« 一種の有名税? | トップページ | 八方美人なカーオーディオ »

2006/02/19

日本vsフィンランド(TV観戦)

日本、フィンランドを2−0で下してW杯イヤー初勝利(スポナビ)

ジーコ・ジャパンは後発組には圧倒的に不利な仕組みになっているが、結果を出せばチャンスに繋がるという部分がちょっとある。そんなわけで今回は巻が先発。

フィンランドは元々そういうサッカーをするのか、飛行機での長旅で疲れていたのか知らないが、立ち上がりから動きが鈍く、自陣から討って出る事がほとんど無い。

その守備の仕方も敵がボールを持ったら素早く寄せる、のではなく、相手が動くのを待ち受けている、という感じで、アグレッシブな部分が見られない、まさにアウェーの戦い方。

対する日本は1戦消化したのが少なくともコンディション向上には貢献したようで、チーム全体の動きが格段に良くなっていた。
初っ端から加地が一気に右サイドを破ったのがその象徴。
しかし、他はダメでもゴール前では粘りを発揮するのが欧州の代表達。抑えるところは抑えてくる。巻がやたら削られていたし、加地や村井も2タッチ以上したらDFに絡まれてクロスを阻まれるし、それではとドリブル突破を仕掛ければ体格を利されて止められる。
偶然だろうが、コネたがる三都主がいなかったのは幸いだったかも。

結局、時間が経つに連れ、スペースをがっちり埋められてしまい、日本のDFもどこに出していいのか判らずにボール回しを始めてしまう。(スポナビの試合速報も書く事がなかったのか前半部分はとても短い)
相手が受けて立ってくれない試合というのは退屈なものだなあ、そういえばフィンランド監督のロイ・ホジソンってつまんないサッカーをするので有名だった気も、、、と薄れゆく意識の中で思っているうちにハーフタイム。

負けはしたもののアメリカ戦の方が面白かったぞ、と自分でも矛盾する感想を抱いていたら、後半開始直後に眠気を吹っ飛ばすシーンが訪れた。
ご存じ、久保久々の得点。

ホジソン監督に代わって1ヶ月半くらいしか経っていないフィンランドはいわゆる「約束事」がまだはっきりしていないようで、前半でもセットプレーの守備や速いリスタートにおたおたするようなところがあったが、この時も加地が素早く行ったスローインに反応した小笠原の動きについて行けず、久保のゴールを防げなかった。

これでやっと動き出したフィンランドだが、それでも攻守の切り替え速度や、そもそも技術面ではそれほどのもんでもないせいか、それほど怖くない。
ああ、これで仮想クロアチアになるんだろうか、と思っていたら、小笠原の人を馬鹿にしたような超ロングループシュートが決まってしまった。
クロスを上げたら入っちゃったんじゃなく、狙って入れているんだから偉い。相手の中盤守備がユルくなったからという事もあるだろうが、「チャンスとあればどこからでも狙う」という姿勢はとても良いものだと思う。入場料以上の価値はある。

後半も終わりに近づくとフィンランドも日本も完全テストモードに入ってしまい、多少フィンランドが盛り返すが、特に危ないシーンもなくホイッスル。

全般的に見ると、こりゃあ勝てるよ、今日のフィンランドなら、という感じ。
ユーロ2008(行きたいなあ)の予選までにはもう少し仕上げてくるんだろうが、チームとして出来上がってない。つ〜か、今日はちゃんとしたA代表だったのかな?
個々の技術力という面から見ても小野や小笠原がトリッキーなプレーを出すと全然対処出来てなかった。
攻撃陣に関しては2人くらいしか攻撃専業選手がいなかったのでよく判らなかったが、そもそもフィンランドのシュートって1本しか無かったんじゃないのか?

日本側の良かった選手はその小笠原と小野。
ボールホルダーに素早く寄せてくる相手じゃなかったのが幸いして、采配を振るうだけの時間が与えられ、かなり目立った動きが出来ていた。

久保の動きもかなり軽快感を増していたが、やっぱりこれは巻の奮闘が大きい。
1トップで求められていた「保持して、我慢して我慢して我慢して、後方の味方に渡す、走り回ってボールを引き出す、もちろん点も獲る」役目から「我慢して我慢して我慢して」と「走り回って」という一番美味しくない部分を巻が引き受けてくれた。お陰でチャンスボールに反応する嗅覚と瞬発力を活かすことに専念出来た模様。

巻はオシム監督に「技術的に優れている訳ではないが、献身的に働くので外せない選手の1人」と評価されている部分をそのまま適用したら貢献出来た。こういう点はジーコ・ジャパンの利点だろうな。今のところのライバルは鈴木か。鈴木よりも得点力は上だと思うが。

ところでテレ朝の解説はともかく、テレ東の解説はゾノ、TBSの解説は小島伸幸だった。サッカーバブル世代にはたまらない品揃え。
小島は草津がJFLにいた頃はBS1の解説をしていたので、たまにつっかえるゾノに比較すると手慣れたもの。各国代表のGK解説は面白かったな。W杯中継にも期待したい。

« 一種の有名税? | トップページ | 八方美人なカーオーディオ »

コメント

はじめまして、TBさせていただきました。
巻は鈴木との比較では上でしょね。なんとか23人に残って欲しいです。

全くテストにならないですねぇ。
選手はもちろんですが、日本協会も何かと頑張ってもらいたいもんですが・・・。

TBSは引退組を確保してますよねぇ。
相馬とか沢登とか小島とか。
スパサカのGK特集も、小島ありきでの企画。
テレ朝の松木は論外ながら、それよりも日テレの中継嫌いです。
なんか生理的に嫌いです。
なんででしょう?

おお、相馬も沢登もTBSですか。
でも毎週解説してくれるとしてもCSか。

世界クラブ選手権を無理矢理盛り上げようとした日テレですが、2002W杯の時にさんまに言いたいことを言わせたという功績は残ると思います。

最近、フジが詫びを入れてさんまのサッカー番組が復活しましたが。
つ〜か、今やってますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8729614

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsフィンランド(TV観戦):

» フィンランド戦感想 [panna panna]
テレビで観戦。フィンランドはたいしたことなかった。0点に抑えたといっても、あれで [続きを読む]

« 一種の有名税? | トップページ | 八方美人なカーオーディオ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト