« 候補から外れた事はない | トップページ | 読売グループのウリは「愛」 »

2006/01/17

力ずくで「力」を排除(妄想編)

「MacBook Pro」という名前はダメなのか--アップル製ノートPCに対するブログ界の評価(CNET Japan)

前にもちょっと書いたが、ジョブズはPowerという言葉が嫌いらしい。
その証拠にジョブズ政権樹立後のハードウェアからはPowerが消えている。
iMac、iPod、Xserve、Mac mini。

PowerBookという名前はPowerPC搭載前から採用されていたが、毒喰らわば皿までというか坊主憎けりゃ、というか。
Appleが「Power」をやたらと使い出したのは彼の不在時だけに、最後に残った「負の遺産」に思えたのかも知れない。

で、MacBook Pro。
ネーミングに関してはあんまり評判が良くないようだが、商品名だけでこれだけ盛り上がれるのもスタイルにこだわるマカーならでは。
そこに功も負もあるわけだが、単純に面白いので自分も妄想してみた。
ちなみに、妄想であるので細かい突っ込みには耐えられません。

状況証拠
iMacは名称変更無し。
現行iBookとPowerBookの違いはI/Oの多寡やメモリの搭載量程度。CPUだけで見るとほとんど差がない。
Intelのロードマップ(MYCOM PC WEB)。

妄想結果

MacBook Pro 17
G4-17インチの後継。
Core Duo T2600(2.16GHz)を搭載。

MacBook Pro 15
現行機種

MacBook Pro 12
G4-12インチの後継。
Core Duo T2300(1.67GHz)を搭載。

MacBook
Proより薄型で省電力設計。
省電力型のCore Duo L2300(1.50GHz)〜L2500(1.83GHz)を搭載。
サイズ違いが出るとすれば
12にL2300、15にL2400とL2500。
省電力設計という建前上17インチ版は無し。

iBook
iMacの事例にならうと名称変更は無し。
また、コンシューマ向けデスクトップのiMacにはCore Duoを採用したけれど、あれはG5の置き換えだから。
よってMacBookとの差異化を図るためにシングルコアチップを採用するのではないかな、と。
というわけで、Core Solo(1.67GHz)搭載。
サイズ違いは出るかも知れないし、出ないかも知れないし。
Core Soloのバリエーションが増えたら出るかもね。

Mac mini
iMacはノートの延長として考えているのか、そうでないのか。
わざわざ基盤を見比べたりはしていないのでよく判らないけれど、そこがminiとiMacとの違いであるならば、多分デスクトップCPUを搭載。
ただし値段もminiのウリなので、値段が跳ね上がるデュアルコアチップの搭載は無理かも。
で、Pentium 4 6x1シリーズ(CederMill)を搭載。
多分Celeronは使わない。

Mac mini Pro
miniでなければ今年の4月に発表されると噂される全くの新製品。
久々にセパレート型、、、ってい言わないのか最近は、スリムタワー型って言うのか。
ともかくそんなMacが出るかも。
こっちは値段の縛りが厳しくないので、デュアルコアチップのPentium D 9xxシリーズを搭載。
そうでなければアナウンスだけして、7月くらいにConroeを搭載して出すかな。
その場合、アナウンス時期はWWDCになるかも。
miniじゃ無い場合の名前? 「Mac」。

しかし、BTOでCPUだけ載せ換えられれば、こんなめんどくさいラインナップ名を考えなくて済むと思うが。
まあ、そこがAppleなんだ、といえばそんな気もする。

« 候補から外れた事はない | トップページ | 読売グループのウリは「愛」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8198532

この記事へのトラックバック一覧です: 力ずくで「力」を排除(妄想編):

« 候補から外れた事はない | トップページ | 読売グループのウリは「愛」 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト