« 予定どおりか前倒しか | トップページ | イランか、、、 »

2005/04/28

磐田vs浦和(TV観戦)

2005 J1 第8節 結果(J's GOAL)

浦和MF長谷部が突っかけてくる磐田MF太田と味方ゴールライン際まで競り合ってボールを奪い、倒れ込みながらパスを出して味方のチャンスに繋げた。
結果的にこれが磐田ゴール前での浦和セットプレーを生み出し、これまた長谷部がゴール前で粘りを見せて、永井のゴールに繋げて見せた。

試合展開は前半15分くらいから完全に磐田のもの。
どうやら浦和DFネネが負傷したのか、動きが鈍くなり始めた辺り。
これが原因となって浦和DF陣はラインを素早く押し上げる事が出来なくなったようで、フォーメーションはひたすら間延びして広大なスペースを生み、それを磐田にいいように使われるようになってしまう。
ゴール前には人数がいるので侵入は許さないが、中盤から余裕を持ってミドルシュートを撃たれる事は止められなかったようで、結局前田の先制ゴールを許してしまう。

浦和攻撃陣はエメルソン、田中達、永井の3人だけでなんとかできないか、とひたすらドリブル。
もっとも後方から助っ人が飛んでくる事がほとんどない(含・三都主)ので、やけくそ気味にシュートを撃つか、囲まれて潰されるかのどちらか。

そんな完全な磐田ペースの中、ネネが自ら申し出て内舘と交替。
これでDF陣がもたつくことなく動けるようになり、フォーメーションが引き締まって徐々にペースを取り戻す。
あとは気合いだなあ、というところで冒頭の長谷部の泥臭いプレーが出た。

後半は浦和が長谷部の気合いをそのまま持ち込み、開始直後からペースを握る。
磐田は後半アタマから村井が準備していたので、太田を引っ込めて西を右に回すのかと思っていたが、なぜかトップ下の藤田と交代。
西がトップ下で、村井は左サイド。
確かに太田はよいプレーをしていたがなあ。

特に効果的な交替でもなく、浦和はそのまま普通に圧倒。
ただエメルソン、田中達、永井の3人が微妙に噛み合わず、ボールが枠に飛んでくれない。
特に永井のプレーが今ひとつシンプルでなく、多分任されているはずのチャンスメーカーとして機能していなかった。
結局、堀之内が投入されて長谷部が永井のポジションに収まり、永井は引っ込んだ。
これで浦和の攻撃は更にスムーズに動き、、、といっても時間帯が時間帯(後半33分)なので、すでに中盤はがら空きの叩き合い。

前田と交替していた中山による前線プレスが微妙に浦和DF陣に影響を与えたのか、裏に抜け出した磐田FWカレンロバートを内舘が倒してしまいPK。
浦和がペースを握る要因の1つがネネと内舘の交替だったのに、皮肉な話。

これを中山が決め、苦しみながらも磐田が突き放す。
ところがその1分後、エメルソンが強引な突破で得点。

あとはひたすら浦和が攻めるが、結局ドローで終了した。

ところで西が通算4枚目のイエローカード。
どうも最近プレーが荒れてるような。ラフプレーってだけじゃなくてプレー1つ1つが前より雑になってる気がする。
便利に使われてアタマに来ているんだろうか。
藤田は本当に浦和に行くんだろうか。せっかく本来のポジションで定着し始めたのに。
浦和はあとは得点だけかな。
ただブッフバルト&エンゲルスは上手くいったメンバーやフォーメーションでも、次戦でいじって来たりするからなあ。

(4/29:藤田の想定移籍先の誤りを指摘して頂いたので訂正。どうも最近間違いが多いな。)

« 予定どおりか前倒しか | トップページ | イランか、、、 »

コメント

藤田って神戸に行くんですか?
浦和じゃないんですか?
ポジション定着も、磐田なりの慰留だと思ったんですが、やっぱり退団は確定的。

西も確かに酷いですね。
あんなプレーする人だったかなと首をかしげるばかり。

浦和もどうも攻撃が噛み合ってないですね。
きちっとゲームが作れるトップ下が欲しいですねぇ。
長谷部でもいいけど、やっぱり長谷部はボランチじゃないのかなと。

ご指摘ありがとうございます。訂正しておきました。
三木谷社長が神戸を買収した頃にあった移籍騒ぎとごっちゃになってしまいました。

浦和にとって山瀬の穴は思ったより大きかったんですね。

少し前にネットで見かけた記事によると、藤田は子供さんの進学のことがあって、首都圏のチームを希望しているとのこと。ただ、それだけの要因で浦和に決まる、とはならないでしょうが、それにしても多分移籍するなら浦和が濃厚でしょうね。

磐田・浦和戦は観戦してませんが。
もともとサイドプレーヤーの西はトップ下に入れても、結局左右に流れる傾向があるので、そうなると両サイドのよさをかえって消してしまいますね。

そういえば、名波・藤田というトップ下のできる選手が高齢化して衰えているのに、ここの補強をちゃんとしてませんよね。8億円もかけたのに。

山本監督は、試合中の選手交代についても、アテネ五輪の時もそうでしたが、ねらいがよくわからないのばかり。未だにゴン頼みのところもかなりあるし。知将・日本の宝、というのは所詮マスゴミの張ったメッキだったのでしょう。

山本さんは監督としての経験年数はそこそこですが、代表監督の宿命として場数は少ないので「机上の論理」が優先してしまうんだと思います。
あと何年か場数を踏んでどう変わるのか、それによって磐田が墜ちるのか上がるのかを確認してから評価しても遅くはない、と最近は思っています。
幸い私は磐田サポではないので(笑)

アテネ五輪直後は「監督なんて辞めて、松木安太郎みたいにテレビ解説者にでもなればいいのに」と思ってましたけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3899240

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田vs浦和(TV観戦):

« 予定どおりか前倒しか | トップページ | イランか、、、 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト