« そして再びインディーズ | トップページ | 大分vs千葉(TV観戦) »

2005/10/29

浦和vs川崎(TV観戦)

浦和闘莉王決勝点「神様のおかげ」/J1(日刊スポーツ)

え〜っと、結局カード何枚出たんだ?
イエロー8枚くらいまでは数えたが、途中でわからなくなってしまった。(J'sGOALで確認したら10枚)
レッドは1枚だけだけど、イエローの数だけなら新記録じゃないの?

ただ、後半30分過ぎくらいに原田が長谷部に見舞ったバックチャージを除けば、試合自体は削り合いってほどでもなかった。
都築に入ってしまった都倉のキックは判断ミス(ちゃんと前を見ろ)が招いた感じで、多少同情の余地があったし。
結局、主審が荒れてただけ。
ファールを取りまくるように見えて、マリッチが蟹挟みを喰らっても見逃すなど、前半始めの方でファールの基準が崩壊。
そのうえ選手交替を告げるボードは見逃すし、アドバンテージは取らないし、ゴールキックを「間違えた」からコーナーキックに変更してしまうし。

「ファールの基準がよく分からない」試合を見るのは結構疲れる。
「あ、ファールだ、試合切れるな」「これくらい流すだろ、試合続くな」ということの判断が全く付かないため、集中観戦モードオンオフの切り替えが出来ないから。
前半ロスタイム、川崎にFKが与えられた直後に、スタンドで観戦中の鈴木啓の大あくびが大写しになってしまったが、彼も見ていて疲れたんだろう。
昨夜遊びすぎた、とか、しょっぱい試合だなあと思っていたからではないと思う、多分。

さてジャッジを除いた試合内容だが、性善説に基づいて書けば「ポゼッションの浦和とカウンターの川崎」、意地悪に書けば「カウンターの出来ない浦和とポゼッションの出来ない川崎のせめぎ合い」。

まあ、川崎は「ポゼッションサッカー出来るくらいなら、ジュニーニョ頼みのサッカーなんか最初からするかよ」という、選手層から来る選択肢の問題であるので今更なんだかんだ言う事はない。

浦和は、解説の福田正博(カウンターの申し子)も言っていたが、田中達が倒れてしまうとカウンター向きの点取り屋がいなくなってしまう。
カウンター向きのスピードのある選手として永井と岡野がいるが、2人とも今や右ウイングバック。純粋なストライカーではない。
強いて言えばたまに永井を起点にカウンターを行う事もあるが、今日はアウグストに上手く抑えられてしまった。

更に、今日の浦和はマリッチの1トップにポンテ、長谷部の2トップ下というフォーメーションだったが、2人ともマリッチが落としたボールに飛び込んでいく、というシャドーストライカータイプではない。
そのためマリッチは
「敵を背負いつつトラップして、後ろに控える味方の足下に向けてパスを出す」
という難易度の高いポストプレーをする羽目になってしまい、カウンターに限らず全体的に攻撃のスピードが上がらない。
前半34分に都築のゴールキックをマリッチがヘッドで落とし、これを飛び込んできた三都主が決めたが、今日のトップ下2人に求められていたのはこのプレーだろう。

三都主も対峙した長橋が全く駄目だったからこそ、こんなプレーを実行出来る余裕が出来たんだろう。いつもいつも自分の仕事場を放り出してまで一々真ん中に走っていく訳にも行かないし。

攻撃にスピードがない故、守備への戻りが速い川崎相手にスペースを埋められて仕方なくボールを持つ消極的ポゼッションサッカー。苦戦するのも仕方がない。CKの圧倒的な数の少なさが、シュートすら撃たせて貰えなかった事を良く表している。
特に前半は都築の素晴らしいセービングが無ければどう転んでいたか分からなかった。

ところが、その都築も前半ロスタイム、マルクスにFKを決められてしまってからややおかしくなる。
このFKは中田英がゴール近くのFKでたまに見せる
「技術的には凝らないが、相手の裏をかいて直接ゴールを狙う」
というもの。
中田英はこの前のWBアルビオン戦でやっていたが、これをやられたらGKは後を引くだろうなあ。
そんな訳で後半の都築は、川崎CKの時に転けてしまったり、飛び出していって抜かれてピンチを招いたりと精彩を欠いてしまった。

そうなるとただでもジュニーニョを警戒していて低めだった浦和DFラインは更に深い位置に下がってしまい、お陰でセカンドボールはほとんど川崎のもの。
川崎がいつ得点してもおかしくないような状況に陥ったが、守備的に振る舞えば相手を抑えられるのが浦和の地力。

30分くらいまで攻め込まれながら何とか耐え抜くと、長谷部がドリブル突破してPA内で低いクロス。これは闘莉王がシュートするも相澤が弾き返すが、腰痛で外れた永井に替わって入っていた平川が拾ってポンテへ。これをポンテがクロスしてゴール前に残っていた闘莉王がヘッドでゴール。

その後、平川まで肉離れで外れてしまい、岡野IN。
主審はロスタイムを表示より1分余計に取って、アウト・オブ・コントロールな試合のダメ押しをしたが、何とか浦和が逃げ切った。
個人能力に優れた選手が生み出した「ほんのちょっとの差」に川崎が泣いた感じ。

でも今日の主役は間違いなく家本主審と川崎DFの佐原。
主審は説明不要。佐原は2つの見所を作った。
まず、かなりユルい感じのPA内ファールをイエロー扱いにされてしまいPK。
これを三都主に決められて先制を許したかと思うと、後半にはコーナーキックをヘッドで合わせてゴール! 借りは返したかと思った瞬間にファールで取り消し。
その後FW都倉と交替したが、その際にツキの無さまで交替相手にきちんと引き継いでいったらしく、前記のとおり入って3分で一発レッドを喰らってしまった。
今夜川崎の飲み屋で佐原&都倉が暴れていても、同情の余地はあるな。

« そして再びインディーズ | トップページ | 大分vs千葉(TV観戦) »

コメント

なるほど、アレクが珍しく良く見えたのはそういうことですか。
メンツの関係もあるのかもしれないですが、いつもああいうパフォーマンスならば文句は出ないんですがねぇ。
前半の都筑は確変入ったように止めてたんですけどねぇ。
川崎のカウンターとセットプレイはやはり脅威ですね。

にしても、この試合の主審は確かに酷かったです。
佐原のヘッドはかわいそうすぎでした。
ということで、そんなグダグダな試合は副音声でごまかしてました。
水沼さんの「一進一退です」ってお決まりのセリフがいいんですよねぇ。

まあ、三都主が良かったのはそれだけではない、と信じたいですがw

久々に「凄いジャッジ」を見せて貰いましたが、浦和戦の主審はもっと慎重に選んだ方がいいでしょうね、やっぱり。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/6730792

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和vs川崎(TV観戦):

» 浦和辛勝 [football]
後半、川崎のペースダウンに救われて 闘莉王のヘッドで勝利! 万博に乗り込みガンバ [続きを読む]

« そして再びインディーズ | トップページ | 大分vs千葉(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト