« この夏の日産ディーラーの殺し文句 | トップページ | 関東人は知らなかった首位 »

2005/07/23

清水vs浦和(TV観戦)

2005 J1 第18節 結果(J'sGOAL)

今更言っても始まらないが、今回のエメルソン退団騒動に関して浦和フロントは「家族の病気が、、、」なんて言っていた段階で既に「今回はダメらしい」と観念していたらしく、エメルソンの媒体露出を極力避ける方向で動いていたそうな。
エメ丼が出てしまったのは、単に間に合わなかっただけだとか。

浦和にしてみれば大怪我。
しかしその怪我の功名として、変に気を遣わなくて良くなった田中達が生き生きしてきた。
広島戦でも今回の清水戦でも、スーパーサブ時代にこちらの目を見張らせてくれた思い切りの良い抜け出しが復活。

その頃は「スピードはあるがシュート精度がない」と言われていた時代でもあったが、今は落ち着きが増し、視野が増し、我慢の甲斐あって周りを遣う事も覚えたこともあり、オーバーラップした平川にクロスを折り返させたり、3人に取り囲まれながらシャペウなんぞで抜け出した永井にボールを渡すなど、心憎いチャンスメイクぶり。
しかし5回ほどあったがキーパーとの1対1は全部外した。
だから「エメ離脱なるも達復活によりプラマイゼロ」と言えるのかはまだ微妙。
5回も一人旅を許してしまった清水守備陣もどうかと思うが。

田中達は好調なるも今回は永井、長谷部が今ひとつ乗れていない感じ。
今後どうやらトップ下に固定されるらしい長谷部は「強く当たられるトップ下」という状況にはまだ慣れていないらしく、伊東、高木和のボランチコンビを前にやや苦戦。チャンスメーカーとしては田中達の方が機能していた。
永井は以前良く見せていた「右に流れてチャンスメイク」みたいな動きが無い。
平川ならサイド深くまで上がるからいいが、怪我で山田暢と交替。山田はそれほどドリブルで突破する、というタイプではないので、対する清水左SB山西は楽になってしまった。
これで清水得意のサイド攻撃が活性化。
FWチックな左サイドチェ・テウク、ウイングチックな右サイド太田だけでなく、山西、市川まで前に進出するようになってしまい、4人対5人の筈の中盤叩き合いが6人対5人に。
だから逆に田中達の抜け出しが冴えたりするわけだが、決まらなくてはなあ。

もっとも、清水がいくらサイドの攻防戦で勝利しても、ゴールは真ん中。その前には大抵チョ・ジェジンしかおらず、闘莉王に潰されてしまう。
更にウイングとして中への斬り込みよりもサイド深くをえぐる事を得意とする太田は坪井によって素直にクロスを上げさせて貰えない。
たまにチェ・テウクがおとりとして動いたりするが、久保山がそういう動きをしないかしても目立たない。伊東がチョの救援に駆けつけた時はすでに遅い。

そんな訳で攻撃に関しては寸止めの両チーム。
後半も清水ペースで試合が流れるが、ゴール付近からの浦和セットプレーでこぼれたボールのクリアに手間取っているうちに、田中達クロスの闘莉王ヘディングで浦和が得点してしまった。

その後、サイドからのクロスクロスで清水の攻めが続くが、やはり決まらず。
残り15分のところで伊東に替えて澤登が登場し、そんな単調な攻めに多少のバリエーションが加わるが、G大阪比失点半分のチーム相手に追いつくのは厳しかったようで前戦の再現はなく時間切れ。
個人的には伊東を下げない方が良かったと思う。

清水が序盤戦と比べて成績が安定したのは、今日見た限りでは試合運びが安定したからだろう。
両サイドからのクロスがトップに飛んでいくというおなじみの攻撃がよく見られた。
ただそこに変化を加える人材がいないのが辛いところ、というのもおなじみ。澤登の後継者探しが急務、、、ってこれもおなじみか。
これが全部清水のアイデンティティと呼んでいいものかどうか。

ただ「ドーハの悲劇」世代の監督は、柱谷弟が壮絶に失敗していることから、いつも不安が先立つんだが、長谷川監督は今のところ無難にこなしているようだ。
新人監督らしく土台を固めるには時間がかかったようだが、とりあえず今日は「ああ、清水だなあ」というチームにはなっていたし。

彼の師匠(自称)のアルディレスはクビになっちゃった(東京V公式サイト)けど。
あの監督は再建から先のステップが登れないんだなあ。
後任が石崎ノブリン。
ワシントン1人に点を取らせるチーム、ってのを作るのは得意そうだけど、ヴェルディのチームカラーとは合わない気がする。

しかし山田を振り切るドリブルをやってのけたチェ・テウクって凄いな。
5年後くらいにはPSV経由でプレミアにいるかも。

« この夏の日産ディーラーの殺し文句 | トップページ | 関東人は知らなかった首位 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/5119386

この記事へのトラックバック一覧です: 清水vs浦和(TV観戦):

« この夏の日産ディーラーの殺し文句 | トップページ | 関東人は知らなかった首位 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト