« そろそろレプリカのご準備を | トップページ | 黒いiTunes »

2006/02/11

アメリカvs日本(TV観戦)

日本、2006年初戦は黒星 終盤に反撃見せるも1点及ばず(スポナビ)

フットボールをサッカーと呼び、欧州からは未だに先入観で「フットボール後進国」と呼ばれる国同士の対戦。
中継のテレビ東京はピッチリポーターとして前園を起用するという、相変わらずのソリッドさを見せてくれた。
しかも、この前園のリポーターぶりがなかなか堂に入った出来。全盛期、マスコミに騒がれまくっていた経歴は伊達ではない。

一足遅く引退した同期・小倉(スポナビ)も口は達者な方だから関西方面のレポーターとしてイケるだろうな。彼の場合はバラエティも出来ると思うが。

試合展開は前半はアメリカ、後半は日本。
9年目になるブルース・アリーナ体制下で熟成の極みにあるアメリカは、連携の面で不安がないためか、最大の特徴「瞬発力」を存分に活かし、日本の自慢であるはずの中盤を蹂躙。
そんな感じで初っ端から飛ばしまくるアメリカに対し、時間が経つに連れて久々のフォーメーション故か初期ジーコジャパンの悪癖
「連携がまずいのでボールを貰うと一旦周囲を確認しなけりゃならない」
が復活してしまった日本は寄せ、攻守の切り替えといったプレーのスピード面で勝負にならず、まさにボコボコ。
肝心の1トップ久保がまだ長い時間保たない、という点も痛かった。
アメリカ自慢のサイド攻撃に対して三都主が相変わらずの守備しかみせられなかった点も。
そんなこんなで全くリズムに乗れないままハーフタイム。

久保の1トップを諦め、巻、佐藤寿の2トップにした後半も似たようなものだったが、田中誠、福西に替わって長谷部、阿部を投入したあたりから徐々に日本がペースを奪い出す。

まず意外というかこれもオシム効果というか阿部のフィジカルがアメリカ人と互角。
彼のファーストタッチ(だと思った)はタッチライン際で受けたもの。ここで4人の敵に囲まれた挙げ句背中にのし掛かられていたが、ボールを奪われることなくゴール前に飛ばしてみせた。
味方もまさか前にボールが飛ぶとは思っていなかったのか、巻だか三都主が慌てて追っかけていたが流石に間に合わなかった。
その後、センターサークル付近でボールを受けたときも2人の敵に捕まっていたが、この時もボールも失わずにきっちり前へ飛ばしてみせた。
他にも三都主が失いかけたボールをフォローする、ドリブルで飛び出してきたドノバンを危なくない場所でファールで止める、気が付けば敵と味方のゴール前にまんべんなく顔を出すなど、地味ながら「コレクト」なプレーぶり。
ただ「俺は汗かき役」と割り切っていたのかボールタッチ自体は少なかった。

阿部が守備面で貢献する一方、長谷部も投入直後から思い切りよくドリブルで仕掛けるなど中盤の攪乱役として効果を発揮。
ジーコが小野に替えてドリブラー・本山を投入したのは、この「長谷部効果」に手応えを感じたからかも知れない。
勿論、両者の活躍には飛ばしまくったアメリカの運動量が落ち始めていたということもあったが、双方共に「いつもJで見せるプレー」を普通に見せて貢献出来た、という点が大きいと思う。
トルシエジャパンで不満だったのはその辺だったからなあ。

佐藤寿が惜しかったのは、連携面でもうちょっとだったことか。
ある程度代表に慣れている巻と比較して、味方がボールを持ったときの動きだしとかが、ちょっと遅れたりする感じ。
もともと神出鬼没で相手の裏を付くタイプだけに、この辺が上手くいかないのは痛かった。

結果論にはなるけれど、せっかく6人も中盤を置くのなら福西と阿部は並べて置いた方が良かったかな。パスを回している間に奪われてるんじゃ意味無いし(圧倒的不利だった前半もボール保持率だけなら五分五分)、福西1人でダブルトップ下どころか三都主のフォローまでしなけりゃいけないんだから。
だから、もしこのまま1トップをメインにするなら、やはりバックアッパーとして今野を呼んでおいた方がいいよな。
日本代表の本当の意味での「守備的中盤」って、あとは稲本しかいないし。

ただ試合中、試合後のジーコの冷静さから見て
「テストとしてはこんなもんか」
という姿勢は垣間見えた。
「仮想オーストラリア」ではあるものの、オーストラリアの攻撃はあそこまでスピーディじゃないと思うし。

しかし巻、代表での決定率が異常に高い気がするが、なんでクラブでそれが出来ない。(笑)

« そろそろレプリカのご準備を | トップページ | 黒いiTunes »

コメント

あそこまで守備がボロボロだと、何だか力無い笑いがこみ上げてくるばかりでした。そんななかのジェフ勢と長谷部は救いでした。

確かに現状のボランチとかってみんな行きたがるので、今野欲しいですねぇ。早いとこ怪我を治してほしいもんです。

前園の落ち着いたレポートよかったです。前園のブログに「アメリカ相手に、日本の1トップがどれだけ機能するかが見所だ」って書いてましたけど・・・。浅野さんの解説を普段聞いていないせいか、どうも声が土田(芸人)に聞こえてしまってました。

今野起用は植田朝日からのパクリです(笑)。

言われてみれば声似てるのかな? 土田と浅野さん。
まあ、土田はサッカーファンというのでいいんじゃないでしょうか。
さんまほど熱心にチェックしている訳でもないようですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8608399

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカvs日本(TV観戦):

« そろそろレプリカのご準備を | トップページ | 黒いiTunes »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト