« ラモス瑠偉監督の約束の地 | トップページ | ジョン・ウォーターズは関係ない »

2005/05/15

横浜FMvs浦和(TV観戦)

2005 J1 第12節 結果(J's GOAL)

双方共にベストメンバー一歩手前の布陣。
浦和は途中で闘莉王が負傷で引っ込んだので、一歩半手前になってしまったけど。

違いはお互いのトップ下。(笑)

前回の山瀬兄弟ボランチセットはやっぱり苦肉の策。
飛び出したり引っ込んだり流れたり勝負したりパス出ししたりが特徴の山瀬兄は、トップ下に置いてこそ。

長谷部は本来はボランチの選手なんだろうが、今回の浦和ボランチは山瀬兄つぶしという役割もあったので、DF内舘が鈴木啓のパートナー。
仕事はまさしく「山瀬兄のマーク」だったようで、山瀬兄につかず離れずで仕事を「させなかった」と言いたいところだが、そこまでは至らず、「減らした」くらいの役目を果たした。
浦和の攻撃的MFは斬り込み隊長ばっかりなので、相手に応じて長谷部のポジションは高くなったり低くなったりするんだろうな。
万能型MFの辛いところだが、藤田が来るまでの話か。

ところが今回、怪我でベストコンディションでないエメルソンがやや下がり目にプレーしてしまったので、微妙に長谷部の邪魔。
ついでに左サイドに流れていっては中澤&田中隼に潰されたりしていたので、微妙に三都主の邪魔。

対する横浜FMはドゥトラへの信頼度が非常に高いのか、左サイドからばかり攻める。
ところが肝心のドゥトラが完調でないのか、対山田暢&アルパイ戦を1人で制するのはさすがに厳しいのか、なかなか危険な位置までたどり着けない。
お陰で横浜FMにとっての左、浦和にとっての右サイドで試合は展開し、田中隼と三都主にとっては手持ちぶさたな前半。

そんな訳で試合展開自体は交互にお互いの時間が訪れる互角のものだったが、攻撃の噛み合わせが微妙にずれていて、膠着状態のまま前半終了。

後半も似たような感じでしばし展開。
多少エメルソンのボール離れが良くなったが、田中隼も使われるようになったので、攻撃時間帯が交互に訪れる点に変化無し。

しかしこの2チームのDFって、どうしようもなく崩される、って事がほとんど無いな。優れた個人で意思疎通の出来た組織を構成しているんだから当然か。

そんな中、浦和は今ひとつ目立たなかった田中達に替えて永井を投入。
横浜FMも、これはそれなりに目立っていた大島に替えて久保を投入。

永井もそれほど印象的なプレーをしたわけではなかったが、久保にはそもそもボールが来なかった。ファーストタッチってあったかな、というくらい。でかくてごついDFが揃った浦和相手が復帰戦では厳しかったか。

2人の投入は流れをどちらかに引き寄せるという程の効果はなく、結局、得点はセットプレーから。
永井が決めた姿を見て、そういえば去年の今頃の永井はこういう使われ方だったなあ、ということを思い出した。

その後、雨が厳しくなり、とにかく放り込めば何とかなるだろうという考えからか、横浜は那須を引っ込めて坂田を投入し、更に松田を前線に上げる。
しかし、パワープレーを潰すにはこれ以上ないくらい適任者の並んだ浦和DF(含内舘)を崩しきれず、また、都築の好セーブにも阻まれて得点できないまま、試合終了。

「因縁のトップ下対決」(笑)を眺めた結論としては、やっぱり長谷部はゲームメーカー。
ピッチの中央部でボールを持ってこそ生きる選手だけに、山瀬兄みたいな神出鬼没な動きってのがあまり出ない。
山瀬兄はやっぱりトップ下だな。奥が帰ってきたらどうするのか知らないけど。奥はボランチも出来たよなあ。

« ラモス瑠偉監督の約束の地 | トップページ | ジョン・ウォーターズは関係ない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/4138508

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FMvs浦和(TV観戦):

« ラモス瑠偉監督の約束の地 | トップページ | ジョン・ウォーターズは関係ない »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト