« コンフェデ動画 - セレソン in ハノーバー(到着3) | トップページ | コンフェデ番外編-テレビの中の皇帝 »

2005/07/04

浦和vs新潟(TV観戦)

2005 J1 第13節 結果(J's GOAL)

アンデルソン・リマのポジションってサイドバックだったんだ。
テレビではよく分からなかったが、イエロー2発で退場になるなど愛すべきネタ系の香りが漂ってくるが、どんなもんだろう。

対する浦和はアルパイ退団、ネネ負傷、エメルソン行方不明と外国籍選手がいない。
そのせいか攻撃、守備共にまとまりはあるものの、やや迫力を欠く印象。
少なくとも去年の好調時に見せた、注射器のプランジャーのように相手をゴール前に押し込めてしまう力業プレスは感じられない。

もっとも今回の新潟は押し込められなくても勝手に自陣内にこもってしまったから、プレスの必要もなかった。
多分、これは山口素がベンチスタートだったから。
最近はスタメンじゃないんだろうか?

替わりに中盤の底に入った桑原はボランチと言うよりアンカーで、トップ下に位置する事の多い相手チャンスメーカーを潰す事を使命とするらしい。

ところが浦和のプレーメーカー兼チャンスメーカー・長谷部はトップ下よりもうちょっと下に位置する。
トップ下に位置する山田暢はミドルシュートと高い位置からのプレスを仕事とするので、桑原の相手とは違う。
であれば桑原が長谷部を追っかけ回せばいい気もするが、そうはせずにDFラインまで下がって平川やサイドに流れた永井を相手にしたりする。
この結果、ただでさえ薄い新潟中盤が更にがら空きになり、長谷部から発射されるパスがほとんど全てチャンスボールとなっていた。
で、新潟の人材は「ああ、これはいけない、守備をしないと」と脅威を感じて戻ってきてしまい、ペナルティエリア内に人が密集。相手陣地にはエジミウソンしかいなくなる、という悪循環。

にもかかわらず先取点は新潟。
鈴木啓が放ったミドルシュートのこぼれ球を海本弟が運んでクロス。これをエジミウソンが下がりながらの見事なヘディングで押し込んだ。

まあ、サイドの人材が豊富に揃っていて、行き着く先がエジミウソンであればこういうこともある。浦和の海本弟サイドは守備力今ひとつ、、、というか攻撃局面なら前に行きっぱなしになるのが仕事だし(三都主)。

とはいうものの、新潟のクロスが浦和に冷や汗をかかせたのはこれくらい。
コーナーキックの少なさがその証明。
新潟のCKって前半は1本も無かった。

後半、相変わらずペナルティエリア近くのゴール正面(いわゆるバイタルエリア)で、敵を好き勝手にさせてしまうのは如何なものか新潟、と思っていたら山田暢の低いミドルシュートが決まってしまった。
前半も新潟フィールドプレーヤーが少なくとも8人はいるペナルティエリアに向けてヤケ気味のシュートをふかしたりしていたが、今回は雨で滑りやすいピッチの特性を考えて撃った、んだと思う。

それから5分後くらいにショートコーナーから長谷部が低いクロス。これを田中達が押し込んで逆転。
逆転直後に新潟唯一のゲームメーカー山口素と岡山哲がタッチライン際に登場。
これを鈴木慎&寺川と交替させてしまうのは何か納得がいかなかったが、突破力はファビーニョとエジミウソンで充分ってことだったのか。

これでやっとセンターサークルあたりでのせめぎ合いが始まる。
ああ、やっと試合らしくなってきたなあと思ったが、今度は浦和が消極采配。
田中に変えてFW横山を「守備しろよ」という言葉と共に送り出す。
この言葉が呪縛となったのか、やや前掛かり気味となった新潟の裏を付いて迫った新潟ゴール前で、横山はシュートすることなくパスを選択。永井、平川と渡って横山に戻ってくるが外してしまう。

新潟は後半になって初めて「シュートで終わる攻撃」を立て続けに実現させ、コーナーキックを得る。
蹴るのはもちろんアンデルソン・リマ。
後半途中でゴール正面から右ポストぎりぎりのフリーキックをボール2個分だけ外す、という相変わらずの精度の高さを見せていたので、昔、F東京入りたてのケリーが見せた「コーナーから直接」を期待していたが、両方共にあまり工夫の感じられないキックで浦和に簡単に弾かれていた。
2回目は弾かれたボールがチャンスに繋がったけど。

で、リマはその後、前半田中達を削って1枚貰っていたイエローカードを審判への抗議で追加してしまい、退場。
この分かり易い一芸とキレ易さ、やはりネタ系か。

リマ退場後、ロスタイムで新潟はもう1回チャンスを得るが、結局同点ならずで終了。

浦和は妙に役割分担がはっきりした感じ。
もしエメルソンが帰ってくれば、永井と山田の役割に多少の変化があるかも知れないけれど。
新潟は中盤守備が薄いのは相変わらず。
山口素では中盤守備が不安なので桑原という選択なのか? ただそうすると攻撃のバリエーションががくんと減る。サイドにばっかり人材が揃っているので仕方ないと言えば仕方ないんだけど。それとも山口、怪我でもしてるのかなあ。

« コンフェデ動画 - セレソン in ハノーバー(到着3) | トップページ | コンフェデ番外編-テレビの中の皇帝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4819579

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和vs新潟(TV観戦):

« コンフェデ動画 - セレソン in ハノーバー(到着3) | トップページ | コンフェデ番外編-テレビの中の皇帝 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト