« ルノーV10の妙なる調べが | トップページ | 東京モーターショウ動画(高級車編) »

2005/11/10

とりあえずやっとけ賞

日本カー・オブ・ザ・イヤー2005-2006決定!(COTYJ 2005-2006)

メルマガ「自動車ニュース&コラム」によれば、今年のCOTY・ベストバリュー賞は、ノートアウトランダーで票が割れて該当無しになったのだという。

今年の初めから日産の稼ぎ頭だったクルマと、売り出して半月しか経たないクルマが互角の勝負をしてしまった。
実燃費やランニングコストもまだはっきりしないクルマを「お買い得」としてしまっていいのかね。

まあ、他の賞に比べれば選考基準が「お手頃値段、それも相対的に」という曖昧なものだけに、「手ぶらで返すのも悪いし」的な票を集めやすいんだろう。
常設審査員特別賞、か。

レクサスGSが受賞を逃した事で一般紙からも色々揶揄されているようだが、彼等の本命は来年のLSだろうから、プリウスで逃したときほどのショックは受けていないと思う。

« ルノーV10の妙なる調べが | トップページ | 東京モーターショウ動画(高級車編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/7026599

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえずやっとけ賞:

» 3大カー・オブ・ザ・イヤー [くるまこのみの雑記]
11月は、カー・オブ・ザ・イヤーの季節らしい。 発売1年に満たないクルマを‥ひど [続きを読む]

« ルノーV10の妙なる調べが | トップページ | 東京モーターショウ動画(高級車編) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト