« そしていよいよ今日 | トップページ | 疾り続ける男達 »

2005/10/04

ラリージャパン2005、最初の感想

SS4の新井敏弘

SS4の新井敏弘(クリックで拡大・416KB)

生きて帰って参りました。

十勝の皆様、大変大変お世話になりました。
来年もまたお邪魔します。

動画はそのうちUPします。
はっきり言って大した映像は撮れなかったけど。
やっぱWRCカー速くて(苦笑)

さて今回、観客にとって去年との一番の相違点はJTBが主催する現地ミニツアーに参加しないと見られない林道SS(パウセカムイ、パンケニコロベツ)があった事。
しかし、これは失敗だったかも、、、、。

自分が行ったのはSS25のパンケニコロベツだが、まず客が入っていない。去年は埋まっていた席がガラガラ。
まあ撮影には楽、、、と思っていたら最前列の席取り合戦でやや殺伐とした雰囲気に。
そのうえ、観客達を半ばヤケ気味とはいえ盛り上げてくれたDJが今回はいないため、し〜んとした中をWRCカーが駆け抜けるという、どこか不思議な観戦体験となってしまった。
実際に目の前をWRCカーが走っていけば多少は歓声が上がるものの、普通にチケットを売っていた林道SSと比較すれば観客の絶対数が少ないので寂しいもの。
地元からの出店もお買い物はラリーパークで、ということだったのかほとんど無かったし。
駐車場所の分散化とか色々考えた結果の事なのか、単にJTBがカネになりそうって事で観客席をまとめ買いしたのか知らないが、来年は考え直した方がいいねえ。
一番しっかりした「観客席」があるSSなのにもったいない。

次にあった相違点は北愛国サービスパークの入場有料化。
去年も有料ではあったもののSSのチケットを見せればタダで入れたので実質無料だったから、はっきり言って不評。
ただ、個人的には十勝地方への所場代ということであればいいのかな、という気もする。
「2000円をタダにするなら、他の事に金を使うのに」という意見も雑談の中から聞こえてきたが、それはどうかな、と思うし。
十勝地方の住民にはタダで開放した方がいいと思うけど、、、札内SSSは近所住民にタダ券を配ったようだったから、既に実施しているのかな?

チケットに関してはシャトルバスの雑談の中で出ていた意見で「入場代もバス代も通し券があればいいのに」というのもあった。
確かに。
3日通し券を買うと1000円引き、2日通し券なら500円引きとかいう値段設定にすれば多少は不満も収まるかも知れないし。

あとオフィシャルの誠意は去年と同じく熱いものを感じさせてくれたが、林道SSで前の方に陣取って立ってしまう客を他の客が注意する、という状況は如何なものか。
あれはオフィシャルが注意すべき事だよなあ。そういう事を言いにくいのは分かるけれど。
あとレースが始まったら前で立ってるオフィシャルは座った方がいいね。

客のマナー関連で言えば、本来禁煙の林道SSで喫煙している人たちが大勢いた。
赤瀬川源平が映画に関するエッセイの中で映画館の中での喫煙に対し、
「喫煙という行為は社会や規則に対するちょっとした反抗なのかも、だからタバコの広告はマッチョな雰囲気のものが多いのでは」
と語っていたが、そのとおりの行動。
まあ、自分も常習喫煙者なので大きなことは言えないが。

みんな吸い殻は携帯灰皿に捨てていたみたいだけれど、自分が目にしたTVクルーは平然とポイ捨てしていた。
あれで山火事にでもなってラリージャパンが中止になったら、あいつのせいだよなあ。

去年は、開催した、というそれだけで奇跡を感じたために目に付かない事が目に付くようになってしまった。これが「すれた」という事なのかな。

« そしていよいよ今日 | トップページ | 疾り続ける男達 »

コメント

お疲れ様でした!! RJ2005の、ダイジェスト観戦記ですね!(^^)

僕は結局は行けませんでしたけれども、行くつもりで観戦プランを組んでいて、ちょっと『ん?』って思った懸念が、いくつか含まれてましたね~。北愛国の有料化とか、ヌプリパケ等のSSのJTBツアーオンリーとか…。

まだ開催2年目なんで、試行錯誤の状況の所も多いんでしょうが、昨年に比べて『改悪』と思われる点が特に目立った分、将来に関してちょっと不安な面も露呈してしまったような気が…。

このままだと、もし来年行けたとしてもSS観戦は、陸別サーキットのみになってしまいそうだなぁ…。

ともかく、今後末永くRJが開催される事を願うばかりです!!

返事遅れて申し訳ありません。

もうちょっとちゃんとした観戦記を書こうと思っているんですが、動画編集作業と平行して書くのはさすがにキツいですねえ。(苦笑)

今度はいい面も書きます。

ただJTBオンリーのツアーは、やはり問題。
集合から解散までの時間が長すぎたりするんですね。

他の林道SS観戦や北愛国SPでの選手出迎えを諦めなきゃならなくなるので、パウセカムイのSS5は仕方なくすっぽかしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/6241859

この記事へのトラックバック一覧です: ラリージャパン2005、最初の感想:

« そしていよいよ今日 | トップページ | 疾り続ける男達 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト