« オシムの言葉 | トップページ | 大往生に思う »

2006/01/05

殿下iTMS-Jに降臨

(要iTunes)

殿下、モータウン移籍後の初リリース。

今のところ日本版シングルは出ていないようだが、音楽配信系サイトには片っ端から登場。モータウンの底力か、殿下が望んだのか。

知らなかったが、スティーヴィー・ワンダーと「So What The Fuss」(要iTunes)で競演したことが移籍のきっかけになった(ORICON STYLE)のだという。

内容はラテン風味のバックに得意のベルベットファルセットを載せたもの。
面白いか、と聞かれれば、どんなもんですかねえ、と応えるしかない。

K1で「エンドルフィンマシーン」を耳にしてハマッた方、という事は即ちフラストレーションをぶつけてくるようなファンクでぶいぶいとノシたニュー・パワー・ゼネレーション時代と直後のTAFKAP(TheArtistFormerlyKnownAsPrince)時代が好きで最近の殿下はちと喰い足りない、という向きには合わないでしょう。

大多数の中年と同じく、「ビートに抱かれて」のギター・イントロとケツ見せプロモにやられた腐れ縁世代としては死ぬまで付き合いますけどね。
あ、純粋にその頃の殿下の音楽がいい、という人にもお勧め出来ませんよ、残念ながら。

« オシムの言葉 | トップページ | 大往生に思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/8006031

この記事へのトラックバック一覧です: 殿下iTMS-Jに降臨:

« オシムの言葉 | トップページ | 大往生に思う »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト