« 当たっちゃった | トップページ | 欧州人の限界 »

2005/04/23

草津vs仙台

2005 J2 第8節 結果(J's GOAL)

Karimen

向かい風へのゴールキックがハーフウェイラインを越えられないくらいの強風に見舞われ、ゲームメークどころではない天候に恵まれてしまった試合。
個人的にはキックオフの時間を間違えて、会場にたどり着いた時はハーフタイム10分前と悪条件が重なってしまった。

全体的には草津の試合運びの拙さが、この強風で際立ってしまった感じ。
「楽天よりひでえ」と草津サポが呟いていた。

草津が実行したいのは多分、今回の対戦相手・仙台みたいな試合。
仙台が特別な事をしていた訳じゃない。
向かい風の時はなるべくラインを高くしてロングボール対策。ポストプレーヤーは人数をかけて潰し、唯一の危険人物といえるトップ下の山口にはボールを拾わせない。
当たり前の事だし、草津もJFLチーム相手だったら出来るのかも知れない。

しかしながら選手のクオリティの差はいかんともしがたい。
仙台でポストを勤めるシュウェンクに挑まれたヘディング勝負でことごとく負けてしまうCBが守備の真ん中を勤めていれば、どんな無鉄砲な選手でも前線まで走り出す気にはなれないだろう。
相手のロングパス1本で簡単にピンチに陥ってしまうんだから。

そんな訳で草津の守備的な選手は低い位置に、攻撃的な選手は高い位置に陣取り、中盤のボール奪取役は鳥居塚くらいしかいない間延びしたフォーメーション。
中盤ががら空きになってしまった以上、中盤守備というものは無し。
鳥居塚は局面で頑張るが、彼1人でどうなるものでもない。
鳥居塚からなんとか山口にボールが渡ればサイドへ散らしのパスは出るものの、サイドに味方がいないか、さもなければゴール前に飛び込む選手がいない。
4回くらいCKが続いた場面以外には草津の得点機と呼べるものはほとんど無かった。

笑顔の都並監督

帰り際、関係者区域への入口で、草津のキャップを被った爺さまが1人、思いの丈をぶつけていた。

「負けるなっつってんじゃないんだよ! ちんたら歩いてんじゃねえってんだよ! 俺はこれから草津まで帰んだよ! 誰か出てきて謝んねえのか! 俺は草津の○○だ!」

確かに草津の選手はあまり走っていなかった。だから爺さまの言い分にも一理ある。
しかし、前に走っても山口が抑えられていてボールが来るか分からないうえ、CBがアテにならないんだから、走りたくても走れなかったんだろう。

JFLから昇格してきてそれなりに通用しているチームは普通、JFL1年目から無敵、2年目は無敗を続けながら資金面、施設面を準備、ってなパターンを通過してきた。
それに対し、草津は無敵と言うほどではなかったが、J2が2チーム減るという事情による政治的判断により昇格してしまった。
そんな事情を考えれば、今の成績はそれほど意外でもない。
選手が大幅に入れ替わったわけでもないし。

攻撃のキーマンとなる山口はそれなりに通用しているし、高須というサイドの選手も割とスペックが高いようで、彼とのコンビワークが稼働すると相手に冷や汗の1つもかかせる事が出来る。
また、柏で売り出し中の大谷昌司と双子の兄弟であり、草津加入後、中盤に安定をもたらした大谷圭志(元FC東京)が復帰すれば山口はチャンスメーカーに徹する事が出来る。
しかし、いかんせん双方共に怪我で休養中。
はっきり言えば、GK・岩丸と山口を除けば、現在の草津はJFLで何とか上位をキープできるメンバーでJ2を闘っているのに等しい。

また、最近選手が監督の主張するサッカーに対して疑問を呈しているという報道も目にしたが、選手が替わってもサッカーは変えない、でも選手同士が連動しないという現状を目の当たりにすると、現在の監督は理想と現実を摺り合わせる手腕を持たないか、引き出しが少なくて他にチームを構成する方法を知らないか、のどちらかだろう。
クオリティの高い選手がいないときほど監督の組織構成力が問われるんだが。

先に挙げたキーマンが戻ってくれば、攻撃の形はそれなりに出来ると思う。
それで守備が相変わらずなら、監督の交代が視野に入ってしまうだろうな。

« 当たっちゃった | トップページ | 欧州人の限界 »

コメント

はじめまして。高崎出身の東京在住です。

なので、草津の試合はまだ一度も生で見ていません。まだ地域リーグの時に、チーム関係者と一緒にある小規模なイベントを開催し、群馬にJのチームをつくろう、と旗を振ったことがあります。上毛新聞に小さく取り上げられました(^_^;)。特に草津サポというわけではありませんが、注目はしています。

さて、仙台戦はもしかすると勝ち点3の可能性があるかな、とJ's Goalのライブにアクセスしてました。前半開始早々に失点し、こりゃだめだ、と思ってしまった(ところが草津の現状を示しているでしょう)。

なんか、目一杯受験勉強して、何とか志望校に入ったのに、授業について行くのが大変、という印象を受けます。第3クールあたりで他チームも息切れしてくるでしょうから、それまでに何とか体制を整えて、一つでも上の順位を狙って欲しいものです。

初めまして。
コメントありがとうございます。

上毛新聞の記事は私も読んだ覚えがあります。
その時は、失礼ながら「本気なのかなあ」と感じましたが、こうしてプロサッカーチームが出来上がった事実を目の当たりにすると、自分の不明を恥じるばかりです。
こういうストーリーを実現させる余地があるのがJリーグ、ということは頭では分かっているつもりだったんですが。

確かにまだ「Jで居場所を探している」段階ですが、幸いなのは掲載した横断幕の台詞から分かるように、サポもその辺りを心得ているということだと思います。
ただ、歯痒いんでしょうねえ。

あのイベントの時は、私は進行役をやっていて、新聞の写真には写ってないのですが、GKの小島、当時監督兼任の奥野(現鹿島コーチ)、図南の監督、それにマリノスサポの某市民新聞社長に話をしてもらいました。終了後の宴席では賢持社長も加わって盛り上がりました。

同席した雑用をやってくれた女性の中に、母子家庭で子供を育てていて、そのお子さんがサッカーをやっている、という話を聞いて、奥野が携帯で直接その子と話して励ましたところ、その子がとても感激していた、という裏話もあります。地域密着のJの風を感じるのはこういう時です。

草津の選手達も、こういう気持ちを忘れずに、でもサッカーそのもので精進してもらいたい。
「仮免」というのは言い得て妙です。それこそ野球では楽天が仮免状態です。J1のヴィッセル、エスパルスよりも早く2勝目をあげたら褒めてあげてもいいかもしれまん。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3827883

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs仙台:

» すごいね、ベガサポ [Gadabout]
噂に聞いていたけど、敷島にたくさん来たね、ベガサポ。入場者数から考えたら、1500人ぐらいいたんじゃ [続きを読む]

« 当たっちゃった | トップページ | 欧州人の限界 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト