« 将来の人気オプション? | トップページ | 群馬に帰って来いよ、山口 »

2005/08/16

走る座椅子とリビングルーム

色々勉強させて頂いているくるまこのみさんの没個性的な個性からインスパイアのインスパイア。

ちなみに元ネタのasahi.comはリンク切れ。でもここに残ってた。

日産セレナ 40万円高くても、改装モデル人気(gooニュース)

ホンダのフュージョンは元々「隠れた名車」みたいなところがあり、生産停止になる前にそのバイクと一緒に峠道を走ってみたところ、「たかがスクーター」の分際でひらりひらりとコーナーを抜けていく様を見せられて驚いた事がある。
乗り手は自分など足元にも及ばない技量の持ち主ではあったものの、この「通勤バイク」を高く評価していて
「これでもうちょっとパワーがあれば言う事無いね」
と絶賛していた。
高速道路のカーブをハングオンしなけりゃ曲がれない速度でクリアしてのけるライダーがそこまで誉めるスクーターを作ってしまうとはさすがホンダ、と感心したが、その後、彼の欲求を満たすハイパワースクーターが本当に出てくるとは思わなかった。

本来は利便性を追求すればいい車種にまで「サーキットの魂」を注入してしまうのが良くも悪くもホンダ。これが「走りすぎるミニバン」オデッセイにまで連綿と続くわけで、フュージョンはオデッセイの元祖と言えるのかも知れない。

まあ、ある意味では崇高な姿勢と言えるんだろうが、結局フォロワーに「楽で速い」という部分をつまみ食いされて出し抜かれると、そのフォロワー共々徐々に変な方向へ走り始める、なんてところまで共通している。まあ、これはオデッセイの方が先だったが。

気が付けば、休日のファミレスやホームセンターには似たようなカスタムを施した「GT-R風味のリビングルーム」と「雰囲気ハーレーの座椅子」が駐車場を占拠する事態となった。
そういえばミニバンとビッグスクーターってユーザー層もよく似てる。

個人的にはこんな取り回しの悪いクルマやバイクのカスタムに金をかけるくらいだったら、別に「アシ」用の軽四なり自転車なりを買ってTPOに従って使うのが「豊かな」気がする。
まあ、軽四は買えても2台分の「維持費」は払えないんでしょうな。
そう思ったから「半端に豊か」。

« 将来の人気オプション? | トップページ | 群馬に帰って来いよ、山口 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/5487983

この記事へのトラックバック一覧です: 走る座椅子とリビングルーム:

« 将来の人気オプション? | トップページ | 群馬に帰って来いよ、山口 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト