« 「現実」は半月後に訪れる | トップページ | 日本vsフィンランド(TV観戦) »

2006/02/19

一種の有名税?

OSX/Leap-A(OSX/Oompa-A)関連
『マックOS X』に初のワーム、脅威レベルは低(HOTWIRED)

Mac向け最新OS対象のウイルス、初確認(asahi.com)

ソフォス、Mac OS Xで最初のウイルスを発見(SOPHOS)

ウイルス情報 OSX/Leap(マカフィー・対応済パターンファイルを入手可能)

F-Secure Worm Information Pages : Leap.A(F-Secure・英語)

Inqtana.A関連
Mac OS Xに新たなウイルス,Bluetoothで感染を広げる(IT Pro)

Sophos virus analysis: OSX/Inqtana-A(SOPHOS・英語)

F-Secure Worm Information Pages : Inqtana.A(F-Secure・英語)

セキュリティ面で心配されていた(ITmedia)Intel Macだが、その普及を待たずしてPowerPC Macを標的としたワームが立て続けに登場。

asahi.comのデジタル面ではトップ扱いで驚くが内容は短い。しかし「ウイルス作成者は世界中のパソコンを感染させるのを狙う「愉快犯」が多いため、ウィンドウズ搭載機よりかなり台数の少ないマック向けのウイルスは極めて珍しい。」(文中から)という一文には同感。
アップルは一時期「安全」をウリにしていたが、それは単に「シェアが少ないので、騒ぎになりにくいから見逃されていただけ」という結果論的なもので、別にMSよりもセキュリティに気を遣っていたからって訳じゃない。実際、セキュリティアップデートの回数は結構なものだったし。
ここんところシェアの割に大きく扱われるニュースが続いたから、とうとう標的にされてしまったんだろう。一種の有名税か。

幸いにしてLeap-AもInqtana.Aもパターンファイルとセキュリティアップデータを常に最新にしている人には被害が及ばないようなので、やる事をやっていれば冷や汗をかく事はない。
しかし、どこのサイトも指摘しているように、これだけ大きく扱われれば模倣犯が出てくる確率は高いので、これまでよりも気を遣う必要はあるだろうな。

« 「現実」は半月後に訪れる | トップページ | 日本vsフィンランド(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8727221

この記事へのトラックバック一覧です: 一種の有名税?:

« 「現実」は半月後に訪れる | トップページ | 日本vsフィンランド(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト