« 今季一番の大型補強? | トップページ | 日本語を使える幸せ »

2006/01/15

そういえば吉本所属だったっけ

小室哲哉が「チッチキチー」テクノサウンドに「こだまひびき」の漫才乗せた!吉本新ユニット(スポーツ報知)

チ - Single(要iTunes)

「もう落ち目だし無理じゃないか?」
という声が囁かれる中、案の定のスポンサー料未納で大分トリニータを経営危機に陥らせた小室哲哉が、ほとぼりも冷めた辺りで大木こだまひびきを素材に小銭稼ぎを開始。

もしかしたら吉本から「いい加減利益を出してくれ」とプレッシャーを受けたのか?
大木こだまひびきを相手に選んだのは「割と知られた」しゃべくり系の芸人だからかも知れないし、カミさんの意見を採用しただけかも知れないし、他に身体が空いている芸人がいなかったからかも知れない。
もちろん「しゃべくり系」を起用するなら理想はダウンタウンかナイナイに決まっているが、「今更小室と組めってか?」と言われて、、、つ〜か、企画立案段階で吉本側から「無理です」と言われて終わりか。

紹介する手前、一応購入して通して聞いてみたが、、、つまらない。
いや、ネタは面白いけどね。「コラボレーション」という形にこだわりすぎた感じ。
要するに音楽側がBGMになってない。
だからといってサウンドトラックとして「雰囲気醸成」役を請け負っている訳でもないので、いつもと違う部分が面白いって事はない。
人によっては「何を喋ってるのか良く聞こえない」と感じるかも。

漫才のBGMにするのが嫌だったのなら、割り切ってネタの時は音楽を止めちゃって合間に流すなんて形もあったと思うが。
ただ、大木こだまひびきのアートワークは手に入るので、彼等のヴィジュアルを毎日眺めていたいという人にはお勧め。

結論としては、NHK落語シリーズがオーディオブックのトップセラーに延々と入り続けている現状を見ても、普通に漫才を売った方がよかったと思う。
総合トップセラーの上位に来る事はないだろうけど、ロングセラーにはなると思うし。
ザ・ぼんちの「そうなんです」ネタなんてまた聞いてみたいしね。今聞いて面白いかどうかは別として。
ん? ひょっとしてこの曲、漫才コンテンツ提供前のアドバルーン?
そういえばぼんちは「恋のぼんちシート」なんて大ヒットを出してたっけな。とりあえずその復刻とか。

« 今季一番の大型補強? | トップページ | 日本語を使える幸せ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8166927

この記事へのトラックバック一覧です: そういえば吉本所属だったっけ:

« 今季一番の大型補強? | トップページ | 日本語を使える幸せ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト