« ラリージャパンの準備では | トップページ | iTMS-Jには無い傑作 »

2005/09/20

アメリカ人も燃費にはこだわる

New or redesigned car models: Hits and misses Most-improved models(ConsumerReports)

New or redesigned car models: Hits and misses Most-disappointing car models(ConsumerReports)

米コンシューマーリポーツ誌による「FMC、またはMCで頑張ったクルマとがっかりさせてくれたクルマ」。
勿論、悪口の方が面白いので「がっかり」の悪口部分を超訳して引用。この危なっかしい翻訳では不満という方は原文の方をどうぞ。

BMW 530i
強力なドライブトレインとわずかばかり広くなったリヤシートを備えるが、ハンドリングは機敏とは言い難い。その上、直感的な操作ができずに苛つかせてくれるiDriveがドライビング体験を台無しにする。

エンスーに言わせると「正規販売店のBMWは足回りの味付けがアメリカ仕様と一緒だからダメ」ということらしいが、そのアメリカでも同じ事を言われている模様。iDriveが訳分からんというのは世界共通認識か。

フォルクスワーゲン トゥアレグ
コントロール類は複雑でインテリアの見た目はパサートワゴンに劣る。そしてその車重は加速と燃費を犠牲にする。

兄弟車・カイエンも高い癖に安っぽい、X3の方がマシと評判だが。

シボレー コロラド
盛大な振動に苛つかされるうえ、インテリアは配置も仕上がりも貧相だ。

この手のクルマにも快適性や豪華さは求められるものらしい。

ジープ リバティCRD
ガソリンエンジン(リバティ)をよくぞスモールSUVに採用したものだが、残念ながらこいつはガソリン喰いだ。ディーゼルエンジンの方はもう少しマシに見える。改良された他のディーゼルを知らなければの話だが。このディーゼル(リバティCRD)はうるさく、遅く、燃費も18mpgしかない。(1ガロン辺り18マイル、リッター7.6キロ程度)

他は褒め言葉の後に悪口、という感じだが、これは最初から最後まで燃費に関する悪口しか書かれていない。ジープにも燃費は求められるんだなあ。

レクサス GS300
静かで上品で分かり易いコントロール類を備える。しかしハンドリングは曖昧で、ステアリングはフィードバックに欠け、キャビンは狭い。

まあ、そろそろ無くなるクルマだけどね。レクサスは旦那仕様という話は以前からある。日本に逆上陸する際にスポーティな味付けをしたらしい、というのも面白い。

FMC、MC車を「だめじゃん」と評価することのある国内の雑誌はMagXとオートカーくらいか。
MagXは匿名座談会方式にして逃げてるけど。
あれだけ偉そうな事を言ってる彼等は普段からプレストン・タッカーや本田宗一郎が羨むような素晴らしいクルマを作っているんだろうね。
オートカーは署名記事な分だけ潔い。記事内容とは関係ないが、ウェブサイトは構造がホビダスオートと入り組んでいて分かりにくいけど。

« ラリージャパンの準備では | トップページ | iTMS-Jには無い傑作 »

コメント

MagXの座談会形式は、創刊当時(一人)からどんどん人数が増えていますね。
でも全員の論調が一緒で、どう考えても一人で書いてるとしか思えない (^_^;

それなりのキャラクターを出して箔付けしているつもりなんでしょうね。
1人の意見に対して誰も反論らしい反論をしないので、とても仲のいい人達なのだと思います。(笑)

※コメントが重複していたようなので削除させて頂きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/6020162

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ人も燃費にはこだわる:

« ラリージャパンの準備では | トップページ | iTMS-Jには無い傑作 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト