« 東京モーターショウ動画(高級車編) | トップページ | 華のない終末(週末) »

2005/11/12

G大阪vs浦和(TV観戦)

2005 J1 第30節 結果(J's GOAL)

ナビスコ杯決勝で「日本一大一番に弱いチーム決定戦」を制し、天皇杯でもJ2下位の横浜FC相手に大苦戦したG大阪だけに、今回の試合前の諸々は浦和有利で進められ、実際試合もそのとおりになった。
違ったのは結果だけ。

大一番はお互いに様子を伺いすぎて退屈な展開になったりするが、今回はそんな事はなかった。
ひたすら浦和がこれでもか、これでもかと攻め倒す展開。(笑)

G大阪に良いところが無い訳ではなかったが、彼等の時間帯と呼べたのは前半30分から40分くらいまでの間。
それも斬れに斬れていたフェルナンジーニョにボールが渡った時だけ、突如として青黒のユニフォームが輝いて見える、といった具合。
他に印象に残った選手は、カウンターに抜群の冴えを見せた一番鉢巻のアラウージョ、そして神懸かりセーブを連発した藤ヶ谷。
試合を通じて一番安定していたのは藤ヶ谷だろう。

しかしフェルナンジーニョは素晴らしかった。
チーム全体が守備で手一杯になってしまった試合終盤では何もする事がなかったようで入江と替えられてしまったが、そうなるまではDFをワンフェイントで交わすだけで、自分でシュートするなり、アラウージョに任せるなり、といったよりどりみどりの選択肢を手に入れて、そのうち1つを直接ゴールに繋げてみせた。

フェルナンジーニョ1人に敗北したと言える浦和だが、主力選手の離脱も影を落としていた感じはある。

まずFW。
田中達がいないので、三都主をFW登録していたが、試合を通じた彼の動きは完全にサイドハーフ。結果、1トップという形になるが、MFとマリッチの食い合わせが悪かった。
マリッチのすぐ後ろに控えるポンテは、DFの裏に抜け出す味方にラストパスやラスト1個前パスを出すのが本業で、前へ飛び込んでいくような動きはレパートリーに無い。だからマリッチが落としたボールを身体ごとゴールに押し込むような泥臭い働きは期待出来ない。というか、今の浦和はその手の人材を欠いている。山田辺りをトップ下にしたらやりそうだけど、彼の場合は守備に気を使って後ろに行っちゃいそうだからな。
だから前半のマリッチは孤立。せっかくボールが渡っても救援が間に合わない、という場面が続出し、浦和は攻めているのにシュートがないという奇妙な攻撃を見せていた。
ただ、これは後半、指示が出たのか選手間で話し合ったのか修正が施され、マリッチは積極的に裏へ飛び出す動きを始めていた。結果、G大阪の守備陣は浦和の猛攻にさらされる事になる。

そしてMF。
3センターハーフを採用し、長谷部、酒井、山田と並べていた。最初は「長谷部と山田がいるのに何で酒井も?」と一瞬混乱したが、いつもより中盤構成員が1人多いからだと、しばらくして気が付いた。
前線にボールを送り届ける役が長谷部と山田で、酒井が守備専業。
しかしこの形、本来なら鈴木啓が酒井のポジションだったろう。
負担の大きい仕事が舞い込んでくる場所だけに、クラブのために死ねる彼でなければ厳しかったと思う。
結局、山田と長谷部はアラウージョ、またはフェルナンジーニョvs酒井という1対1を避ける意味もあってか、それほど前線には顔を出せなかった。
これもマリッチ孤立の原因。
そして後半半ばで酒井OUT、横山IN。更に上がったまま下がらない闘莉王に替わって山田がCBの真ん中へ。
酒井にCBを任せるのは難しいということが判っているなら、守備専業MFを担当させた浦和ベンチの判断はやはりいまいち不可解。
開き直って最初から闘莉王をトップ、山田をCBにしても良かったよな。

結局、フェルナンジーニョがボールを持つと好きに出来たのは、中盤守備に小さいけれども確実な「穴」があった、ということだったんだと思う。
他の選手では突けないくらい小さい穴だったかも知れないが。

また浦和はひょっとしたら「こいつは大一番」と意識しすぎたのかも知れない。
前半、ゴール前FKの際、闘莉王、山田、三都主が集まって色々話し合い、妙に凝ったキックをしてあっさり外していたのを見てそう思った。
後半の後先考えない攻撃を繰り出していた姿が本来だろう。
前半からず〜っとこの攻撃を続けていれば、G大阪の足も止まっていたかも知れないのに。

ところでこの試合とは関係ないが、千葉のフクアリは満員御礼だったという。
あの1万人集めるのに苦労するチームが、とうとうブレイク出来た。
一時期、この千葉を含めJリーグで一番盛り上がる試合が降格争いだった時期もあったが、今のように優勝争いで盛り上がるのが健全な形だろう。
G大阪の視点で見れば、次のクライマックスは「走る千葉」「潰す川崎」との連戦かな。

« 東京モーターショウ動画(高級車編) | トップページ | 華のない終末(週末) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/7067567

この記事へのトラックバック一覧です: G大阪vs浦和(TV観戦):

« 東京モーターショウ動画(高級車編) | トップページ | 華のない終末(週末) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト