« 横浜vsF東京(TV観戦) | トップページ | あと3戦か、、、 »

2005/07/18

浦和vs広島(TV観戦)

2005 J1 第17節 結果(J's GOAL)

浦和はエメが2度と帰ってこないという事がはっきりしてからの初試合。
田中達、三都主、永井の動きが非常に良くなっていた。
特に田中達があれだけ好き勝手に気持ちよさそうにラインを破りまくったのは久しぶりじゃないだろうか。

実際にそんな指令は出ていなかったと思うけど、浦和攻撃陣の間には心情的に「エメ優先」というヒラエルキーが出来ていた気がする。
田中達や三都主と動きやポジションが重なるときは、その2人が譲ったり犠牲になる事でエメルソンを生かしている部分が多々あった。
当然、エメは点を決めまくる男なので実効を考えればそれで良いわけだが、それでもどこかすっきりしないものを試合ごとに彼等は感じていたんじゃないだろうか。
去年後半の田中達は点を決めても暗い顔が晴れなかったりしていたが、原因はそんなところにあったのかも知れない。

これで今回、田中達が点を決められなかったら、のびのびやっても実効には繋がらない、という勝負の不条理を感じるところだが、後半に酒井から出た「とりあえず前に蹴ってみました」風情の難しいパスをきっちり得点に繋げて見せたし、田中達としては最高の形で前半戦を終えたと思う。

試合展開は、前半はロングボール合戦、体力が尽きた後半はカウンター合戦、と非常に分かりやすいもの。
で、基本的に浦和が圧倒。
特に前半の浦和は原点回帰という感じ。
3バックと2人のボランチががっちり守って相手攻撃陣を潰して、前方の3人にボールを飛ばすカウンター。ベテランサポには田中達が福田に見えたかも知れない。
エメルソンが抜けても個人能力に優れた人材が多い浦和攻撃陣を相手にするには、広島守備陣の個々の能力がちょっと足りなかったかな。
逆に浦和守備陣が、駒野や森崎兄弟発のクロスやパス行き着く先・佐藤、大木を潰すのはそんなに難しい仕事じゃなかったろうし。

これで1週間に2試合も消化する消耗戦はおしまい。
今日は双方共に足が止まってる方が長いような試合だったが、こんな状況も少しは改善されるだろう。

« 横浜vsF東京(TV観戦) | トップページ | あと3戦か、、、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/5027117

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和vs広島(TV観戦):

« 横浜vsF東京(TV観戦) | トップページ | あと3戦か、、、 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト