« バーレーンvs日本(TV観戦) | トップページ | 草津vs水戸(TV観戦) »

2005/06/04

永久機関?

元マツダマン、ハイブリッド開発(中国新聞)

発電機関に関する説明が「必要に応じてモーターが自ら発電する」。
本当にそうなら永久機関になってしまう。(笑)
そんな事あるわけ無いので、エンジン動力かバッテリーを使って発電の「きっかけ」を作るんだろうが。
もっとも、あんまり詳細な記事を書かれても、それはそれで理解できないものになってしまうか。

« バーレーンvs日本(TV観戦) | トップページ | 草津vs水戸(TV観戦) »

コメント

リンク記事を読みました。
でも疑問点が??

モーターの原理はすなわち発電機。
THSだってIMAだって、モーター=発電機のシステム。
セルモーターすら兼用です‥と言うか、エンジニアなら誰でもそんなこと考えるレベル。

‥4月末頃
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/keizai/20050425/m20050425015.html?C=S
にも氏の記事が話題になっているようですが、元マツダのRE技術者と言う肩書きを外せば、「とんでも科学」系の可能性もありそうです。

科学に弱い私への的確なフォローありがとうございます。(笑)

確かに、THSではブレーキ時にモーターを発電機にした回生を行っていますね。

というか、紹介された記事に「減速時に発生する電気を溜めておき」なんてあるので、要するに回生ブレーキだけで必要電力を何とかするシステムなのかなあ、と思いました。

それが「画期的」なのかはどうかは分かりませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4408891

この記事へのトラックバック一覧です: 永久機関?:

« バーレーンvs日本(TV観戦) | トップページ | 草津vs水戸(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト