« 20年前の手法 | トップページ | 思わず納得 »

2005/05/08

広島vs横浜FM(TV観戦)

2005 J1 第11節 結果(J's GOAL)

広島の大木はかつて久保の代役として雇われたと思ったが、知らないうちにトップ下へとコンバートされていた。
もっとも、「トップ下」という言葉の響きから想像されるような華麗なプレーはもちろんせず(笑)、ちょっと下がったポスト兼当たられながら粘るボールの運び屋という役割。
後ろの動きを引き出すポスト役としては役不足ではあるものの、身体能力は高いので削られ役や前からの守備には向いている、という点を生かした起用方法といえる。

横浜は中澤が復活して久保もベンチ入りしていたが、トピックは山瀬兄弟によるダブルボランチ。
対抗上、広島も森崎兄弟を出してくるかと思ったが、上手くいってるメンバーをいじる事はない、というごく普通の判断により森崎浩はベンチへ。

試合のペースは広島が握る。
大木に限らず1人1人の役割がはっきりと指定されていて、特に攻撃局面で3人以上の選手を経由せずにゴール前まで持って行くというシンプルさを厳守しているためか、奪われても多くの選手がすぐに守備に戻れていた。

また「助っ人」が効いている。
基本的には助っ人外国人がフィジカル担当で、大木を除いた日本人がテクニック担当。
例えばDFはジニーニョが当たりに行って小村がカバー。
中盤の底では森崎和が捌き役であまり動かず、前線から最後尾へと縦に走るのはベットの役目。
前線のポスト兼削られ削り役はガウボンが行い、佐藤はゴール前へ走り込む。
当たった、というよりも「弱い部分を補うために呼んだ」という本来の意味での「助っ人」外国人になっており、現場とフロントの意思疎通がきちんと出来てる事を感じさせてくれた。

横浜FMはメンバーのほとんどが初先発か初出場という顔触れのせいか、任された仕事を確認しながらプレーしているような感じで、特に攻撃に移った際の連動性に乏しい。
象徴的な場面として
「山瀬兄が右サイドを向いてボールを受ける際、背後の左サイドを何度も確認しながら受けて、素早く振り向いて左サイドを駆け上がった選手(塩川?)にパス」
というシーンがあった。
山瀬兄の視野の広さや判断力の速さを確認できるような場面ではあったものの、確認したスペースに走り込んでいく味方がいるのかどうかに不安を持っている、ということを感じられる場面でもあった。

広島が攻撃をシンプルにできるのは「奴はこの辺に行くはずだ」という事をお互いが分かった上で次へのアクションを起こせるからで、今日の横浜FMのメンツではそこまでは望めない。
ボールを受けてから辺りを見回し、有利な体勢で前いる味方がいないから横パス、という悪いときのジーコジャパンみたいなプレーが多く、こね回したくないけれどこね回さざるを得ない、ということになっていた。
攻守の切り替えが素早い広島相手にこね回していれば、ゴール前を固められてしまうのは自明の理。
やっとゴール前に辿り着いた横浜FM攻撃陣はシュートを撃つ事もままならないままに潰されていた。

ただし、守備に関しては不安視されたサイドの攻防で左の服部、右の駒野がサイド深くまで上がる事をほとんど許さなかった。
これは真ん中、とくに山瀬兄弟が意外に守備で貢献していた事と、クレバーな肉体派・中澤のタイミングのいいフォアチェックが効いて、サイドの2人が真ん中を気にせず自分の持ち場の攻守に専念できたことが大きい。
また、広島の攻撃起点の1つであるFWガウボンも中澤、中西といった2人の肉体派を向こうに回しては厳しかったようで、結局、広島はシュート数こそ多いものの、本当に危険な場面は1度くらいしか作れなかった。

後半、横浜FMの攻撃が縦に速くなる。
前半攻め込まれながらも無失点ということが各選手に自信を与えたのか、前線からちゃんと守備をするように、と活を入れられたのか分からないが、ややぎこちなくはあったがこね回すことなくボールを前に運ぶ動きが出始める。
広島にも疲労が出たのか、ボールホルダーを素早くチェック、という動きが鈍くなったのも横浜FMに幸いした。
ゴールシーンは前半の横浜FMによく見られた「ゴール前にもう1人いればなあ」の「もう1人」として塩川がどんぴしゃりの飛び込みを見せたもの。

直後、横浜FMはJ初出場の後藤に替えて奥を投入。
対して広島は運動量の落ちた佐藤寿に替えて前田を投入。
広島は更にゴール前FKを得た時点で森崎浩と茂木をそれぞれ大木、茂原に替えて投入。
普通であれば森崎浩をスタメンで、点が欲しいときにパワープレイ要員として大木を投入ってな采配になると思うが、点が欲しいときは逆に「危険なボールの配球役」を投入する、というのが理詰めの小野監督っぽい。

この時のFKは工夫無く終わったが、その後得たCKを切っ掛けに広島がペースを引き寄せる。
監督の采配が的中した、という感じだが、久々の勝利が目の前にぶら下がった横浜FM守備陣、特に中西が懸命な守備を見せて何とか逃げ切った。

負けはしたものの、広島はいいチームだ。
後半になって前半飛ばしたツケが運動量の低下として回ってくるのも若いチームらしくていい。
ただ、この思い切りの良さを無くして「賢い走り」を目指そうとすると、停滞期の千葉か今年の東京Vみたいになるので要注意。
横浜FMは前半は山瀬兄と中澤しか目立たなかったが、後半になると塩川、熊林、山瀬弟が結構な働きを見せ始めた。ただ、山瀬兄が能力の全貌を見せるには、ちょっと条件が悪かったかな。

« 20年前の手法 | トップページ | 思わず納得 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4042220

この記事へのトラックバック一覧です: 広島vs横浜FM(TV観戦):

« 20年前の手法 | トップページ | 思わず納得 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト