« 鹿島vsC大阪(TV観戦) | トップページ | 一昨年のF1より盛り上がらない »

2005/05/01

東京Vvs横浜FM(TV観戦)

2005 J1 第9節 結果(J's GOAL)

前半、ほんの少しだけ訪れた東京Vの時間帯。
ここで得点できたのは大きかった。

あとは東京Vお得意のポゼッションサッカーは影を潜め、横浜の肉体派サッカーがピッチを支配。
まあ、東京V自身、パスを相手に当てるようなミスをしているんだから、やむを得まい。

東京の攻撃のよりどころはワシントン。
セットプレーで得点したシーンも、後半18分頃の唯一とも言える決定的なシーンの演出も見事なもの。
でも、ワシントンにボールが渡らないと何も起こらない。

逆に横浜は最後の詰めが噛み合わない。
そんな感じで退屈な前半が終了。

坂田がなあ。
後半12分、坂田が安に替えられたのは得点を期待できなかったため、と思ったが、その後大橋と替わった久々登場の山瀬のプレーを見て、多分坂田に期待されていたプレーはこれなんだろうな、と思わされた。

チャンスと見るや中央からきりもみ状態で突っ込んでくる山瀬は、それまでサイドの面倒を見ていれば何とかなった東京VDF陣を混乱に陥れる。
相手DFの注意力を分散して貰えたお陰で、ドゥトラ、田中隼の上がりが生きる。

坂田は裏をとるのに十分なスピードはあるが、サイドに流れたり、大島辺りと一緒に中央で待っていたりするので、この手の効果が期待できない。

ただこのプレー、いわゆる忍者シュート、「明らかにヤバいボールが飛んでくるのと同時に人も飛んでくる」から相手も焦るので、ヤバいボールを嗅ぎ分ける嗅覚も必要。
センスの差、といったら残酷に過ぎるか。

しかし、浦和の復調と山瀬の復活が同じ日というのも因縁めいているな。

« 鹿島vsC大阪(TV観戦) | トップページ | 一昨年のF1より盛り上がらない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3939067

この記事へのトラックバック一覧です: 東京Vvs横浜FM(TV観戦):

« 鹿島vsC大阪(TV観戦) | トップページ | 一昨年のF1より盛り上がらない »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト