« 本業はACミランのオーナー | トップページ | 難易度の高い壊し方 »

2005/04/30

草津vs鳥栖

鳥栖サポはさすがに少ない

2005 J2 第9節 結果(J's GOAL)

またもや遅刻してキックオフ15分頃に会場入り。
これはどういう意味かというと、このゲームの2つ目のゴールが決まる直前に席に座った事を表す。
そしてその後、ゴールシーンを見る事はなかった。

草津は期待の新戦力齋藤竜(C大阪)、樹森(水戸)が先発。
更に怪我からの復帰が待たれていた高須もスタメンで登場した。

新戦力の樹森は多分ウインガー兼シャドーストライカー。
齋藤はCB。
樹森がどんな選手なのか知らないが、ドリブルとスピードがウリらしい。
齋藤は対人に強いのだとか。
とすれば補強としては的確か。

ただし齋藤は移籍が発表された次の日に先発なだけに、ユニットとして動くなんてとんでもない話。
何度かヘディングを空振りしていたが、溶け込めない焦りからか。

試合を観戦していると、何度か奇妙なフォーメーションを目にする事になった。
草津はライン守備をしない。まだその段階ではない、と思っているのか、最初からする気がないのかは分からないが。
DFラインの高さは何で決まるかというと、高さのある籾谷が相手ポストに勝てるかどうかで決まるようだ。
勝てなければ低く、勝てれば高くなる。
で、今回の相手はかつて新潟のヒーローだった氏原。
惜しまれながら新潟を去って名古屋で干された経歴を持つFWだけに、さすがに勝利するのは厳しい。
となるとラインは低くなる。

ところが、攻撃陣は発破をかけられたのか、なんとか点を取り返そうという焦りからか、高い位置に張り付いたまま。

攻撃陣が作るラインと守備陣が作るラインがきれいに2つでき、その間に鳥栖の選手がひしめくという構図。
こういうときに真ん中で踏ん張るのが鳥居塚なんだが、籾谷のカバーリングを任されていたらしい齋藤に連係プレーを期待するのはさすがに無理があるため、自分がその役割を担おうと考えたのか、DFラインに吸収されてしまう。

時たまFW吉本が中盤まで下がってきてポスト役をこなそうとするが、多勢に無勢で潰される。
期待の高須も敵人口密度の高いところに突っ込むハメになってしまい、ボールを運ぼうにも運べない。
山口は中盤で踏ん張るがやっぱり多勢に無勢で、中央突破は論外、サイドにボールを振るのすら難しい。

京都や福岡クラスであれば、このような圧倒的に優勢な中盤を貰えればミドルシュートやドリブラーを雨あられとゴールへ向かわせるんだろうが、それが出来ないのが鳥栖というチームの限界か。

ところで「草津はライン守備をしない」と書いたが、鳥栖もそれほどはっきりとライン守備を行っているわけではなく、前戦の選手からひたすらプレスをかけまくる根性守備。
草津の選手がボールを持ったときに、すっ飛んできて急停車し、プレッシャーをかけるべくからみついた鳥栖の選手がいたが、これが象徴的なプレー。

そんなわけで、どちらもゴールへ向かう頻度の低いままハーフタイムが終了した。

籾谷と鳥居塚

ハーフタイムでは哀愁のあるブルースが流れ、70年代のイギリス映画気分。
あのころのイギリスの失業者は、やる事もなく家でも厄介者なのでサッカー場くらいしか来るところが無く、また負けた地元アマチュアチームに罵声を浴びせ、試合が終わればパブで管を巻き、家族が寝静まった頃にこっそり帰っていたんだろうなあ、、、って、なんでこんな曲をサッカー場で流すかな。

後半、しばらくは例の奇妙なフォーメーションが続いていたが、鳥居塚がちゃんと中盤にいるようになっていた。
前半終了間際に齋藤が交代させられて(怪我のため)、小川が入ったが、彼がある程度籾谷と連携して動けたので、鳥居塚が意識的に中盤で踏ん張れることになったようだ。
さらに本調子でないのか、サイドハーフとしては今ひとつ機能しなかった高須をFW酒井と交代。
本来はウインガーとして使われていた(と思う)酒井は、今回はシャドーストライカーとして真ん中を起点に幅広く動き回って相手の注意を引きつける。
これで吉本が前半の「仕方なく」よりも意識的に中盤に下がってボールを繋げられるようになり、徐々に中盤の草津領地が広がり始める。

気が付けば草津の時間帯が到来。
MFを引っ込めてFWが入ったら、中盤の主導権を握れるようになってしまったんだから不思議な話。

さらに「中盤は鳥居塚と山口だけで何とかなりそう」と賭に出たのか、MF小久保を引っ込めFW佐藤を投入。
直後に鳥栖がFW氏原を引っ込め、さらにMFをDFと交替させるなど守備固め采配に入ったためもあり、草津が圧倒。

しかしゴールだけが決まらない。
「攻め込まれるのは慣れている」鳥栖の守備陣が踏ん張ったせいもあるだろうが、ゴール前になると慎重になりすぎたり、あるいはクロスを上げるタイミングが一歩遅れるなどしてしている間にタイムアップ。

どちらのサポーターも「勝てるかも」という思いを抱いた対戦カード。
笑ったのは鳥栖だった。

ちなみに今回のジャッジは今ひとつ。
自分でボールに乗ってコケた選手をファールの犠牲者にしちゃいかんよ。
観客席が一瞬にして殺伐としちゃったじゃないか。

しかし鳥居塚は最初から最後まで前戦から最後尾まで走り回って偉いよなあ。
ああいうキャプテンがいれば、草津の選手が腐る事はないだろうな。

凱旋帰県したシュナイダー潤之介。
そこそこだったが攻め込まれると焦るようで、パントキックがモロにタッチラインを割る事が2度ほど。
どんな状況でもポストに向けてきっちりとパントを蹴ることの出来る岩丸の貴重さが身に沁みた。

新戦力としては、齋藤は採点外。
ミーティング1回だけで巌のような守備を実行できる選手なら、ACミランから声がかかっているだろう。
樹森は結構サイド深いところに顔を出していたが、酒井に喰われたな。

ところで鳥栖の松本育夫監督、左手の指が無かったようなんですが、、、。

(5/1訂正:松本育夫監督は20年ほど前のガス爆発事故に巻き込まれて指を失ったそうです。勉強不足ですみません。)
(5/1更に訂正:齋藤が引っ込んだのは怪我のためという理由を追加。また怪我人発生か。)

« 本業はACミランのオーナー | トップページ | 難易度の高い壊し方 »

コメント

詳細な観戦記で、試合の様子がよくわかります。

前節、仙台に勝てなかった時点で、鳥栖戦も勝てるとは思っていなかったけれど、予想通りかあ。仙台は3-0で勝ったようで、調子づかせてしまったようですな。

しかし、この状態では勝てるどころか、点が入る気すらしない(^_^;)。まさか1勝43敗で終わるなんてことはないだろうが。

自分で選手がこけたのに、相手のファウルというのはJ1でも磐田戦で二度見ましたな。「世界基準」かな(笑)。昨日の内舘・カレンとその前のアレックスミネイロ・菊地(だったか)。どっちも自軍有利の判定なのに、16位の磐田。

ボールに乗ってコケる、というミスはそれほど珍しいものではないですね。
海外の試合中継でもたまに見ますし。
だから審判にはちゃんとジャッジして欲しかったんですが。

草津は中盤でボールをタメる人材がもう1枚欲しいですね。
山口はある程度高い位置にいないと持ち味が出ませんし、鳥居塚は本来汗かき役のようですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3926233

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs鳥栖:

« 本業はACミランのオーナー | トップページ | 難易度の高い壊し方 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト