの先達・メイシオ・パーカーにもちゃんと「活躍の場」を与えている。

ルーツを色濃く出しても、自分は自分という余裕。
殿下が初めて「ベテラン」に見えた。

« 音楽開放の日はiPodの墓碑銘に載るのか | トップページ | 横浜FMvs浦和(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/9232831

この記事へのトラックバック一覧です: 3121:

« 音楽開放の日はiPodの墓碑銘に載るのか | トップページ | 横浜FMvs浦和(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト