« 常識的な結末 | トップページ | そろそろビデオの準備か »

2005/06/09

単なる子会社

トヨタF1社長、「日本から支配されていない」(@niftyモータースポーツ)

トヨタF1の運営は基本的に現地に丸投げで、先端的な研究開発機関はともかく現場レベルでの交流はほとんど無い。
この体制はF1参戦当初からず〜っと続いているのに、今になってわざわざ強調しているのは「ウチはホンダとは違います。ヨーロッパに軸足を置いたチームです。だから差別しないでください。」と言いたいんだろうか。
うがった見方をするとF1カーと乗用車に大した繋がりはない、という表明とも読めるわけで、噂されるF1参戦記念車とは「マーケティング上そう呼ぶだけ」というクルマである事が見え隠れしてしまうな。

« 常識的な結末 | トップページ | そろそろビデオの準備か »

コメント

TB先でも書きましたが、実行部隊としては口を出さずに金さえ出してくれれば良いと言う諦め?にも似た割り切りでやってる部分が見え隠れしますね。

それを狙っているとすれば、トヨタはすごいと言うことになりますが‥。

コメントありがとうございます。

トヨタF1の現場責任者だったオペ・アンダーソンは、成績不振の責任を取らされる形で現場から外されているので、口を出さないわけではないでしょうね。

ただ、ホンダが会社を挙げて人も金も「こだわり」も注ぎ込んでいるのに比べると、トヨタは金だけ注ぎ込んでいるように見えます。

だからトヨタF1チームはトヨタ車体やトヨタ紡績のようなごく普通の系列会社に見えてくるわけで。

業績の判断材料が株価や売上じゃない、という部分だけが他系列会社との違いかなあ、なんて。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4475693

この記事へのトラックバック一覧です: 単なる子会社:

» トヨタの考えるモータースポーツの文化 [くるまこのみの雑記]
自動車技術会が主催する、人とクルマのテクノロジー展に行ってきた。 会社のオーダー [続きを読む]

« 常識的な結末 | トップページ | そろそろビデオの準備か »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト