« パルサーってもう無いです。 | トップページ | コンフェデ雑感-乱入野郎とか »

2005/07/05

ドイツの日本車事情(ってほどでもない)

正確に言えばケルンとハノーバーの日本車事情。
それも通りすがりの旅行者の。

「欧州で見かける日本車」のデフォルト設定、マーチ、ヴィッツ、フィットの和製Bセグ3兄弟は、毎日どこかで必ず見かける。
マーチは初代から3代目まで全部揃って見る事ができた。

この3兄弟、事実上すでに欧州車。
アベンシスの登場を待たずとも日本発の欧州車はあった、というわけ。

そのアベンシスはケルンとハノーバーで1回ずつ目撃。
ドイツのCMでは「トヨタが作った欧州車」とは言ってなかったようだけど。(笑)

Bセグ以上ともなると外国車は厳しいようで、その他に見かけた和製セダンはプリメーラ、アルメーラ、セフィーロ、ファミリア、カローラ、そしてタクシーでアテンザ。
見かけたのは、それぞれ1回か2回ずつくらい。

1.6MB
ドイツのタクシーはほとんどがEクラスか406。
そんな偉そうなクルマに混じって堂々と客待ちしていた日本車、マツダ6(アテンザ)
他より料金が安いのかも。

*QuickTimeが必要です。
getquicktime
mazda6

わざわざ動画にする事もなかったか。(笑)

プリメーラはハッチバックも見かけたが、これは写真で見るより断然いい。
日本で売らないのかなあ。
プリメーラはヨーロッパでも売れてない、とカルロス・ゴーンが記者会見で言っていたと思うが、ドイツでは人気があるのか保険会社のCMでも印象的な使われ方をしていた。

数、という事で言うとBセグ3兄弟並みにやたら見かけたのはシビックのハッチバック。
あとは中古のファミリアハッチバック。

そしてスポーツクーペは当然のようにフェアレディZが石畳の道を走っていた。

しかし目撃して一番驚いたのは、ホテルの近くに路駐してあったダルマセリカ(GAZOO名車館)だったりする。

ちなみにドイツの国産車で日本のトヨタ車並に見かけるのは、やはりフォルクスワーゲングループのクルマ。
オフィス街に乗り付けるならアウディ、足グルマならゴルフかシュコダ、ってな感じ。

ちなみに発売されたばかりの新型Aクラスを見かけ
「早いなあ、さすが本場」
と思ったが、帰国した翌日に近所を走る新型Aクラスを目撃してしまった。
ドイツよりも日本の方がメルセデスは人気があるんじゃないか、という事実を肌で感じた瞬間。
これだから外国でぼけっとクルマを眺めるのは止められない。(笑)

« パルサーってもう無いです。 | トップページ | コンフェデ雑感-乱入野郎とか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4845093

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの日本車事情(ってほどでもない):

« パルサーってもう無いです。 | トップページ | コンフェデ雑感-乱入野郎とか »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト