« 旧ホンダイズムの終焉 | トップページ | 日本からCDが無くなる日・序章 »

2005/07/16

不屈の男(自動車業界編)

MGローバーの売却先、中国系の2グループが有力に(Response)

マツダでロータリーエンジンを擁護したり、欧州フォードを立て直せなかったり、フィアットの無節操な再編劇(Response)のあおりを喰らってマセラティの社長をクビになったりと、自動車業界の流れゆくセレブレティ、マーティン・リーチがMGローバー絡みで再び登場。

会社トップとしての実績はあんまり芳しい人ではないので、欧州では何もかもが初めてという中国自動車資本のパートナーとしてはちょっとヤバい気も。
もっとも実績十分で身体が空いてる経営者なんていないか。

« 旧ホンダイズムの終焉 | トップページ | 日本からCDが無くなる日・序章 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4988111

この記事へのトラックバック一覧です: 不屈の男(自動車業界編):

« 旧ホンダイズムの終焉 | トップページ | 日本からCDが無くなる日・序章 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト