« 浦和vs横浜FM(TV観戦) | トップページ | 生存確認情報(レイ・デイビス編) »

2005/09/25

G大阪vs鹿島(TV観戦)

2005 J1 第25節 結果(J'sGOAL)

毒気に当てられた試合。

これまでは大一番で奇策を労した挙げ句、自ら墓穴を掘っていた西野監督だが、今回はちゃんとベストメンバー&いつものフォーメーションで勝負してきた。変われば変わるなあ。

そのためもあってか試合開始直後からガチンコのぶつかり合い。
戦術、戦略知った事かと、相手ボールになれば手近の敵をとっ捕まえ、味方ボールともなるとCB以外はそれっと上がっていくトータルフットボール状態。
攻撃時に残るのはお互いCBくらい。鹿島の攻撃時間帯がいくらか長い気がしたのは、CBが1枚少ないからか。

鹿島優勢の原因はそれだけじゃなく、深井の突破にシジクレイが振り回されたから。神戸時代に「いい選手だけど足が遅いな」と感じた事を思い出した。
だから後半、深井を下げて鈴木を投入した采配には疑問が残る。
たしかにG大阪のお家芸、終了間際のDF大ポカのおかげでアレックス・ミネイロの同点ゴールをアシストできたが、それまでG大阪守備陣が一息つけていたのも事実。

青木から受けたバックパスを中途半端にクリアして大黒様に決められてしまった曽ヶ端の映像はそれこそ今夜から明日のスポーツニュースで何度と無く流されるんだろうが、すぐ立ち直って安定したプレーを見せていた事には触れて貰えないんだろうな。
その2分後に全く同じようにバックパスをさらわれかけたところをリカバーした藤ヶ谷の方が危なっかしかった。DF陣との連携が上手くいっていないような。

後半に小笠原が存在感を発揮できなくなったことを考えると、大ポカで勝てる試合を落とした感じのG大阪。
ほとんど負けていた試合で勝ち点を獲得できた鹿島はラッキーだったが、この布陣ではこの先厳しいらしいことも分かってしまった。
こういう場面では大抵下位に取りこぼししていた千葉が清水に勝ち、勢い勝負のC大阪が勢いに乗ってきた。磐田も浦和も何とか残ったし、まだしばらく楽しめそうだな。

« 浦和vs横浜FM(TV観戦) | トップページ | 生存確認情報(レイ・デイビス編) »

コメント

>すぐ立ち直って安定したプレーを見せていた事には触れて貰えないんだろうな

スーパーサッカーでは一応いいプレーも触れてましたよw
でも、大黒へのパスだけが印象に残ってしまうんでしょうね。
藤ケ谷は個人的には好きなGKなんですけど、まだまだ危なっかしいですね。

確かに、この試合見たら横浜-浦和の試合を忘れてしまいますねw

ああ、見るの忘れてた、、、。

私も藤ヶ谷はG大阪育ちならではの上手いGKだと思います。
今のところプレッシャーに負けるのか、DFとの連携がちぐはぐになってしまうこともあるようですが。
シジクレイを怒鳴りつけるのは勇気が要るでしょうけどねえ。

自分へコメント。
G大阪育ちのGKは松代だって、、、。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/6101707

この記事へのトラックバック一覧です: G大阪vs鹿島(TV観戦):

» ガンバ大阪vs鹿島アントラーズ首位攻防戦(Jリーグ) [ブログで情報収集!Blog-Headline/sports]
「ガンバ大阪vs鹿島アントラーズ首位攻防戦(Jリーグ)」に関連するブログ記事から... [続きを読む]

« 浦和vs横浜FM(TV観戦) | トップページ | 生存確認情報(レイ・デイビス編) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト