« 能力一流、キャリアは二流 | トップページ | 他にやる事ももう無いし »

2005/07/12

マイナーチェンジ、またそれぞれ

トヨタ イスト 【carview】自動車試乗レポート(carview)

イストは面白いクルマだと思う。
ヴィッツを「男性」向けとするべくホイールハウスを張り出させ、フロントにでかいグリルをはめ込んで「偉そう」を目指した結果(男の人って謙虚じゃないですよね by 澤穂希)、思い切りデザインバランスを崩してしまい、前面全てが顔ばっかりのザクレロ(ガンダムパーフェクトウェブ)みたいなクルマに仕上がった。
今回のマイチェンでもそれほど印象は変えてない、というかあんまり形が変わっていない。
今のトヨタ車は、どっから見ても「まあ、売れるんでしょう」以外に感想が浮かばないラインナップばっかりなので、唯一の「崩れたクルマ」としてもう少し頑張って欲しいかな。

スバル インプレッサ WRX STI【carview】自動車試乗レポート(carview)

ついにインプレッサにもスプレッドウインググリルを採用。
1モデルサイクルの間に3回も顔が全く変わってしまうクルマってのも珍しいんじゃないだろうか。
ただいかにも急ごしらえな感じがしたこれまでの「涙目」顔と比較すると、ライン取りなんかに結構細かい作り込みが見え、ザパナティスを呼んだからには仕事させなければという意気込みが伺える。
WRCカーになるのは来年か。

アテンザが初のマイナーチェンジ(carview)

マツダのセダンはスポーティに振るしかないのか。
ベストバランスなクルマだったので、スポーティに振りすぎなければいいけれど。

« 能力一流、キャリアは二流 | トップページ | 他にやる事ももう無いし »

コメント

"A"系istは、ダイハツ風に言うと「男ist」でしょうか(笑)
男に振ったところで、同じネッツ店内でのパイの奪い合いにしかならないような気もしますが。

istは、レンタカーが多すぎるのも、プレミアムコンパクト!?としてはマイナス要因が大きいかと。
車両のキャラうんぬんより、発売後の台数稼ぎで自分の首を締めた印象がありますね。

アテンザですが、マツダは過剰に市場意見を取り入れる傾向がありますからね。
マツダ車が売れないのは、「マツダ」の名前のせいだという意見を鵜呑みにして、「マツダ」を抹殺しようとしたのも記憶に新しいです。

コメントありがとうございます。
ご指摘受けるまで、イストが「早すぎたプレミアムコンパクト」だった、ということなどすっかり忘れてました。(笑)
みんな忘れてるでしょうけど。

「マツダ地獄」なんて言葉もありましたっけ。
スバルは更にその下だったんですけどねえ。
変われば変わるものです。
今でも「ユーノス」の名前にはぐっと来るものがあるんですが、この感覚を共有できる年代はかなり限られているでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4934720

この記事へのトラックバック一覧です: マイナーチェンジ、またそれぞれ:

« 能力一流、キャリアは二流 | トップページ | 他にやる事ももう無いし »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト