« 元気印 | トップページ | で、スイマーズは? »

2006/01/01

天皇杯決勝・浦和vs清水(TV観戦)

浦和が5度目の優勝 サッカー天皇杯決勝(スポナビ)

健太グッジョブ!
と言いたくなる決勝。
勝者の余裕という事もあったろうが、ブッフバルトも
「清水がいいプレーをしてくれたから素晴らしい決勝となった」
とコメントする事を忘れなかった。

個人的に清水の試合は、シーズン序盤にBS1の中継を見た事しか覚えていないが、なんかチェ・テウクとチョ・ジェジンばっかり目立つチームだった。
しかし、今回は兵藤、枝村といった若手がちゃんと目立つようになっていて、澤登が引退出来た理由が分かった気がした。だから
「健太、グッジョブ!」

さて、試合。
漠然と攻める浦和と守る清水という図式が世間的に出来上がっていたようだが、実際には全く逆。
リーグ、天皇杯終盤の浦和は田中達の不在が災いしてか、サイドからマリッチへ当ててポンテか山田が拾う、という攻撃方法のみが突出してしまい、ピッチ中央ではペナルティエリアボックス内へ飛び込んでいくようなダイナミックな動きがほとんど消えていた。

というわけで今の浦和の弱点といえば、上がって行かざるを得ない両サイドの裏。
この弱点を突くとしたら、攻撃面ではサイドに強烈な人材を揃え、守備面でマリッチを潰せるチーム。それが今の清水の強味とイコールだった。
岡野vs山西&テウク、三都主vs森岡&兵藤という2対1の攻防戦ではいくら何でも厳しい。
その上、ウインガータイプで斬り込んでいくテウクに対する最後の砦がルーキー細貝ってのも浦和には不幸だった。
対して坪井が控える左サイドを攻める兵藤は正確なアーリークロスで詰め寄られる前にどんどんボールを前に飛ばしてしまう。そしてその後ろに控える山西、森岡は奪ったらすぐにアーリークロス。これがまた正確。

清水の攻撃はロングボール、アーリークロスが多い、とは聞いていたが単なる放り込みではなく、スペースや前へ走る味方に向けて糸を引くように飛んでいく「ロングレンジのパス」になっている。
だから脅威。
アーリークロス自体はバロン&三都主(当時アレックス)&市川のコンビネーションで好調だった頃の清水も実は結構多かったような覚えがあるので、お家芸とも言えるか。
このお家芸を活かしつつ世代交代を成し遂げ、残留も出来て、天皇杯では決勝に進出した訳だから、
「健太、グッジョブ!」

不足がちなサイドの守備要員を補うために山田、鈴木啓あたりが救援に向かうのが普段の浦和のサイド守備だが、今回は救援が来る前に正確なクロスが飛んで行ってしまう。
そのため時間が経つに連れて、両サイドの位置取りはどんどん低めに。
特に岡野サイドは気の毒で、テウク&山西のコンビがやりたい放題。
ここまで防戦一方の試合なんて初めてだったろうなあ、岡野サイドの細貝。おまけにチョに蟹挟み喰らうし。

さらに中央でも奪われるとすぐに正確なロングフィードが飛んで行ってしまうので、浦和の選手はパスを出すのが怖くなったのか、単発ドリブル勝負が攻撃の中心になってしまっていた。
コネたがる選手とコネないと駄目な選手が多い事も、追い込まれたらドリブルで突進になってしまう事の一因だろうけど。
落ち着いて散らせる小野を欲しがった訳が何となく分かるな。遠藤辺りを大枚叩いて奪ってきたい事だろう。

これは浦和が得点するにはセットプレーしかないか、と思ったら本当にそのセットプレー(正確にはセットプレー崩れ)から先制してしまうのだから、これがリーグ戦で培われた底力か。

先制された事でむしろ清水の選手の動きが激しくなった辺りでハーフタイム。

後半は、もう清水・オン・ステージ。
浦和のチャンスらしいチャンスといえば森岡がミスって山田がGKと1対1になった時くらい。
後はひたすら、放り込みどころか中盤パスワークの主導権まで握った清水が攻め倒す。
さすがに業を煮やしたのか、ついに岡野OUT、赤星INで、山田が右サイドへ。
これがいきなり功を奏する。
やはり守備力という点では岡野を上回る山田がテウクを抑えてしまい、清水は1つのポイントを失う。

これで浦和の攻撃は活性化、というほどでもなかったが赤星がシンプルにプレーする事でドリブっては潰されていたゴール前の攻め方が一旦整理された。
これが実るのが30分過ぎ。
存在を消されっぱなしだった長谷部が久々に実体化してドリブルして赤星にパス、赤星はワンタッチでポンテへ回しそのままマリッチへ、これをマリッチが決めて浦和が追加点。

しかしその直後、追加点を許す直前に投入された平松がゴール向かって右で潰され、フリーキックを獲得。
これをこれまた投入されて間もない市川が決めて清水が得点。
それまでもいいフリーキックを蹴っていた兵藤のキックが実った瞬間だった。

その後も清水がボールを奪えば清水が圧倒するという図式は続いたが、ここでボールキープに入った三都主を倒した平松が2枚目のイエローカードを貰ってしまい退場。
実際には突き飛ばした事じゃなく、審判への抗議で2枚目。なんだ、そりゃ。

残り5分でチャンスメーカー平松を失ったのは痛かったが、その前に山田相手に不利な戦いをしていたとはいえ、テウクを引っ込めて北嶋を入れた采配もちょっと失敗だった。健太、今回初めてノーグッドジョブ。

一番苦しい時間帯に、キーマン的な活躍の出来る選手が消えてくれたため、浦和は初めて試合を支配下に置く。
そしてそのままタイムアップ。

闘莉王がナビスコでFC東京に負けたとき
「つまらんサッカーしやがって」
と批判したが、どんな形だろうと勝ちは勝ちというその言葉に反するような勝ち方をした今回の浦和はやっぱり「底力」のステージを一段上げていた、という事なんだと思う。

清水は長谷川監督が試合後に笑みを浮かべていたが、多分これで満足。
清水の選手層でアジアに討って出られるとは思えないからね。
それと天皇杯決勝に出たチームは降格しているか、翌年降格したりするチームが最近多いので、若手が勘違いしないよう注意する必要があるかも。

« 元気印 | トップページ | で、スイマーズは? »

コメント

TBありがとうございます。
嬉しさのあまりに沢山お方のブログへTBさせて頂きました。
昨夜の浦和は2nd制覇のときにも劣らず盛り上がったみたいですね。

コメントありがとうございます。
確かに盛り上がってますね。
ウチのブログにもこんなにたくさんTBが来てるくらいですから。w

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/7949166

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯決勝・浦和vs清水(TV観戦):

» 優勝おめでとう!やったぜレッズ [football]
後半マリッチのゴールで2対0勝負ありと思ったが すぐに1点を返される。 厳しい [続きを読む]

» 2006初のサッカーネタ、祝!!浦和レッズ天皇杯制覇 [〜ローナクリンゾのTime after time〜愛と幻想の狭間にて]
浦和に歓喜のお年玉が来ました。 [続きを読む]

» ☆祝!天皇杯優勝!浦和レッズ!☆ [【しろうとサッカー研究所】]
新年明けましておめでとうございます! 今年も楽しくサッカーブログを書きたいと思いますので今年も宜しくお願いします! まずは新年一発目にこの記事を書けて本当に嬉しいです応援している”浦和レッズ”が見事に第85回天皇杯で優勝しました〜個人的には2006年申し....... [続きを読む]

» サッカー天皇杯レッズ優勝!(TV観戦) [one shot]
サッカー日本一を決める第85回天皇杯全日本選手権。 元旦に国立競技場で決勝が行わ [続きを読む]

» 天皇杯レッズがエスパルスに勝ち優勝 [芸能&スポーツ瓦版]
今年の天皇杯は浦和レッズが清水エスパルスを 2−1で破り優勝し浦和ファンの皆さんオメデトウ [続きを読む]

» 天皇杯サッカー 浦和レッズが清水エスパルスを振り切り優勝 [俺的ライフスタイル]
サッカーの第85回天皇杯全日本選手権は東京・国立競技場で決勝が行われ、Jリーグ1部の浦和が清水を2−1で破り、前身の三菱重工時代を含めて25大会ぶり5度目の優勝を果たした。 前身の三菱重工時代から四半世紀。浦和が再び伝統のカップを頭上に掲げた。貴賓席前での表彰式..... [続きを読む]

» 【天皇杯】浦和レッズ優勝By 千春 [Oh! Really? 〜with soccer life〜]
新年あけましておめでとうございます。ワールドカップYearの幕開けですね。2006年はサッカー界が盛り上がりそうですね。このblogも去年、始めたばかりにも関わらず1日89件のアクセスがある日もあり、皆様には感謝しております。今年もワールドカップYearに合わせてblogの方も...... [続きを読む]

« 元気印 | トップページ | で、スイマーズは? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト