« 草津vs福岡 | トップページ | 不屈の男(自動車業界編) »

2005/07/15

旧ホンダイズムの終焉

本格的スポーツモデルNSXの生産を終了(ホンダ公式サイト)

「人のやらない事をやる」「レースは最高の実験室」、そんなホンダイズムが生んだ最高傑作、NSXが15年のモデルライフに終止符を打つ。

量産車メーカーがスーパースポーツを手がける事はまず無い。
スーパースポーツメーカーを傘下に置くような事はあるが、自身が開発に乗り出すような例はほとんど聞いた事がない。

モンスターチューンドカーを次々と生み出すドイツ勢にしても、スーパースポーツをゼロから開発するような事はない。
SLRマクラーレンなんてそれっぽいクルマもあるが、7速トルコンATを搭載したこいつはスズキがエスクードで設定するヘンリー・ハンセン・リミテッドのセレブ版みたいなもので、その証拠にレースフィールドに投入するという話は聞かない。マクラーレンF1は未だに現役で走っていたりするのに。
日本車を代表するもう一方の怪物・GT-Rにしても、日産のFRプラットホームを垂直展開させたものであり、ゼロから生み出したものではない。2007年に出る新車もそうなるようだし。

そういった点で「人のやらない事をやる」ホンダイズムの面目躍如。
F1という最高峰、即ち「最高の最高の実験室」で培った経験あってこそ与える事の出来た動力性能に加え、量販車メーカーならではの品質管理能力によって仕上げられたこのクルマは、スーパースポーツの名に恥じず、ラテン勢を慌てさせるのに十分なものだった。

とはいうものの、当時のホンダはF1ではまだトップクラスだったが、会社経営は苦しく「三菱ホンダになる」「フォードに買収される」という噂が囁かれていた頃でもあった。

「人のやらない事をやる」コンセプトでたまにヒット作は生むものの、自分の真似すら潔しとしないため、同じコンセプトが2度続かない。だから後が続かない。当時の日本車全部に言える事かも知れないが「熟成」とは無縁だった。
また「レースは最高の実験室」という考え方は、クルマにユーティリティ性を求める向きをスポイルした部分もあり、量販車メーカーでありながら「コンセプトを理解してくれない世間が悪い」といった感じの浮世離れした雰囲気を漂わせ「大人になりきれない大メーカー」というカリスマメーカーにありがちな動脈硬化を起こしかけていた。

結局、NSXが発売された2年後にホンダは愛してやまないF1から撤退し、経営の立て直しに注力する事になる。
そして生まれたのがオデッセイ。
「ユーティリティ」が基本のMPVにホンダならではの「走り」を注ぎ込んだありそうで無かったという点でホンダらしいこのクルマは、トヨタの屋台骨を揺るがすほどの大ヒットとなる。
ホンダイズムが世間と折り合いを付けた幸福な瞬間だった。

こうして、その後「新ホンダイズム」とも言うべき道をホンダは歩み始める。
S2000が全く売れなかった事も「新ホンダイズム」化に拍車をかけたのかも知れない。
言うなれば、NSXは旧ホンダイズムのオリジネイターで語り部、S2000はリメイクというか、トリビュートというか。

そしてその語り部が退場する。
NSXが唯一「旧ホンダイズム」を引き継がなかったのは、その長かったモデルライフか。

「ホンダイズム」は日本自動車業界が世界に誇る偉人本田宗一郎が生み出したもの。
だから彼の理想を最高の形で実現させたこのクルマの花道を、拍手と歓声で飾ることが、このクルマを買いたくても買えなかった多くの日本のクルマ好きのせめてもの義務だろう。
「旧ホンダイズム」に基づいたスーパースポーツはもう出ないだろうし。

、、、しかし全世界での通算売り上げが18000台ってのは誤植じゃないよな。

(7/26追記・日刊自動車新聞によると7/24に在庫が完売した模様)

« 草津vs福岡 | トップページ | 不屈の男(自動車業界編) »

コメント

TBありがとうございました。
ホンダの歴史は何期かに区分できると思いますが、NSX発売時と現在では新旧区分できそうですね。(時代背景もありますが・・・)すごく納得のできるログだなぁと思いました。

TB、コメント共々ありがとうございます。

歴史が長いとは言えないのに何期かに分けて考えられるのが、ホンダという会社の面白いところですね。

個人的にはカブやシビックと並んで「ある時期のホンダを代表するクルマ」としてNSXがあったと思います。
カブとシビックはまだありますけど。(笑)

NSX後継が「新ホンダイズム」の金字塔となる事を期待したいですね。

はじめまして。

NSXが発売された91年は、セナ最後のワールドチャンピオン獲得であり、本田のおやっさん(本田宗一郎)の亡くなった年でもありますね。
セナが黒の喪章をつけて勝った、ハンガリーGP。今でも思い出の一頁ですね。

今に思えば、パワー重視は最高級なものの、空力は非力なマシンで、予選では神懸り的なセナ。本心までは分かりませんhが、親日だったセナ&ホンダを、応援していました。

あれから、もう15年目を迎えるのですね。NSXは色々と新しいモデルを出ししつつも、原型を残していますよね。しかし、スーパーGTでありますが、寄せる新しい波には、あながいがたくなってきたのも事実でしょう。
そんな時、某Zのように、名前だけ受け継ぎ、外見が全く変わるのであれば新しい名前の、新しいクルマで出していただく方が、わかりやすくもあり、うれしいですね。

NSXに変る、新しいスーパーカーに、期待します(来年のF1は、ホンダの名前でエントリーするそうですね)。

訂正です。

NSXが発売されたのは、1990年でしたね。
訂正いたします。

コメントありがとうございます。
返事が遅れて申し訳ありません。

91年時点で応援していたのはマンセルで、現行Zも好きなクルマの1つですが、こんな私で良かったらこれからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4976602

この記事へのトラックバック一覧です: 旧ホンダイズムの終焉:

« 草津vs福岡 | トップページ | 不屈の男(自動車業界編) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト