« 草津vs京都 | トップページ | 自分を知る一瞬 »

2005/05/22

新規立ち上げというよりテコ入れ

「おもてなし」開始は3か月後! レクサス第一号店を公開(WebCG)

レクサスで扱っているクルマは、セルシオを除くどれも日本国内では売れていない。

国内のレクサス新規立ち上げには、そのことが逆に幸いした感じ。

普通、ある車種の扱い店舗を変更する場合、その代わりに同じクラスのクルマを用意するなどの「保証」みたいなことがあるが、今回顔を揃えたクルマは数が出ないので、これまでの取り扱いディーラーもあっさり手放してくれたんじゃないだろうか。

「チューンナップ系」アルテッツァ、「VIP系のベース」アリストはモデルライフ終了を期にというお題目はあるが、車名に対するイメージが固まっていただけに旧名のままの新規まき直しは厳しかっただろうし、ずば抜けて売れていないソアラなんか「厄介払い」に近かったのでは?

そんなわけで現時点でのレクサスは、華々しい新展開というよりも史上最大規模のテコ入れに見える。
特にほとんど変名だけで済ませてしまったソアラは。

この感触は、旧取り扱いディーラーに対して明確に保証車種「マジェスタ」が用意された唯一の「レクサス系」LS(セルシオ)の登場まで続いてしまう気がするが、もしかしたらまだディーラー間での「セルシオ移管」調整が済んでいないから、登場時期の発表が遅れているのかな。

しかし新規ディーラー立ち上げにもかかわらず、あまり派手派手しくラインナップを揃えない点はさすがトヨタ。
最悪の状況を想定しながら物事を進めていくだけはある。

« 草津vs京都 | トップページ | 自分を知る一瞬 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4227751

この記事へのトラックバック一覧です: 新規立ち上げというよりテコ入れ:

» 静かに発表 [くるまこのみの雑記]
リンク: 商談から納車までレクサスの「おもてなし」. いつの間にか、レクサス店の [続きを読む]

« 草津vs京都 | トップページ | 自分を知る一瞬 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト