« 入れ喰いのクルマ | トップページ | もはやこっち(iPod&iTunes)が本業? »

2005/10/13

日本vsウクライナ

日本、10人で健闘するもPKの一発に泣く 0−1で敗戦(スポナビ)

そんなにちゃんと見ていた訳でもないので雑感。

中田浩のレッドは微妙といえば微妙だったが、彼は1試合に1回は激ヤバなミスを犯す事が多いので、可哀想だが妙に納得もしてしまった。

トルシエが彼をマルセイユに呼んだとき、
「左サイドならどこでも出来る」
と語り、一部ファンから
「また左サイドかよ、奴はボランチだろ」
と嘲笑や憤慨を買ったが、上記の特質を踏まえて
「真ん中は危ない」
と考え左サイドに置いた、という事だったのかも知れない。
勿論、欠点に目を瞑っても使いたい選手であることも事実なんだが。

試合に関しては、縦方向にも横方向にもボールが空を飛んでいる時間が長いウクライナの攻めには少々笑った。単調さに変化が加わるのはチャンスメーカーらしいリクンが絡んだときくらい。それも後半には引っ込んじゃったし。

アイデア勝負のパスの数だったら、正直日本の中盤の方が数多く出していた。
ヨーロッパでW杯予選を突破した国との試合でもそう感じるんだから、色々腐されはするものの、やはり日本は中盤王国なんだな。
そのアイデアを結果に繋げられないのが痛いんだが。

CBを務めた茂庭と坪井のコンビは良かったと思う。
中澤&宮本に負けないレベルというんじゃなくて、コンビワークが出来ていた、という意味で。
ストッパーの茂庭とカバーリングの坪井という、お互いの特質がちゃんと生きていた。

宮本と組ませるなら坪井よりも茂庭だな。
中澤と田中誠はどっちも出来るからいいけど。

個人的にこれは凄い、と感じたのは後半の選手交替。
左利きのドリブラー・三都主に替えて左利きのドリブラー・村井を投入した事。
凡人なら、バックアッパーのテスト起用だからいつも使っている三都主じゃなくて村井をスタメン、とするところだが、そうしないところがやはり神。何か深い考えがあるに違いない。
「あ、忘れてた、テストしないと」
といううっかりが原因では決してない、多分。

« 入れ喰いのクルマ | トップページ | もはやこっち(iPod&iTunes)が本業? »

コメント

>上記の特質を踏まえて
>「真ん中は危ない」
>と考え左サイドに置いた、という事だったのかも知れない。
あぁ、納得。
それで、トルシエさんも痛い目見てますからね。

三都主はきっとあれですよ、ピッチ上でのジーコの通訳だから、スタメンで必要だったんですよ。
・・・と、かばってみるものの、もはやそれしか存在価値が無いような。

本当、日本は中盤王国ですね。

通訳で思い出しましたが、「ジーコ番」の通訳さんによると興奮状態のジーコは「長嶋語のポルトガル語版」みたいな感じで、何を喋ってるのか分からないそうです。

だから、試合終了直後とか、明らかにエキサイトしている時のジーコのコメントは「超訳」と思ってくれた方がいいとか。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/6385654

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsウクライナ:

« 入れ喰いのクルマ | トップページ | もはやこっち(iPod&iTunes)が本業? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト