« コンフェデ-メヒコvsアルヘン(TV観戦) | トップページ | 神戸vs千葉(TV観戦) »

2005/07/02

コンフェデ-ブラジウvsアルヘン(TV観戦)

FIFA CONFEDERATIONS CUP GERMANY 2005 - MATCHES AND RESULTS(FIFA公式サイト)

ドイツ人以外は、ひょっとしたらドイツ人も望んでいた魅力的なカードが決勝戦という理想的な状況で実現。

アルゼンチンはメキシコ戦でレッドカードを喰らったサヴィオラの替わりにデルガドを起用。恥ずかしながら本人を見るまでは横浜FM入りを断ったデルガド(はてなダイアリー)だとばかり思っていた。そういえば「ベンチ暮らしは嫌」って代表を引退してたっけ。
テベスを起用するとばかり思っていたが。

このセサール・デルガドはサヴィオラに比べるとウインガーとしての色が濃いようで、サイドへサイドへ流れていく。
そういう指令を受けていたのかも知れないが、これはちょっとばかり意外。
お陰でゴール真ん前付近でプレーする人材がリケルメとフィゲロアくらいになってしまっていた。カンビアッソはそもそもゴール前まで飛び出していくボランチじゃないし、エメルソン、ゼ・ロベルトは今までで一番楽だったかも。
そんな訳で、アルゼンチンはメキシコ戦で見せたサイド偏向型攻撃を更に顕著にした格好。
対するブラジルは何も変えていなかった。変える必要もないしね。

最初の5分くらいまではデルガドが期待どおり(?)にクロスを上げられていたせいもあって、リケルメがペナルティエリア内でシュートを放つなど、アルゼンチンがシュート、コーナーキック共にブラジルを上回る。
しかしブラジルはドイツ戦で爆発したアドリアーノが引き続き好調。
フリーキックからアドリアーノが落とし、これはシュートに直結しなかったが、続けて右サイドバックのシシーニョがアドリアーノめがけてクロス。これを「ワールドクラスってのはこういうことか」と納得のキャノン砲でアドリアーノがゴールに突き刺した。まあ、あれだけのストライカーを囲んだだけで実質フリーにしていたアルゼンチン守備陣にも問題はあったろうが、アドリアーノというと思い浮かぶシュートがそのまま実現した感じ。

この直後、負けじとアルゼンチンもデルガドがゴールに迫るが、ヂダが飛び出して止める。

その後もリケルメがミドルシュートを放つなど、一見オープンな打ち合いに見えたが、アルゼンチン守備陣はロナウジーニョ、カカというダブル司令塔を捕まえきれない。
3日という休養期間はこの若いブラジル人エース達に充分だったのか、とにかく良く動く。特にロナウジーニョは攻撃するだけでは飽きたらず、相手のパスをインターセプトして逆襲に繋げてしまうというやりたい放題。

メキシコは最初から「この2人を潰す」という考えだったろうが、「強豪国」アルゼンチンにしてみれば、そこまで守備に人を割きたくないというプライドが邪魔をしたんだろうか。
もっとも今回のアルゼンチンは攻撃と守備の役割分担がはっきりしていて、アドリアーノから守備が始まるブラジルに比べると、攻守の切り替えが遅かった。
やっぱりこれが試合後、耳タコ状態で聞かされる「アルゼンチンは疲れていた」ということか。

15分、アドリアーノが落としたボールをシシーニョが大きくサイドチェンジ、これがロナウジーニョに渡りゴール左前のロビーニョへ。このボールはダイレクトでゴール前のカカに渡り、ブラジル追加点。
ここまで自由にボール回しを許してしまっては、捕まる者も捕まらない。

その後もロナウジーニョ、アドリアーノ、カカ、ロビーニョが絡むチャンスメイクの勢いは止まらない。
対してアルゼンチンは2本以上のパスが繋がらない。大体がリケルメに出そうとして失敗するパターン。諦めて前線への放り込みに切り替えても、ゴール前の味方はフィゲロアくらいしかいないため、弾き返されるばかり。

27分、すっかり悪役のコロッチーニがロナウジーニョにラリアットを喰らわせるが、ロナウジーニョもやり返し、お互い様のイエローカード。
ただブラジルが喰らったイエローカードはこれだけなので、アルゼンチン側が如何にブラジルを追いつめられなかったかが分かる。
イエローカードといえば34分にはホッキ・ジュニオールが明らかにヤバい体勢でソリンを倒したが、これはソリンのシュミレーションになってしまう。
最後の最後まで走り回ってるのに、報われない奴だなあ。
ホッキ・ジュニオールは相手の攻撃人員が決まっているため、それほどボロが出ずに済んだようだ。

ちなみにソリン逆サイドのサネッティは、前半45分くらいにミドルシュートを放って見せたりしたが、全般的にはロナウジーニョに手を焼いているうちにジウベウトに上がられてしまうなど、当たり前の事ながらメキシコよりも多彩な攻撃を誇る相手に振り回され、前戦ほどの活躍が見られない。

「オーレ!」と声のかかるブラジルのパス回しに苛立ったのか、早くもアルゼンチンの守備が荒れ始めた辺りで前半が終了。

後半2分、カカからシシーニョにパスが渡り、ここから出た低いクロスをロナウジーニョがゴールに流し込む。
この直後、ブラジルの流れるような攻撃を弾き返してアルゼンチンがカウンター。これをファールで止められアルゼンチンがフリーキック。惜しいところでコロッチーニのシュートはミスショット。
後半のアルゼンチンの攻撃は大体こんな感じ。流れるようなブラジルの攻撃と比較して、あからさまなリアクション型。それも「カウンター」じゃなくて「カウンターをファールで止められた場合のセットプレー」を起点とした攻撃。
ちなみにコロッチーニは試合終了間際にもペナルティエリア内でミスショット。ブーイングが影響したかな。

さすがにこのままでは終われないと考えたか、総攻撃体勢に入るべくアルゼンチンがカンビアッソに替えてアイマールを投入。
こうしてブラジルと同様のダブル司令塔体制に持ち込んだところ、明らかに攻撃の流れがスムーズに運び始めた。
ロナウジーニョ、カカの好き勝手に動き回るコンビに比べて、アルゼンチンのダブル司令塔はゆっくり動くリケルメの周りをアイマールが相手守備陣にプレスをかけつつ走り回る感じ。
どちらかといえば、リケルメがゲームメイカーでアイマールがチャンスメイカーか。
これで可哀想なくらいに狙われまくっていたリケルメへのパス、リケルメからのパスが徐々に生き始める。

とはいうものの、疲れてしまったアルゼンチン守備陣を相手にするブラジル攻撃陣のやりたい放題は相変わらず。
ゴール前のサイドチェンジでアルゼンチン守備陣を振り回した挙げ句、シシーニョからアドリアーノへのクロスで追加点。
これでブラジルはペースダウン、、、するかと思った矢先、アルゼンチンがゴール近くでフリーキックを得て、これはブラジルがコーナーキックに逃れるが、このコーナーからデルガドがクロスを上げ、これをアイマールがブラジルゴールに叩き込む。

更にアルゼンチンはせめてもう一太刀とテベスを投入。
開き直った総攻撃体制は試合終盤になってやっとアルゼンチンの時間帯を呼び込み、サネッティもスルスルと上がっていくようになるが、残念ながら時間切れ。

西野朗がアトランタ五輪で選手に
「ブラジルの横パスは追うな、疲弊するだけだから。縦パスを止めろ」
と命じた事は日本サッカー史の一部だが、今回のアルゼンチンはその注意を守らなかった結果として自分のサッカーをさせて貰えなかった感じ。
後半にアイマールを入れて、やっと自分のアイデンティティを思い出していた。
選手の質としてはブラジルとの間にそれほど大きな差がある訳じゃないから、バランスを保つよりも同じくらいに攻撃に偏ったメンツでも良かったんじゃないか?

それとクレスポの不在。
現アルゼンチン代表では替わりのいない貴重なタワー型FWは、ブラジルDFの弱点ホッキ・ジュニオールを追いつめるのにうってつけの人材だっただけに、今回の試合に限っては意外に大きい要因だったように思う。

あとはロナウジーニョとリケルメの違い。
奪われればボールホルダーを追いかけ回し、相手がパス回しをしているシーンでもインターセプトを狙い続けるロナウジーニョ。
王様としてよほどの事がない限り自分では奪いに行かないリケルメ。
バルサ、というかビッグクラブからリケルメに声がかからないのは、このプレースタイル、というかボールへの執着心とでもいうものからか。
一度だけ彼が奪いに行ったのは、ロナウジーニョにインターセプトされた時。
いきなりタックルをかまして見せたのは、ボールを取り返そう、というよりバルサを追われた彼の意地からか。

« コンフェデ-メヒコvsアルヘン(TV観戦) | トップページ | 神戸vs千葉(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4801445

この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデ-ブラジウvsアルヘン(TV観戦):

« コンフェデ-メヒコvsアルヘン(TV観戦) | トップページ | 神戸vs千葉(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト