« 難易度の高い壊し方 | トップページ | 東京Vvs横浜FM(TV観戦) »

2005/05/01

鹿島vsC大阪(TV観戦)

2005 J1 第9節 結果(J'sGOAL)

前半開始直後、ちょっとだけC大阪が押すも、鹿島FW野沢辺りがコンビネーションプレーでゴール前に抜け出して惜しいシュート。その後ゲームは鹿島のものとなる。
これは予想された展開。

が、西澤に通った1本のパスでいきなり展開が変わる。
右サイドの深いところで貰ったボールを西澤は1人でペナルティエリアまで持ち込んで、鹿島DF陣に冷や汗をかかせた。
これでC大阪はある事実に気が付いたようだ。
「鹿島DF陣は鉄壁というほどのレベルにはない」という事実に。

鹿島はC大阪で左サイドを勤めるゼ・カルロス対策として上がりたがりのアリではなく内田を起用していたが、これが裏目。
視野が広く、判断の速いこのサイドハーフはシンプルな捌きもドリブル勝負も出来、本山(だったかな)からスライディングでボールをかっさらうなど、守備への貢献度も高い。
内田1人で何とかするには、少々スペックが高すぎた。

そんなハイスペックのゼ・カルロスを抱えていれば、C大阪の選手がやる事はボールを奪って彼に繋げる事。
実際、C大阪はどこで奪っても、たとえ届きそうになくても、とりあえず左サイドにボールを飛ばす。
横方向のロングボール攻撃ってのも珍しい。

ちなみに両チーム通じて唯一の得点も、ゼ・カルロスのスライディングアタックから始まったもの。
いい選手を手に入れたなあ。

C大阪の「ボールの奪い方」も、相手ボールホルダーが起点にならないように各選手は手近の相手選手を捕まえて、当のボールホルダーは人数をかけて潰すという基本に忠実なもの。
どうしようもない守備を繰り返していた去年と同じチームとは思えないな。
小林監督はいい仕事をしてるなあ。
ただ、これは鹿島ボランチ、捌きのフェルナンド、上下動の青木の2人が攻撃活性化コンビとしては当を得ているが守備力という点で難があるからでもあり、この2人の近所に飛び出しを得意とするMFを多く生息させるC大阪にしてみれば、むしろやりやすい相手だったのかも知れない。

気が付けばC大阪が圧倒。
鹿島のアレックス・ミネイロは保持力の高いFWだが、高い位置で頑張るタイプではないようで、ボールが来ないと左右に流れたり下がったりと細かくポジションを変えてボールを引き出そうとし、結果的にゴールから離れてしまう。
この動きはもちろんよかれと思っての事だろうが、彼が低い位置にいる事で小笠原や野沢のライン裏潜り込みが難しくなってしまった。

更にこういうときに威力を発揮しそうなボールの運び屋・本山はかなり意識されているようで、ボールを持って何歩もドリブルできないうちに潰される。

結局、鹿島は自分のサッカーが出来ないままに前半を過ごしてしまった。

後半、双方共にメンバーを変えなかったが、やはりC大阪ペースの展開。
結局鹿島は内田を諦めて、アリへ、、、という交替の矢先にフェルナンドが怪我をしてピッチを離れてしまう。
圧倒されてなかなかマイボールにならないため、しばらく鹿島は10人で戦うハメになり、やっとの事でボールを切って、アリ、久々の鈴木を一気に投入。

鈴木は前で頑張り、アリはゼ・カルロスを高い位置に進出させない、という仕事ははっきりしているはずだが、鈴木は左右に流れ出してしまい、アリはわざわざ真ん中に切れ込むドリブルを見せたりする。
あの曽ヶ端がはっきりと動揺を見せて、西澤の後頭部にパントキックをぶち当てるんだから、鹿島はかなりの混乱に陥っていたんだろう。

混乱する鹿島を尻目に、ゼ・カルロスは笑顔を浮かべながらクロスを上げ、C大阪CBブルーノ・クアドロスがど真ん中を前線まで駆け上がってくるなど、余裕を持ったC大阪からのプレッシャーが続く。

これで何でC大阪に追加点が入らなかったのか不思議だが、鹿島守備陣が焦りながらもミスは犯さなかったからで、この辺の精神力が鹿島の伝統か。

左右に流れてしまう鈴木だが、それでも削られ役として高い位置で頑張る事でC大阪のDF陣を段々と低い位置に持って行く事には成功。
これがロスタイム直前からの猛攻を生むが、C大阪も森島に替えて米山、久藤に替えて広山と「守備固めではない交替」を行う事で選手を鼓舞し、逃げ切りに成功した。
まあ、後半44分の西澤OUT、黒部INは時間稼ぎだろうけど。
ついでに言うと、小笠原の最後のFK、ちょっと投げやりに蹴ってないか?
もう足がふらふらだったのかな。

« 難易度の高い壊し方 | トップページ | 東京Vvs横浜FM(TV観戦) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3936838

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島vsC大阪(TV観戦):

» 鹿島一敗(ちとコメントが遅いけど) [薄唇短舌]
1日の日曜日の鹿・桜(アントラーズ・セレッソ)戦をテレビ観戦した。 この試合まで [続きを読む]

« 難易度の高い壊し方 | トップページ | 東京Vvs横浜FM(TV観戦) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト