« G大阪初優勝を目撃(テレビですが) | トップページ | テレ東「美の巨人たち」の見事な構成 »

2005/12/03

川崎vsG大阪(TV観戦)

2005 J1 第34節 結果(J'sGOAL)

大混戦の最終節、対戦相手から判断した場合一番有利だったのが鹿島。一番不利だったのがG大阪。
鹿島に対する柏は、ストレート降格を逃れるという目標を達成してしまって、もはや目指すものが無くなっているだけに、ラモス瑠偉がどんなに頑張ってもモチベーションを上げるのは不可能。そもそも、普段からモチベーションを高く保っているチームなら降格争いなんかしないだろうし。
G大阪に対する川崎は最近まで優勝争いに加わっていたチーム。試合前の段階で6位であることからも、座して死を待つような真似は期待出来ない。

ついでに言えば、C大阪に対するFC東京も、千葉を破ってオシム監督に「我々は駅に着くのが遅すぎた。電車はもう行ってしまったのだ」と名言を吐かせているだけに、「もう一丁大物喰い」というモチベーションは高かった事だろう。

浦和に対する新潟は対戦成績では分が悪い。
今年はナビスコで1回だけ勝っているが、決勝Tには進めなかったし。

千葉に対する名古屋は、普段見ているチームじゃないので復調気配なんだか判断が付かない。雲の上の敵、G大阪に勝ってはいるが、目下の敵ともいえる大宮とか新潟には負けるなんて真似を繰り返してるし。

結局、首位と2位が不利な組み合わせとなったという点も、観戦のスパイスになってくれた。
その証拠に鹿島も浦和も4点叩き込んで相手を完封。
「優勝争いをするチームは強いんだよ」と言わんばかりに格の違いを見せつけてくれた。

さて、実際に目撃した試合、川崎vsG大阪。
最終的に点差は4-2と開いたが、チーム力そのものよりも、肝心なところでの集中力の違いが生み出したものだと思う。

川崎の得点は全てセットプレーから。
対するG大阪の得点をそれぞれ解説すると、1点目は遠藤がゴール前へ通したパスをアラウージョが受け、フェルナンジーニョとワンツー(見事なヒールパス)。これで密集地帯を抜け出したアラウージョがゴール。
2点目はフリーキックから宮本のヘッドが決まったもの。
3点目はPK。仙台を「レッドカードが多すぎる」という仰天の理由でクビになったDF、森勇介がこれを与えたという点で回る因果は糸車。
4点目はショートコーナーをPA内に侵入した山口(多分)がゆっくりとキープ。駆け込んできたアラウージョにパスしてこれが決まったもの。
すぐそばに松波がいたんだから、彼に出して欲しかったな。外したって誰も責めないよ、あの時間帯なら(後半44分)。
この得点のうち、3、4点目は明らかに川崎DFが後手後手に回った結果としてのもの。
特に4点目はDFがまとめて傍観者になっていた。
ここがやはり優勝出来るチームと出来なかったチームの違いか。

ただし、試合展開自体はほぼ互角。
特に前半は川崎のエース、ジュニーニョの動きが良く、しばしばゴール前を脅かしていた。
基本的に自分で持ち込んで自分で決めようとする彼。アラウージョほどパートナーに恵まれていないのが気の毒と言えば気の毒か。
彼の動きを活かした攻撃というと、前半17分、ジュニーニョが持ち込んだボールを我那覇が受けて振り向きざまにシュート。これは外れてしまう。
更に前半35分くらいに我那覇が落としジュニーニョがDFラインを突破しかけるが、シジクレイに止められる。
それから後半23分、DFの伊藤が相手パスをインターセプトし、これをジュニーニョに預けたもの。長い距離をドリブルしたジュニーニョはゴール直前で珍しくパス。これはパスの受け手が反応出来ず失敗。

結局、ジュニーニョを如何に活かすかから始まる川崎の攻撃。
時間が進んで、ジュニーニョ自身の動きが鈍ってマークを外せなくなると共に、川崎の攻撃は沈静化。
ボールを奪う位置も低くなり、これをカバーするためか、ラインを無理に上げようとして裏をつかれるシーンが目立ち、徐々にG大阪に主導権が移っていった。

G大阪は大黒が復帰、遠藤が怪我から復調。
期待された大黒だが、試合開始直後にシュートを放って見せたものの、全体的にはアイデアに対して身体がコンマ数秒遅れて動く感じで、いつもの抜け出しや、サイドに開いてDFを引きはがすといった動きがそれほど見られない。
遠藤は不調だった最近の数戦に比べるとゴール近くに構えて決定的なパスを飛ばすシーンが頻発。ただ、サイドの攻防戦で味方が負け気味だった事と、ジュニーニョを抑える仕事を兼ねていたためか「散らし」は余り出ず、大黒、フェルナンジーニョ、アラウージョに向けた直線的なパスが中心。
川崎が終わりまで粘れたのは、これでG大阪の攻撃が直線的でやや単調になった事もあったと思う。

優勝までの試練とばかりに、後半には効きまくっていたシジクレイが肉離れ、逆転なった後にフェルナンジーニョが遅延行為、それに対してイエローカードを出した岡田主審に拍手して挑発行為を働くという間抜けをやってしまい2枚目イエローで退場を喰らう。

とはいうものの、こうして相手キーマン2人がいなくなったのに、川崎に主導権が移るという事がなかったのは、攻撃方法を変えられなかった事と、相変わらずジュニーニョは抑えられていたためか。この辺りが川崎の限界だったんだと思う。

結局、フェルナンジーニョがいなくなった後にもG大阪が主導権を手放す事はなく、最後の最後に川崎がファールを取られて抗議したりG大阪がそれで与えられたフリーキックを蹴るの蹴らないのでぐずぐずしているうちにタイムアップ。
とうとうG大阪が栄冠をつかみ取った。

アトランタでブラジルを破ったことで世間的な評価は何となく高かった西野監督だが、サッカー観戦者にしてみると、頑迷な選手起用とそれに伴うオフシーズンごとの粛正人事、サイドからの放り込み攻撃に固執して中央に構えるチャンスメーカーを活かさない、ドリブラーを露骨に嫌う等々が相まってあまり評価が高くなかった。未だに彼を忌み嫌う柏サポーターも多いと聞く。
G大阪でもしばらくそんな采配が続いたが、アラウージョ、フェルナンジーニョ、二川といった手持ちのエゴイストやドリブラーを活かす術を試行錯誤していくうちに、魅力的なチームを構築する方法を見つけ出した。
そういう意味では西野監督が成長したご褒美とも思える今回の優勝。
彼が監督としてステージを一段上げたということであれば、岡田監督に続いて「わざわざヴェンゲルを招く事はないだろう」と言える人材が1人増えたということで、誠に喜ばしい事と言える。
2人とも協会との折り合いはあんまり良くないみたいだけど。

結局、この大一番に臨んだ上位陣のうち引き分け以下だったのはC大阪のみ。
格下と言える相手に圧勝してのけた鹿島と浦和、意地の逆転劇を演じた千葉、そして相手の隙を逃さずに決めるべき選手が決めたG大阪。
シーズンを通して極端に崩れた事のないチームが最終的に上位を占めたんだから、順当な結果だと思う。

12/4・宮本のゴールシーンを修正

« G大阪初優勝を目撃(テレビですが) | トップページ | テレ東「美の巨人たち」の見事な構成 »

コメント

TBありがとうございます。
さて一夜明け、この混戦はレベルの低いだんごだったというのがもっぱらの評判みたいですね。
確かに34戦して勝ち点60を超えたのが1チームしかないって、各国リーグ見ても無いですねぇ。
以前おっしゃてたように、まだ1シーズン制の戦い方がわからず、チームが崩れてしまった時の立て直しに時間がかかったからでしょうかね。

TB返しありがとうございます。

>まだ1シーズン制の戦い方がわからず

代表選手が厳しい時期に引き抜かれたりしたのはG大阪も鹿島も同じでしたから、そういう事なんでしょうね。
ただ違う見方をすると、ポイント数はどうあれ1シーズン制の戦い方を知らなかった日本人指揮官が栄冠を勝ち取ったのはJにとって良い事だったかな、とも思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/7448463

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎vsG大阪(TV観戦):

» Jリーグ最 [kamocube]
Jリーグ最終節 一人祭り開催 [続きを読む]

« G大阪初優勝を目撃(テレビですが) | トップページ | テレ東「美の巨人たち」の見事な構成 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト