« あっさり公開 | トップページ | ラリージャパン2005動画-6 »

2005/10/22

浜松のラテン系

スズキとフィアット、ディーゼルエンジンのライセンス生産検討について基本合意(スズキ)

乗用車用ディーゼルエンジンとしてはBMW製と並んで評価の高いフィアット製ディーゼルをスズキがゲット。
ちなみに、ここで「評価が高い」とは「ガソリン車と比べてドライビングフィールが遜色ない」という意味で技術面の話ではない。

以前ほどでないとはいえ、フィアットとGMは今でも深い関係があるので、その繋がりからか?

アルファやランチアでもベースとして使用されているエンジンではあるが、各社で色々手を加えているので全く同じ、という訳ではない。

ただ、スズキは国内向けにディーゼル搭載車を発売する気があるだろうか?
軽油の脱硫(サルファーフリー)化も進んできたようなので、エスクード(スズキ)辺りに載せてもいいと思うが。

サルファーフリーガソリン、サルファーフリー軽油 世界に先駆けて2005年1月から全国供給開始(石油連盟)

しかし21世紀になって国産車がイタリア製のエンジンを載せるようになるとは思わなかった。
トヨタやホンダほど体力もなく、日産のようにルノーと提携している訳でもなく、スバルのように「エンジン=アイデンティティ」という訳でもないスズキならではの選択。
マツダはどうする?

ガソリンも高くなったし、もしエスクード・フィーチュアリング・フィアットが発売されたらちょっと検討したい。
「エンジンだけならイタ車だぜ」という無意味なプチ自己満足に浸れるかも知れないし。

« あっさり公開 | トップページ | ラリージャパン2005動画-6 »

コメント

欧州マツダの場合は、フォードがPSAと共同開発したディーゼルを搭載しています。

なるほど。そう言えば提携してましたね。
コメントありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/6518141

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松のラテン系:

« あっさり公開 | トップページ | ラリージャパン2005動画-6 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト