« 負け犬の遠吠え | トップページ | リコールが日本一似合わないクルマ »

2005/04/14

パブロックってまだあるのか?

ロンドンのパブに思いを馳せながら、部屋でひとり聞く“パブ・ロック”(nikkeibp.jp)

ここで誉めあげられているドクターフィールグッドのギタリスト、ウィルコ・ジョンソンが90年代後半のインタビューで「パブロックなんて10年以上前の音楽じゃないか」と語っていただけに、ジャンルとしてはもう歴史の片隅に眠る存在かと思っていた。

とはいうものの「パブで演奏するロック」という意味なら、今でも存在することにはなるのか。
そうなると、この言葉は音楽ジャンルを差す言葉ではなくなってしまうが。

ちなみにウィルコ・ジョンソンのソロ「Pull the Cover」(Amazon.co.jp)は出力レベルがえらく低くて、要するに音が小さくて難儀した覚えがあるが、今出てるCDはその辺解消されているのかな。

« 負け犬の遠吠え | トップページ | リコールが日本一似合わないクルマ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/3703929

この記事へのトラックバック一覧です: パブロックってまだあるのか?:

« 負け犬の遠吠え | トップページ | リコールが日本一似合わないクルマ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト