« 欧州人の限界 | トップページ | iPod周辺機器と音楽配信と »

2005/04/24

磐田vs鹿島(TV観戦)

2005 J1 第7節 結果(J's GOAL)

3年前ならセレーゾ監督の言うとおりに「日本ダービー」。
去年だったら浦和vs横浜FMだろうが。
ただ、それまでヘタレていたチームがダービー系の試合で息を吹き返すのは良くある話。
今回は切なくなるようなメンバーしか残っていなかった磐田だが、意地は見せた。

試合開始直後に鹿島・深井が得点。
得点された磐田はその後、高い位置からのプレッシャーで主導権を握っているように見えたが、実際には懐深いアレックス・ミネイロ、ドリブラーの本山、シャドーストライカーの深井というそれぞれ特色の違う3人が織りなす攻撃への対応に苦慮。
この3人の対応に苦慮している隙に、ゴール前へは小笠原、PA付近までなら青木やフェルナンドといった面々に侵入されるという「カウンターを喰らいやすい前進守備」。
結局、小笠原に追加点を許してしまうという、完全に鹿島モードの試合展開。

全盛期の対戦カードでも、磐田が圧倒しているように見えて鹿島がえげつない速攻をズバッと決める、なんてシーンが相次いだから、この辺はダービーの伝統といえなくもない。

しかし、当時の磐田なら圧倒する中で何度も訪れるチャンスのうち何割かを決めていたが、守備も攻撃も微妙に精度の落ちた現在ではそこまで至らない。
この辺は先に雌伏期を味わった鹿島が、低迷からの脱出に関して一歩先を行っているということか。

ところが、深井が負傷退場。
これで、ベンチに関しては磐田よりも切なくなるような面々しか取り揃えていない鹿島の弱点「薄い選手層」が露呈してしまう。
代わりに入ったルーキー・増田はプレーは落ち着いて見えたが、深井とは明らかにタイプが違う。
磐田守備陣の嫌がるような侵入を繰り返していた深井を失ったことで、鹿島の攻撃から切れ味が失われてしまった。
後半途中で増田が引っ込められてしまったところを見ても、監督のミス、、、といっても「他にいないんだ」と言われてしまえばそれまでか。

磐田のジョーカーは太田。
西が左サイドで太田が右サイドに入ったのは、西は左サイドをこなせるが、太田は出来ないから、という理由からだと思われる。
先輩に負担をかけて申し訳ないと思ったのか、えらい勢いで守備へ攻撃へと右サイドを奔走。
しかし、残念ながらチームは鹿島の速攻への対応に苦慮していただけでなく、藤田の使い方を忘れてしまっていたようで、攻撃の形を作る事が出来ず、この時点では無駄走り。
この太田の奔走が報われるのは後半になる。

後半開始直後、ストライドは大きいがスピードの無いアリのドリブルからボールをかっさらった磐田が鹿島のお株を奪うカウンター。

するするとゴール前に忍び込んできた藤田に鹿島守備陣が目を奪われている隙に、西が折り返したボールを走り込んできた太田がゴール。

この藤田の動きで磐田は彼の使い方を思い出したらしく、執拗にサイドを攻める事で鹿島CBを釣り出し、そこへ藤田が侵入、というパターンを繰り返し、ハーフコートマッチを開始。
鹿島はアレックス・ミネイロにボールが収まらず、収まっても周囲に誰もいない、という状況が続き、前半の磐田よりも攻撃の形が作れない。
前半、4本しかシュートを撃てなかった磐田が後半には10本撃ち、対して前半9本のシュートを放っていた鹿島が後半は4本、というデータだけ見ても完全に試合展開は逆転していた事が分かる。

なんでこれで同点に出来なかったのかといわれれば返答に詰まるが、名波に替えて中山、前田に替えて川口というローテーション交替を行ってしまったからかも知れない。
あとはゴール前で磐田攻撃陣がコケると必ずシュミレーションになってしまうという微妙な判定もあったかな。

左サイドに入った川口はあんまり役に立っているとは言えず、中山も以前ほどのオーラがなくなって、、、というか名波と一緒に使わなかったのは何でだろう。

これで一息付けてしまった鹿島は守備固めの交替を行い、なんとか逃げ切ってしまった。

しかし深井が帰ってこないと、次戦の鹿島は厳しいだろうな。

磐田は後半の姿が本来の姿だと思う。
ただ、移籍組が、具体的に言うと崔と村井が戻ってくるとまた戦い方が変わってしまうんだろう。
山本監督の求める方向はどっちなのか。
名波と藤田というキーマン2人がいるだけでもかなりイケる、ということが証明できてしまった今回は、そういう意味で山本監督にとってはやや複雑な結果といえるのかも知れない。
この2人が動けなくなる前に「本来の姿」をはっきりさせないと、来期以降はどんどん厳しくなるだろうな。

(4/25:太田のゴールシーンの描写を一部修正)

« 欧州人の限界 | トップページ | iPod周辺機器と音楽配信と »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3837006

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田vs鹿島(TV観戦):

« 欧州人の限界 | トップページ | iPod周辺機器と音楽配信と »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト