« 俺イズム実践者同士の対戦 | トップページ | ラモス瑠偉監督の約束の地 »

2005/05/14

草津vs横浜FC

TSK_vs_YFC_01

2005 J2 第12節 結果(J's GOAL)

予想以上の寒さに見舞われた天候の中、横浜FCサポの元気なヤジを背に受けながら観戦スタート。
選手もたまに反応していたから、有名人なのかも知れない。

草津は3バックに変更していた。
4バックの場合、強力なCBが真ん中に2枚いない限り「MFを1人少なくしただけ」という結果に陥ってしまうが、今までの草津がまさにそれ。
だから3バックへの変更は正解だったと思うが、試合後、小島伸幸が「こういう相手には3バックが向いている」と不吉な発言をしていたので、次節・京都戦で元に戻してしまうのかも知れない。
得点王・パウリーニョ相手にCB2枚でなんとかできるんだろうか。

そんな監督のような発言をした小島。
久々のホーム戦復帰だが、前半のゴールキックがイケない出来で、横浜FCサポに絶好のネタを提供していた
小島を擁護するとすれば、これは向かい風のため。
後半、相手GK菅野のゴールキックもタッチを割ったり、センターサークル付近までしか飛んでいかなかった。

話を戻して前半。
横浜FCは草津側陣地でハーフコートマッチを展開。
草津は1度ゴール前までボールを運ばれると、DFのクリアが短いためそのまま自陣で試合を展開されてしまう、というパターンが多いが今回もそれにはまった。

横浜FCの攻撃はジェフェルソンのアタマにボールを集めて選手が飛び込んでいく、というシンプルなもの。これはセットプレーでも同様。
しかし、籾谷がヘディングで競り勝ってしまうという珍しいシーンが多かったため、飛び込みが実る事があまり無く、また横浜FC攻撃陣は繋げるのになぜかほとんどシュートを撃たず、撃っても枠に飛ばなかった。
TSK_vs_YFC_02

城のディフェンスは寺田の抜け出しをきっちり止めるなど、元祖DFWらしい見事なものだったが、彼のアタマに集めるっていう考えはなかったのか? 城ってヘディング得意だと思ったが、、、城が兼削られ役のポストを引き受けたがらないのか?

草津は3バックにして中盤を厚くしたのが功を奏したのか、中盤ががら空きになる、というシーンがほとんど無くなり、押し込まれながらもフォーメーションは保たれていた。
ただし、攻撃に関してはシャドーストライカー役を任されているらしい樹森がサイドに流れてしまうことが多く、FWが孤立。
今回、佐藤、吉本のコンビが空中戦で負けっ放し、ということがなかっただけに、ボールがFWに届く回数が少なかったにしろ、ややもったいない動きだった。

結局、横浜FC攻撃陣のシュートの少なさと草津守備陣の奮闘が相まって、横浜FCは圧倒的有利な状況に持ち込みながら、得点はセットプレーからの1点に留まった。

後半、横浜FC・GK菅野が遅延行為でイエローカードを受けてしまう。
そんな露骨な時間稼ぎにも見えなかったが、今日の主審はアドバンテージを取らずに律儀にファールを取ってカウンターのチャンスを潰してしまうなど、ジャッジ厳しめ。

直後、菅野が蹴ったゴールキックからのボールを横浜FC・佐藤一が笑ってしまうくらい露骨に手で受けてしまいイエローカード。

この後、草津の左サイド・寺田が急に良く動くようになった。
相手がイエロー1枚貰ったから厳しく当たれないだろう、というクレバーな判断か、たまたまかは分からないが。
また、樹森が真ん中からの突破に挑戦するようになり、鳥居塚が徹底してシルビオへマークを行ってシルビオ経由のボールを潰すなど、MFが増えたなりの動きがやっと始まった。

プレーの精度が低いため、チャンスを作りきれないのが悲しいところではあるものの、徐々に草津のボールが縦に速く動くようになり、ペースを引き寄せる。
そして、寺田の対応に手を焼いたのか佐藤一が2枚目のイエローを受けてしまい退場。

相手が1人減ったところで、草津は「ウイングバック」依田に替えてここのところ好調の「ウイング」酒井を投入し攻勢に出る。
更に吉本や佐藤が決定的なチャンスを外したのを見ると、FWが足りないと見たかDF籾谷を引っ込めてFW御給を投入。

菅野の奮闘もあり、それでも決まらずロスタイム。
ハーフウェーライン付近でボールを奪った草津は、意外にも放り込みでなく繋げてボールを運ぶという遅攻を選択。
最後に鳥居塚を経由して樹森が同点ゴール。

その後、吉本が持ちすぎてチャンスを潰したり、菅野がナイスセービングを見せたりしているうちに試合終了。
草津サポの歓喜と横浜FCサポの怒号が飛び交った。

小島がセービングをするシーンが記憶する限りでは後半に1回しかなかったので、出来に関してははっきりどうこう言えないものの、やっぱりプレー自体は岩丸の方が上だと思う。追い風の時のパントキックも前線まで飛ばず、途中で小島田に蹴らせていたし。
山口はベンチにも入っていなかったが、怪我だろうか? 監督批判でもして干されたんだろうか?
樹森をこのままプチ森島として使うなら、山口のポジションは無くなるのか?

3バックにした事が今回は功を奏したが、次節の京都戦で採用されるかどうか。
4人の中盤スペースを相手に好き放題にされ、サイドバックが最後尾でボールを持たされて、長距離勝負を挑んだ挙げ句潰されるシーンを見てきた者としては3バックの方がいいと思う。
手塚監督の目指す「サイド攻撃」も今回の方が生きていたし。

横浜FCも不調なので今回の結果をそのまま鵜呑みには出来ないのかも知れないが、似たような成績の水戸に惨敗していた事を考えれば、これはやっぱり転機なんじゃないか?

« 俺イズム実践者同士の対戦 | トップページ | ラモス瑠偉監督の約束の地 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4128302

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs横浜FC:

» [横浜FC]J2第12節対ザスパ草津@敷島 [ウタカタ ノ ヒビ]
後半途中から10人で戦った横浜は、ぶっちぎりの最下位のザスパに終了間際に追いつかれ同点に終わりました。 >> *草津 1(0-1)1 横浜FC 14:00キックオフ 敷島公園サッカー場 入場者:3,126人 *得点 -草津 樹森(89分) -横浜 ジェフェルソン(19分) *警告 -草津 樹森(14分)、鳥居塚(16分)、佐藤(41分) -横浜 小野信(46分)、菅野(53分)、佐藤(54分、75分) *退場 -横浜 佐藤(75分) *出場選手 -草津 GK小島、DF小川、小田島、籾谷... [続きを読む]

« 俺イズム実践者同士の対戦 | トップページ | ラモス瑠偉監督の約束の地 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト