« コンフェデ-ブラジウvs日本(TV観戦) | トップページ | コンフェデ-ブラジウvsアルヘン(TV観戦) »

2005/07/02

コンフェデ-メヒコvsアルヘン(TV観戦)

FIFA CONFEDERATIONS CUP GERMANY 2005 - MATCHES AND RESULTS(FIFA公式サイト)

メキシコは主力のセンターバックが2人揃ってドーピング検査に引っかかって(スポナビ)帰国。
従って今回はアルゼンチンの楽勝でしょう、と思っていただけにメキシコの頑張りは意外だった。
本当に「チーム」として出来上がってるなあ。
そんなに長々と合宿期間を取ったとも思えないから、監督の手腕に加えてマルケスの復帰も大きかったんだろうけど。

相変わらずメキシコの中盤は速い寄せと囲い込みを誇り、相手ボールの素通りを許さない。
が、削り合いならアルゼンチンも望むところ。
開始8分くらいには早くもソリンがかなりえげつないタックルを仕掛け、すぐ後にミリトがガツンと行って早々とイエローカード。
この「タイマンだったら負けねえぞ」的守備に「これまでと違う」とメキシコがとまどったのか、序盤はアルゼンチンが攻勢。

サンタナからのパス1本でサビオラがクロスを上げたり、サビオラからソリンへ大きくサイドチェンジをかましてソリンがクロス、とメキシコのお株を奪うサイド攻撃。更に、ペナルティエリア内に侵入しなくとも点は決められるとばかりにリケルメがショットオンゴールのミドルシュート。
また、メキシコのチャンスメーカーでありゴールゲッターで今回は2トップの一角として起用されたシーニャはかなり意識されているようで、彼のプレーに対するアルゼンチン側の反応が早い。
少なくとも体勢を整えた上での決定的なプレー、という事を許さない。
後半になると相棒のボルヘッティばっかり目立つようになる。
もっとも見る限りファンタジスタタイプの選手だから、思い出したように試合に参加して美味しいところをさらう、ってのが特徴なのかも知れない。
後半、目立たないなあ、と思っていたらいきなりポストに当たるミドルシュートを打ち込んでいたし。Stadium_Hanover

とにかくアルゼンチンはばんばんクロスを上げ、それをメキシコがゴール前全員守備で迎え撃ってカウンターという展開。
まあ、日本、ブラジル、ギリシャと違い、アルゼンチンはソリンとサネッティというワールドクラス一歩手前くらいの選手を揃えるだけにサイドの攻防戦で有利に持ち込むのは難しくない。
豊富な運動量で相手の裏を突いたかと思うとゴール前の守備に参加する運動量豊富なソリン、そしてこの試合では大当たり、ほとんど1人で右サイドを制圧してしまったサネッティはブラジルと日本を苦しめたメキシコのサイド突破をほとんど許さなかった。

ところがバルサの「扇の要」ボランチ・マルケスの存在がメキシコの攻撃に変化を加えていた。
これまではサイドからばんばん放り込み、相手をゴール前まで下げさせておいて、ペナルティエリア前のスペースをシーニャがうろうろし、隙を見てミドルシュートやスルーパス、というやや単調な攻撃で相手を陥れていたのがメキシコの攻撃。
ところが今回はマルケスが真ん中でリケルメやサビオラのケアを行うと同時に、カウンターの起点になって、わざわざサイドに散らすことなく、ゴール近くにいる味方にボールを配球してしまう。

さらにカンビアッソが守備では今ひとつ、、、というかメキシコの攻撃陣に比べるとアルゼンチン攻撃陣は前線から相手にプレスをかける、という事をあまりしない。
だから相手はスピードダウンすることなく彼のポジションまで突進してきてしまうので、仕方ない部分もある。
しかも全員攻撃を旨とするメキシコは同時に何人もの選手が上がってくる。
要するにパスコースまで引き連れてやってくる相手へのフィルター役を務めなければいけないわけで、相棒のベルナルディや、後ろに控えるDF陣のような削り屋ではない彼にしてみれば辛い展開。
メキシコのターゲットにされてしまった感もあった。

お陰でアルゼンチンDF陣は相手をファールで止めてばかりいるような感じ。
で、メキシコにフリーキックを与え、それを弾いてカウンター。それをやっぱりメキシコ守備陣がファールで止めて、今度はアルゼンチンがフリーキックというぶつ切り展開。
そんな中、アルゼンチンがゴール真ん前でFKという大チャンスを得るが、力が入りすぎたのかリケルメはキックを直接壁に当ててしまい、これで前半が終了。

後半最初にチャンスを得たのはアルゼンチン。
フリーキックにソリンが飛び込むがDFに弾かれる。
この日のソリンは大変良く動き、敵味方のゴール前に分け隔て無く出没するが、敵ゴールへのシュートは一足届かず、味方ゴールへはオウンゴールしそうになるなど空回りが続く。あれだけ動いて報われないんだから世の中は不条理だ。

その直後、サヴィオラがゴール前で粘りまくってシュートするがこれは弾かれコーナーキック。
メキシコ守備陣は集中力を切らさずに、相手ボールホルダーを取り囲んでパスコースまで消してしまうのでサヴィオラは本当に孤軍奮闘という感じにされてしまっていた。最後の最後に一発レッドを喰らってしまった気持ちが分からなくもない。

その後15分くらいまではアルゼンチンが攻勢で、コーナーキックやサネッティ、サンタナ辺りのクロスで何度かチャンスを作るが、何分にもメキシコDF陣のパワーにサヴィオラ、フィゲロアが勝てない。

その後はメキシコ有利の一方的な展開。
サネッティ、ソリンは縦の運動量は豊富だけれど、横にはあまり動いてくれないのでマルケスを中心としたメキシコ中盤の圧力にアルゼンチン守備陣が押し込まれていく。
それでも最後の最後にシュートを撃たせない、という点はさすがか。

ところで、ブラジルとの決勝戦でコロッチーニがブーイングをくらい続ける原因になったシーンは後半23分くらいに訪れた。
膠着状態を打開すべくドリブルで上がろうとして取り囲まれたことが原因。
こりゃ行き場がないなとなった瞬間、真ん前にいるMF・ラモンに突進、跳ね飛ばし負傷させた。

ただ、メキシコが試合を有利に運びながら、最後の詰めがなかなか決まらなかったのはアルゼンチンのこの激しさによるものだったかも知れない。

その後、サンタナに替わりアイマールが登場。
これでダイレクトなボール回しを少しは増やすつもりだったのかは分からないが、アルゼンチンの攻撃はやっぱりサイドから。
で、そのボールを弾かれてそのままメキシコがカウンターという流れは変わらず。
ただ真ん中のチャンスメーカーがリケルメだけでなくなった、という事が微妙に有利に働いた事は確か。
メキシコサポーターを大喜びさせたサヴィオラ退場の直後に、抜け出したアイマールを止めようとマルケスがバックアタックを喰らわせてしまったことがその証明。
これでマルケス退場。

この直後に試合終了、延長戦へ突入。
お互いにキーマンを失ってしまった上、体力的にも厳しくなったか、もはやカウンターの仕掛け合い。

相変わらずサネッティは完璧な動きを見せるが、このサネッティが抜かれた唯一のシーンがメキシコのゴールに繋がったというのも皮肉な話。

あらゆる事象がアルゼンチン不利に働くなあ、フィゲロアもソリンもまた外したよ、やっと寝られるかなあ、と思った直後、ゴール前の密集地点へリケルメがある種ヤケ気味のミドルシュート、予想どおりにメキシコDFが弾くが、これがフィゲロアに渡り、ヒールで相手を交わしながらユル〜いシュート。
これがそれまで完璧な守備を見せていたメキシコGKサンチェスの股を抜いて入ってしまった。ああ、眠れない。

その後も互角な展開が続くがすぐ終了。PK戦へ。
アルゼンチンのGKルクスはDF陣の足を引っ張るようなプレーがこれまでの特徴。
メキシコのGKサンチェスは存在感のある守護神。その上、PK戦直前には英雄ホルヘ・カンポスに「気」を注入されていたのでこれはメキシコが貰いでしょう、と思っていたが、逆の結果になってしまった。
TOTOで大儲けできる事はないんだろうなあ、自分。
メキシコサポーターの皆様

ところで、日韓W杯の直後に金子達仁が日本代表の目指す方向を聞かれ「メキシコみたいにパンパンパーン」という名言を残したことは広く知られるが、今回、彼に対して批判めいた事を言っていた宇都宮徹壱が似たような感想(スポナビ)を漏らしていたのは意外だった。
ちなみに「上背のある選手も点取り屋もおらず、攻守に連動性がある」というのがその根拠。付け加えれば「帰化したブラジル人がいる」か。
もっとも体格に関して言えば180cm以上ある日本人選手が珍しくない昨今、あまり強調すべき条件でもない。点取り屋がいない代表チームも珍しくないし(ポルトガルなんか典型的)、攻守の連動性ってのは別にメキシコに限った話でもない。
確かにサッカーを国民的スポーツとしてきた歴史が長い国だから、日本代表が学ぶべき部分は沢山あるだろう。
ただ、目指すべき方向と言えるかどうか。
マルケスがいないときの「サイド攻撃一辺倒」なメキシコを見た限りでは、あんまりそんな気もしない。

« コンフェデ-ブラジウvs日本(TV観戦) | トップページ | コンフェデ-ブラジウvsアルヘン(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コンフェデ-ブラジウvs日本(TV観戦) | トップページ | コンフェデ-ブラジウvsアルヘン(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト